冨田ラボConcert そにょ2 

2006年03月19日(日) 23時45分
ステージにはひな壇がしつらえられ、左手にストリングス勢、
右手にブラス勢、真ん中に冨田センセイのハモンドのような楽器、
その両脇にベースとギター、キーボード、ブラス前方にドラムとパーカッション。
ん?どっかで見たような・・・。
去年中野サンプラザで見た、ブライアン・ウィルソンのセットに
似てる!w
このコンサートは“トミタン&愉快な弟子たち”みたいなもんだから
(いや、弟子っつーのは違うけども・・)その辺も似てるのカモ。
なんつーか、「ファミリー」ってなムード。

ケミストリー、「テレビで見る人気歌手」としか思って
なかったけど、楽曲がいいのも手伝って、すごく良かった。
アルバム持ってるくせに今まで蔑ろにしてごめんヨ。
普段洋楽しか聴かない彼も絶賛してました。
堂珍のファルセットが自然ですごくウマイってさ。

このケミの曲「ずっと読みかけの夏」って、以前スカパーで
かかってて、誰が歌ってるのか、何て曲なのかも知らずに
「うわっ!冨田クサイ!ぷんぷんにおう!!」って思ったら
やっぱり冨田作品だったという・・・。でもまさか歌ってるのが
ケミとは思わなかった。冨田×ケミってなんか意外だったし。

たった1曲でひっこんじゃったけどもっと聴きたかったなあ。
ま、冨田曲が1曲しかないから仕方ないけどさ。

キリンジ、1stあれだけ嵌って聴きまくったのに
ライブは1度も行ったことありませんでした。
「CDは良いけどライブがド下手」ってきいてたし、
実際クアトロかどっかのオンデマンド配信で聴いたら
「・・・・・・・・」だったから。
でも今回はぜんぜんそんなことなかった。やっぱヤス歌うまいわ。
若い頃の小田和正にそっくり。(この説は未だかつて一度も
同意されたことがないが。)
今日は殆どMCらしいMCがないライブでしたが、
この二人は一番しゃべってましたね。
冨田センセイとツーカーの仲って感じでした。

あと、サイゲンジさんやっぱカッコイイ!!
昨年のミュージックデイで日比谷野音で聴いた時から
ホレてます。あの超絶スキャットにあの盛り上げキャラ。
サイコー☆
みんな棒立ちなのに、一人ノリまくってました。

冨田ラボConcert そにょ1 

2006年03月19日(日) 23時36分
冨田ラボConcert
2006年3月19日(日) Open 17:15/Start 18:00
会場:SHIBUYA-AX
料金(税込):スタンディング・5250円/2F指定・5775円

冨田ラボ(Tomita Lab) 夢のスーパーライブ、遂に決定!!
冨田サウンドが遂にライブで再現される!!


行って来ました。私はセゾンカードの先行予約でチケット取ったんだけど、
チケット取れなかった人もたくさんいたようですね。
ヤフオクでは1万円↑の値がついたらしい。

でも番号はかなり後ろの方でしたが・・・。
212番だったので、おっ、なかなかいい番号?って思ってたら、
番号の前に「B」ってあったので、いやなヨカンはしましたが。
開場時間ちょうどくらいに到着したんだけど、いつまでたっても
開場しない。寒風吹きすさぶなか延々と待たされ、やっと開場するも
「整理番号A○○○番のチケットをお持ちの方〜」という係員の声。
待てども待てどもBにならないのです。さすがに400番あたりで
折り返すかと思いきや、Bが呼ばれ始めたのは何と800番以降でした。
未だかつて経験したことのない入りのAX。みんな誰が目当てなのかな。
客層は男女半々くらい、年齢層高めでした。

2003年発売の1st、Shipbuildingはすり切れるほど
聴きました。CDは物理的にすり切れないけどさ。
で、先月発売になった2nd、Shiplaunching、これまた様々な
アーティストとのコラボレイション。
さらに極めつけはこの豪華メンツのコンサート!!
どんなに豪華かは、セットリストを参照ください。

ジユウガオカ散歩 そにょ3(final) 

2006年03月12日(日) 23時54分
お腹もふくれ、別腹にデザートを入れるべくパリセヴェイユへ。
さっき店の前を通った時は空いていたのに、カフェスペースも
販売スペースも結構な人がいました。
ショーケース前でケーキを選んで、席に座ります。
私はサントノーレ・キャラメルを、彼はムッシュ・アルノーを
選びました。ちょ!それあたしの大本命なんだけど!
こんなにたくさんのケーキの中から、何の前情報も持たずに
私の大本命ケーキを指名する彼。ちょっと見直したw

ふだんはコーヒー派ですが、食べるケーキがキャラメル系なので
めずらしく紅茶をオーダーし、待つこと数分。

きたーーーーー!!(AA略



手前がサントノーレ・キャラメル、遠くに写っているのがムッシュ・アルノー。
写真じゃわかりにくいけど、普通の食事に使うサイズのナイフとフォークが
添えられております。

プチガトー食べるのにナイフが必要なのか?と思うでしょ?
このプチシューをつないでいるキャラメル、見た目より堅いのです。
プチシュー同士がすごくしっかりつながれているので、
ナイフがないと苦戦します。
ムッシュ・アルノーも堅い部分はないものの、タルト生地や薄い板状の
チョコレートが層になっているので、ナイフは便利。

サントノーレ・キャラメルうま〜!クリームもしっかり焦がしたキャラメルの
風味がきいていて、ちょっと大人の味かも。
そして一口もらったムッシュ・アルノー。うま〜!!
ボキャ貧でごめんなさい。サクサクの部分とパリパリの部分ととろける部分の
ハーモニーとでも申しましょうか。味も食感もとてもステキです。

食べ終わってから焼き菓子コーナーを物色してフィナンシェ、マドレーヌ、
ガレット等の焼き菓子と、最初からテイクアウトするつもりだった
ムッシュ・アルノー他のケーキを購入しました。

ああ〜シ・ア・ワ・セ

で、この後モンサンクレールまでてくてく歩いて行ったのですが、
お店のあまりの混みようを見て、何も買わずに出てきてしまいました。
パリセヴェイユで満足感味わっちゃったことだし、そのまま自由が丘を
後にしました。モンサンは、またの機会に。



ジユウガオカ散歩 そにょ2 

2006年03月12日(日) 23時45分
自由が丘駅に降り立ったのはちょうど正午頃。
お腹がすいて、当然ケーキよりメシメシ!というムードなので、
最大の目的、パリセヴェイユを横目で見ながら通り過ぎ、
踏切を渡って銀座キャンドルへ。

ハイそうです。テレビに出てたお店にわざわざ行く、という
ものすごく田舎者チックなミーハー行為です。ハズカシ・・

パティオの真ん中に大きな木が植えてある
こじゃれた建物の2階にお店はありました。
並ぶというほどでもないけど、待っている人が数組。
私たちも後ろについて待っていると、元々人気店なのか、
「ぷっすま効果」なのかはわかりませんが、20〜30分ほど
のうちに、店の前は行列の様相を呈してきました。

やっと席に落ち着き、メニューを渡されしばし悩んだ末に
二人でメンチカツと鶏肉のドリア、チキンバスケットをオーダー。
このチキンバスケット、正式名称を

「元祖!世の中で一番おいしいと言われるチキンバスケット 」

といいます。そんなこと言われたらつい頼んじゃうよね。

さて、お味の方ですが、メンチは肉ギッシリです。ころもはきめ細かい
パン粉使用です。ソースはデミグラスソースです。
・・・私が貧乏舌なのでしょう、東急ストアのお総菜のメンチに
ウスターソースがけの方がおいしいかも??と思ってしまいました。

鶏のドリア(正式名称は忘れた・・・)は、キムキム兄やんが1位に選んでた
だけあって、美味しい!ドリアなんて子供の食べ物と思ってたけど
ベシャメルソースも、スパイスで味付けられたライス部分もGOOD!
白ワインが欲しくなりました。

チキンバスケットはね、フライドチキン2切れとバタートースト(薄)2切れ、
小さなコロッケとオニオンリング(生)数切れという構成。
普通においしい。世界で一番かどうかは・・・・。

結論。高い。(オイ・・・・
でも店のスタッフさんはとても感じがよかったし、(並んで高いお金出してまで
食べたいか、と言われたら正直??だけど)鶏肉のドリアはまた食べたいな。

店を出ると、さっきの倍くらいの行列ができてました。
この人たちが普段からこの店に来てるわけじゃなく、ぷっすまを見て
来てるのだとしたら。
ミーハー田舎者なのは私だけじゃないのね。ヨカッタ。

ジユウガオカ散歩 そにょ1 

2006年03月12日(日) 23時03分
自由が丘に行ってきました。
一番の目的はpatisserie Paris Seveille(パティスリー・パリ・セヴェイユ)。
私はケーキは全然詳しくないのだが、このパリ・セヴェイユのパティシエ金子氏は、
今回のサロン・ド・ショコラでとても気に入ったアルノー・ラエール氏の弟子である
との情報を聞きつけ、その師の名前を冠した、その名も「ムッシュ・アルノー」という
ケーキを食べてみたくなったのだ。

ちょっと前に伊勢丹のマ・パティスリーにパリセヴェイユが出店していて、その時に
2回ほど覗いたが、どちらも遅めの時間だったせいかケーキの種類が殆どない。
当然お目当てのムッシュ・アルノーのお姿も見えなかったため、はるばる
(大袈裟・・)自由が丘へ。
自由が丘なんて、大学の頃1〜2度行ったっきりだ。
東横線も滅多に乗らないし。
(代官山へ行く時はだいたい恵比寿から歩くからね。)

せっかく滅多に行かない街へ行くので、ケーキ買って帰るだけってのもなあ。
めぼしいお店でお昼でも・・・と考えていて、ふと思い出した。
つい数日前に見るともなく見ていた「ぷっすま」で、
木村佑一通称キムキム兄やんが紹介してたおいしそうな洋食屋さんが
確か自由が丘だったはず。

でも店名覚えてないし。そこで「ぷっすま」「木村佑一」でググったら
すぐわかったさ。インターネットってなんて便利なんざましょ。
お店の名前は「銀座キャンドル自由が丘店」でした。

ついでといっちゃ失礼だが、超有名なカリスマパティシエ、コンセプトの
違うお店をいくつも展開中の辻口さんの本丸、モンサンクレールにも
寄ってみようかと。

自由が丘なんて全然不案内なので、事前にしっかり下調べ。
すると目的の3店はすべて同じ通り沿いであることが判明。
これで迷う心配もナシ、と。

そんな感じで強風の中、いざ出発。


パリセヴェイユのペイドージュ。青リンゴのムースとキャラメルクリーム。

John Lennon museum 

2005年10月10日(月) 23時24分
かねてから彼が行きたがっていた
ジョンレノンミュージアムへ行ってきました。

ジョンレノンミュージアムは、
さいたまスーパーアリーナの4〜5Fにあります。
入場券を持ってなくても入れる、カフェやショップのスペース前に
ちょっとした展示があり、「ジョンの作品が教科書にも
たくさん取り上げられています!」みたいなコーナーにて、
音楽の教科書をパラパラして、彼曰く

「こん中にジョン作品1つもないじゃん」

・・・・オイオイ。ソウナンデスカ?マジデスカ?

ビートルズのソングライティングのクレジットは公式には
「Lennon/MacCartney」となっているが、
ビートルズをちょっと知る人なら、どの曲がどっちの作品かは周知らしいです。
で、教科書に載ってる「イエスタディ」「レット・イット・ビー」なんかは
ポール作品なんだってさ。大丈夫かジョンレノンミュージアム。




チケットを買って館内に入ると、まずシアターに案内され、
ジョンの生涯を綴った7分間の映像を見、その後は自由に展示を見られます。
狭いスペースながら、空間をうまく使ってる感じ。
ジョンの少年時代から順を追って色々なものが展示されてます。
写真の他に、実際に使われた楽器や衣装、日本公演のチケットやパンフまで。
日本公演の前座として有名なのはザ・ドリフターズですが、
他にも尾藤イサオ、内田裕也、ジャッキー吉川とブルーコメッツ等が
前座を務めてたんですねー。全然知りませんでした。
4階の展示は、ジョン幼少の頃〜ビートルズ絶頂期まで。

さて、5階に上がると、オノ・ヨーコが登場します。
彼女の前衛芸術を再現した展示もあって、
アバンギャルドを解する能力の低い私にとってもなかなか興味深い。
白い階段を上りきると、天井に小さく小さくある言葉が
書かれている作品とかね。

この後結婚、ビートルズ解散、ソロ活動、NYに移住して平和運動、
平和運動のせいでアメリカ政府に危険人物視され、それが元で挫折、
その後息子(ショーン)が生まれ音楽活動を休止して専業主夫生活、
5年の活動休止後にシングル「Startin' Over」
アルバム「Double Fantasy」を発表する、
・・・・・・・・そして死。

ここの展示は、深くて短いジョンの人生後半が凝縮されてます。

秋の大北海道展 

2005年09月04日(日) 23時39分
秋の大北海道展@新宿伊勢丹
2005.08.31〜09.06まで

行ってきましたよ。お目当てはロイズのソフトクリーム。
函館の「ラーメン マメさん」の塩ラーメンといかめしも食べた。

このラーメンのイートインコーナーには、なぜか新横浜の
ラーメン博物館ののぼりが。え?函館からの出店じゃなくて
新横からの出店かいな・・・ちょい騙された気分。。
美味かったですけど、ラー博価格なのか、高かったヨ。

ロイズのソフトはめちゃウマ。モロ牛乳!って感じの、後味に
ちょびっと塩気を感じる(これがなぜか旨い)コクがあるのに
サッパリ系でした。滅多に食べられないと思うので、
新宿が近い人は是非。っても、6日までですが。。

で、ロイズでチョコ買って、人参じゃがいも玉ねぎと、コロッケと、
蟹寿司弁当を買って帰宅。



蟹!雲丹!いくら!!どーです。豪華でしょ?

帰宅してから善福寺緑地公園へ、サッカーボール持ってGO!
今にも降りそうないや〜な雲行きです。
帰り道、降り出しましたよー。でもどうせ汗だくになってるし
タオルかぶって急ぎ足。家に着いてしばらくすると
すごい雨の音&雷が!

楽しみにしてたF1イタリアグランプリを上の蟹弁当&ワインを
用意して見ようとしたら、スカパー映りません・・・_| ̄|○
雨雲の関係でアカンらしいですけど、何も狙いすましたかのように
F1決勝の時間にトラブんなくてもさ。

仕方なく地上波で見ましたが、結果も _| ̄|○
モン吉おめでとう・・・。

preサマソニ 

2005年08月03日(水) 23時57分
我が家にサマソニコーナー出現!
ウチはCDショップかヨ!
サマソニまであと1週間ちょい。
アガってきましたよ〜

loose control #3 

2005年04月25日(月) 23時10分
Kaimy Plants presents "loose control #3"
05.04.25(mon)下北沢CLUB QUE

Kaimy Plants/throwcurve/ZARIGANI5/HARTFIELD


カイミープランツ企画の轟音系バンド集合ライブです。
CD持ってるのはザリガニとハートフィールドだけだけど、カイミーもCSの
何かの番組でチラ見して、結構いいじゃん、と思ってたし。

シューゲイザーって感じとは違いますが、未完成であるが故のエネルギッシュな
轟音の渦。狭苦しくて音の悪いキュゥですが、最後列中央に陣取っていたので
そこそこ音を拾いやすかったかな。

開演前にザリガニのスタッフさん?がアンケート用紙と鉛筆を持って
「よろしくお願いします!」って直接渡してきた。今までライブのアンケートは
一度も書いたことがなかったけど、鉛筆まで渡されちゃ、書かないわけには
いくまい。・・・・・・えっと、「ちょんまげの人の存在意義は如何なものか」と
書いて終演後に渡しました。いや、彼の存在意義の如何を問うているのでは
ないのです。ちょんまげで笑いを取ることの必要性がね・・・・って、これは
音とは関係ないッスね。

ハートフィールド、国際的にご活躍のようですが、seven wintersを
聴いた時からピンと来ず、アルバム買ってみてもピンと来なかった。
そして今日のライブで「もういいや。」って思いました。まあ、好みとは違った
ということで。

昨日技巧派オヤジバンドであるシアターを聴いたので、今日の全体的な
演奏の粗さとのギャップを結構感じたけど、この粗さもなかなかいいです。
若い人たちなので、これからも頑張ってくださいネ。

BROOKERS HIGH 

2005年04月24日(日) 23時15分
SHINJUKU LOFT 6TH ANNIVERSARY
BROOKERS HIGH/TEATRE BROOK

今年のマンスリーロフトは全出席を目指す!と豪語しましたが、
案の定3月のは仕事が多忙過ぎで行けず。
しかし、4月24日という日には3年続けてシアターを聴きに行ってる
気がします。記憶違いでなければ。ハイ。

今回はニューアルバム発売前&タイジ結婚直前というタイミング。
イーグルス演る!という前情報もあり、シアターとイーグルスってなんか
しっくりこないような、でもそれだけにどんな風に料理するのか
楽しみなような。

オープニングはアースウィンド&ファイアの名曲「September」。
スローでシンプルなアレンジだったため、最初セプテンバだって
わかんなかったよ。

ニューアルバムの先行シングルの曲もやったけど、とりあえず
ピンとこない。まあ、シアターの曲って最初からピンとくる曲は
実はあまりなかったり。自分にとってシアターは、聴くほどに嵌る、
噛めば噛むほど味が出るスルメのようなバンドという位置づけかも。
そして嵌った後はノリまくるわけです。
この新曲をはさんで、前半は盛り上がり系の曲が目白押しです。
いやがおうにもノリノリになり、あっという間に前半戦終了。
ていうか、ドレッドもまばたきも悲しみも捨てちまえもノックも前半に
やっちゃっていいんですか!もったいない!
配分っていうものを少しは考えなさいよ!ムキー!と
思わなくもなかった・・w

さて休憩をはさんでの後半戦は、前情報のとおりイーグルスから。
てか、イーグルスはホテルカリ(以下略)ぐらいしか知らないしなー。
途中から井手麻理子さん乱入。乱入っていうかちゃんとした
ゲストなんですけどね。この人やっぱ歌うまいな〜。シアターとも
合うし。

今日のはシアターのライブにしちゃ短かったかな?
最後に「立ち止まって一服しよう」が聴けて良かったデス。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ma_maison
読者になる
Yapme!一覧
読者になる