オトコノエイジングノート 

2007年10月29日(月) 21時38分
■オヤジの臭い、加齢臭とは?

いくら外見に気を配ってもオヤジ臭いがすれば台無し。加齢臭の知識を身につけ、ニオイを予防するのも立派な男のみだしなみだ。
加齢臭という言葉を聞いたことがあるだろうか?文字通り、“年齢を加えて臭う”と書くのごとく、年を重ねると出てくる中高年独特のニオイのことだ。一般に男性の場合、40歳を境に次第に臭ってくると言われている。世間で言う「おっさん臭い」ニオイや「オヤジ臭」というのは、この加齢臭のこと。中年以上の男性にはつきもののこの臭い。どういうわけか女性には臭わない。どうして加齢臭は臭うのか、また、なぜオヤジだけに臭うのかについて解説してみたいと思う。

 某化粧品会社がとったデータによると、「気になる体臭」として「加齢臭」は、1位の「口臭」に次いで、堂々の2位にランク・イン!
 最近では、喫煙者の増加・食生活の欧米化などで、女性にとっても他人ごとではない問題となりつつあります。条件さえ揃えば、若い女性からもエイジングノートが発生することが、わかっているそうです。どんなにオシャレをして若々しさをキープしていたとしても、周囲を不愉快にするようなにおいを漂わせているとしたら、台無しですよね。

■あなたの加齢臭チェックをしてみる
http://www.selfdoctor.net/check/2007_03/check.html

■エイジングノートの原因とは?

それは 喫煙・飲酒・ストレス、不規則な生活・脂っこい食事でよっておこるらしい

■エイジングノートのニオイ?

加齢臭のニオイのもとはノネナールと呼ばれる体臭成分。このノネナール、脂臭いと言うか青臭いと言うか何とも言えぬ嫌なニオイを発する。無論、このニオイが心地よければ、誰もが「オヤジ臭」を好きになり、すべて問題は解決する。しかし、このニオイ、誰が臭っても嫌になるから困ったものなのだ。それもそのはず、ノネナールは、毛穴の奥の皮脂腺から分泌されるパルミトオレイン酸(脂肪酸)が酸化したり、表皮のバクテリアが発酵してできるニオイ成分。臭くて当たり前なのだ。


■エイジングノートを抑える対策方法は?
 エイジングノートの発生を抑えるためには、「朝晩、必ずシャワーを浴びる」「アロマウォーターや消臭スプレーを常備する」「においが発生しやすい首の後ろを、こまめに拭く」などの方法があります。けれども、やはり「臭いにおいはモトからたたなきゃダメ!」。においににおいを重ねて、トンでもない相乗効果を生んでいる人が周囲にいませんか? 私は、あれほど不愉快なものはないと断言できます。
 エイジングノートを根源から絶つためには、ライフスタイルを見直すことが大切。原因となる「ヘキサデセン酸」をはじめ、加齢とともにカラダにはさまざまな脂肪酸がたまっていきます。もちろん、適度な脂肪酸はカラダにとって必要ですが、脂肪酸が蓄積されると、肥満や高脂血症の原因にもなります。つまり、余分な脂肪酸をためないライフスタイルを身につけることは、エイジングノート対策となるだけでなく、高脂血症や糖尿病など生活習慣病の予防にもつながるのです。

★■まずよく洗う 石鹸★
★■これで 消臭★

★■インナー・下着・ナイトウエアにも ★
★■ よくかんで ガム ★

★■サプリ 内側から ★

★■医薬品で 安心 ★

★■入浴剤 リラっクス+@ ★

★■寝具 にも 消臭★



2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/ma101/index1_0.rdf
日別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる