長瀬だけどさんちゃん

September 04 [Sun], 2016, 22:57
育毛に良いとされる食べ物はたくさんあります。たとえば、コンブ、ワカメといった海藻類。大豆をはじめとした豆類、緑黄色野菜を中心とした野菜類、その他、いろいろな食物が挙げられてきました。青魚、唐辛子も育毛にどれも大切な食べ物といわれています。どれをたくさん食べれば育毛に良いというわけではありませんね。これらの食材を取り入れた、バランスの良い食生活を心がけて注意を払っていきましょう。栄養の偏りは、かえって抜け毛を増加を招いてしまいます。
効果的な育毛の方法として、頭の皮膚を、柔らかくするためのマッサージが有効です。頭を指圧することで血行が良くなると、髪が育つために必要な栄養が頭髪全体に行き渡るでしょう。頭皮を傷つけないために、爪が伸びていないか確認してから指の腹を頭皮に当てて、優しく動かしてみましょう。強すぎたり、長時間行うなどの無茶をすると、逆に頭皮にとって良くないので、程々のところでやめておきましょう。
ツボを頻繁に使用する東洋医学ですが、そのツボの中には、健康な髪にするのに効果のあるといわれるツボが存在します。頭を揉み込む時に、ツボを刺激してみるのも手と言えます。ただし、ツボをマッサージしたとしても明日にでも効き目が現れるのかというと、そうではありません。そんなスピードで髪が健康になるなら、この世界に薄毛の人はいないでしょう。
栄養素の一つである亜鉛には健康な髪を育てる効果があると言われています。元気な髪のために亜鉛を食べ物から摂取したいところですが、効率良く吸収できないため、意外に難しいことです。亜鉛を含む食べ物を摂るだけでなく、亜鉛の吸収を邪魔する加工食品などには気を付けて、食事から除かなくてはなりません。しっかりした髪の毛を目指すのなら、亜鉛の摂り方はサプリなどが確実です。
近年では育毛方法も増え、薬を使用する方も以前より数が増えています。薬の中には育毛効果がうたわれていものがありますが、大きく二つに分類すると、飲むタイプと塗るタイプに分かれますが、これらは副作用が起きてしまう場合もあります。費用の面だけを問題とし、専門家である医者の処方をないがしろにすると、簡単だからと言って個人輸入をしてしまうと、場合によっては偽物を入手してしまうことも私の知っている限りでは存在しています。
薄毛の原因として遺伝や体質など先天的なものを挙げられる方もいますが、生活時間の乱れや栄養不足などが肌質に影響し、抜け毛を誘発していることも多く見られます。栄養素が不足していると日光やシャンプーなど、普段からある刺激に頭皮が過敏に反応するようになり、健康的な髪が育つ土壌が損なわれ、落屑や抜け毛が増えてきてしまいます。目立たない服を着用するよう気をつけたり、他人に指摘されることもあると、つらいですね。外食や、栄養にこだわらない中食(買ってきて食べること)が多かったり、あるいはレトルト食品(カレー、丼の具、パスタソース)やパンだけで食事を済ませてしまう方、お菓子(特にスナック菓子)についつい手が伸びてしまう方、いまの食習慣を見直し、工夫していく必要があるでしょう。髪とすこやかな地肌のためにしっかりと栄養をとり、不健康な発毛サイクルから脱却しましょう。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウイチ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる