まぶたのたるみの理由 

June 13 [Sat], 2009, 23:34
まぶたがたるむのは、肌のたるみや筋肉の劣化が元になります。目元の雰囲気は、まぶたがたるんで目元まで落ちたような際、とても重たくなります。まぶたに力を入れて目を開き、狭くなりました視界を開こうとするために、どうしても額や眉間にしわができやすくなります。まぶたのたるみが元で目つきが悪く見える時があり、キツイ印象を与えることになることもございます。まぶたのたるみによって、目が疲れるようになり、其れから肩こりや偏頭痛を発生させることもございます。まぶたを持ち上げる筋肉の力が極端に弱くなると、上まぶたが極端にたるみます。症状が進行して前を見た状態でもまぶたが瞳の部分にまでたっするほど垂れた状態を、眼瞼下垂といいます。まぶたのたるみが症状の重い眼瞼下垂では視野の確保のために下あごを上げるようになりましたり、頭痛や吐き気などの症状を伴うことがございます。先天的に眼瞼下垂の方もいれば、後天的になる方もいます。後天性は加齢によるものやコンタクトレンズの長期装用やテレビゲーム、PCによる目の酷使によっても引き起こされます。顔の中でも特別皮膚が薄く、乾燥も容易でハリを失いやすいのがまぶたで、まぶたの皮膚其れ自身がたるみやすいところになっておりますのございます。人の顔の中でも特別に繊細なのがまぶたで、皮膚にハリがあり、筋力もバランスが取れていて、そして脂肪も適度にあるといいます状態が崩れると、たるみにつながるのございます。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mabuta-tarumi
読者になる
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる