60cmワイドOF、30cmキューブOF、20cmキューブの3本の海水水槽を運営してます。 コメント欄に画像認証追加しました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maaat
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:石川県
読者になる








2011年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像maaat
水槽の近況など。。。 (2016年09月26日)
アイコン画像あくあ12
水槽の近況など。。。 (2016年09月25日)
アイコン画像maaat
パウダーブルータン玉砕 (2016年09月01日)
アイコン画像あくあ12
パウダーブルータン玉砕 (2016年09月01日)
アイコン画像maaat
パウダーブルータン玉砕 (2016年08月13日)
アイコン画像あずき
パウダーブルータン玉砕 (2016年08月13日)
アイコン画像maaat
フレーム急逝。。 (2016年07月08日)
アイコン画像あっきー
フレーム急逝。。 (2016年07月08日)
アイコン画像maaat
フレーム急逝。。 (2016年07月08日)
アイコン画像ゆうき
フレーム急逝。。 (2016年07月08日)
Yapme!一覧
読者になる
<
« 民主党はすぐわびる | Main | 枝野は東電労組から圧力がかかってるのか? »
KTV-FSPCIE改造 / 2011年05月21日(土)
フリーの視聴ソフトTVTestが使い易いらしいので、思い立って、先日購入した地デジチューナーKTV-FSPCIEを改造しました。
KTV-FSUSB2/FSPCIEの改造まとめWikiのBD_FSUSB2Nの記述を参考にして頑張りましたw

DTV関係ツールのDTVアップローダにある、必要ソフト詰合わせパックup0454.zipをダウンロードし、解凍したフォルダー内にあるReadMe.txtに従って進めればうまく行きましたよ。
購入したバージョンはK1102という割と新しいバージョンだったんですが、バージョンによって多少違いがあるので注意が必要ですね。

大まかな流れとポイントを書いておきます。
詳しくはWikiやReadMe.txtをよく読んで進めてください。

1.本体改造
本体基盤の改造はR19をもぎ取り除去した後、サルベージ配線をして行います。
サルベージポイントはR16のICチップ側で、ここを導線でブラケットアース(ブラケットのネジ)につなぐことでうまく行きました。(サルベージポイントの周りをマスキングして、導線の先を押し付け続けると良いようです。サルベージ配線の半田付けは壊れる恐れもあるので、やめたほうが良いようです。)

2.ファイル書換え
up0454.zipを解凍した中にあるKTV-FSUSB2.patとWinUSBフォルダーのktv-fsusb2.infをWikiに従ってメモ帳で書換えればOKです。
Wikiでは、ktv-fsusb2.infの[Strings]の書換えで"EEPROM Writer"の行が消されていますが、残す必要があります。
(Salvage)の行を追加するだけが正解です。

3.dpinst.exeの実行
カードは接続せずに、WinUSBフォルダーのdpinst.exeを実行します。

4.カード取り付け
一度シャットダウンしサルベージ配線をしたカードを取り付けて起動します。
ヒューマンインターフェースデバイスにUSB入力デバイスとしてカードが認識されれば、サルベージがうまく行ったことになります。
サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラにKTV-FSUSB2が追加された場合はサルベージ配線の失敗です。
システムの復元等で復元し、3からやり直しです。
僕は2度失敗し、3度目でうまくUSB入力デバイスとしてカードが認識されましたw

5.USB入力デバイスのドライバーの更新
認識したUSB入力デバイスのドライバーを更新します。互換性のあるドライバーからEEPROM Writerを選びます。
(2の書換えのところで、EEPROM Writerの行を消すと、EEPROM Writerが表示されませんでした。)
うまく行くと、サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラにEEPROM Writerが追加されます。

6.fwtool.exeでファームウェアを読み出し
fwtool.exeを起動し、ファームウェアを読み出しeeprom.binの名前で保存します。保存場所はup0454.zipを解凍したフォルダーです。

7.quickbe.exeでeeprom.binの書換え
quickbe.exeを起動して、eeprom.binにKTV-FSUSB2.patのパッチを適用します。

8.fwtool.exeでファームウェアを書込み
再度fwtool.exeを起動し、書き換えたeeprom.binを書き込みます。順にオリジナル書込みとパッチ書込みの2つの作業になります。

これで、改造は終わり。
サルベージ配線をはずし、再度起動すれば、改造済みのカードが認識され、TVTestが使えるようになります。
VisualC++2005ランタイム修正パッチをインストールしたあと、TVTestとBonDriver_FSUSB2Nをダウンロードし、解凍したTVTestフォルダー内にBonDriveファイルをコピーすればOK。

あと、一度起動したTVTestを閉じると再起動出来ない現象がありました。PCを再起動すればTVTestが起動できるようになるのですが・・・
実は、PC管理でサービス項目のスマートカードデバイスを自動認識に設定しないといけないみたい。手動認識だとTVTestが1回しかB-CASカードを認識してくれないそうです。
ただ、それでもたまに認識してくれなくなりますが、USBコネクターを一度抜き差しすると割と安定して認識するようになります。


録画とかほとんどしないし、TS抜きには興味がないので、苦労した甲斐があったかどうかは微妙ですが、使えるようになった視聴ソフトTVTestの機能が充実してるし、視聴中のプチフリ等もなくなったので、満足しています。

Posted at 23:16 / パソコン / この記事のURL
コメント(2)
この記事のURL
http://yaplog.jp/maatsaqua/archive/579
コメントする
名前:
URL:
入力内容を保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

画像認証  [画像変更]
画像の文字 : 
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

よっちんさん、こんにちは。

導入したパソコンのOSは Windows7 Home Premium 64bit SP1 です。

「TVTest」や「Bon_Driver」、「Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ ATL のセキュリティ更新プログラム」はx64(64bit)版とx86(32bit)版の両方があって迷いましたが、これらはどちらかに統一する必要があるらしく、実績のあるx86(32bit)版にしました。

OSが64bitであっても、x64(64bit)版に拘る必要はないようです。

改造への挑戦、頑張ってください。
Posted by:maaat at 2011年05月31日(火) 18:46

KTV-FSPCIEの導入成功おめでとうございます。
私も挑戦しようと思っているのですが、
パソコンが win7 64bit です。

maaatさんのOSはどのようなものですか?
Posted by:よっちん at 2011年05月30日(月) 23:00

広告
月別アーカイブ
  飼育期間
20cm cube-h
ネジリンボウ    2016/5/29
トウアカクマノミ♀ 2015/7/31
トウアカクマノミ♂ 2015/7/31
アケボノハゼ   2015/6/12
30cm cube
ゴマハギ     2016/8/11
チェルブPE    2016/7/16
オキナワベニハゼ 2015/4/11
ネオンゴビー    2014/5/22
60cm wide (main)
ホンソメワケベラ 2016/4/19
印度キンギョ♂   2015/12/20
印度キンギョ♀ X2 2015/12/20
シマヤッコ     2015/6/20
バートレットA♂  2014/4/19
バートレットA♀  2014/4/19
マルチカラーPE  2013/7/27
Bkオセラリス(Bw  2013/5/19
スミレヤッコ   2013/5/9
トミニエンシスT  2013/4/7
Bkオセラリス(Bk  2012/11/27
サンライズDB   2012/10/16
キイロハギ    2012/10/7
シリキルリスズメ X3 2012/5/7
   
   
Powered by yaplog!