義弟の結婚式のつづき 

2008年07月12日(土) 13時19分
シャンフーの実家に車は戻り、まずは慰霊が祭ってある
お爺ちゃんお祖母ちゃんの家へ。
ここでも到着時間が早すぎて、決まりの時間にならないと
新郎新婦は車から降りてこれない・・・とかなんとかで
そのまま約1時間・・・・ありえない!!

シャンフーサイドもしびれを切らしつつ、
近所の家に挨拶行ったり、お茶したりと時間つぶし・・・
私もシャンフーの親戚に連れられてお土産を買ってもらったり・・・

まあそんなこんなで時間になり、やっと車から降りてきて一通りの挨拶が
行われ、お金に似せた紙を燃やし、最後に爆竹を鳴らして終了した。

この時点でマーメイの疲労はかなりのもの。でも披露宴はこれから。

シャンフーと実家に戻ったのが4時頃。で、披露宴は6時34分から・・・
なんだ?「34分」とは・・・
これも新婦サイドからの決まり・・・もういい加減うるせ〜よ。

それまでちょっと休憩して。そして時間になったので会場へ移動した。

会場ではシャンフーママが既にドレスに着替えており
あたくし、察知いたしました。「あ。ここであれに着替えるわけね。」
で、控え室で今日の朝に拝借しました白のドレスに着替え
披露宴のスタートとなりました。

ここで入場なのですが。
入場するのは新郎新婦だけではない。

まず新郎の両親、次に新婦の両親。
そしてシャンフーと私(介添え人その1)
その後ろに弟の友達とシャンフーの従妹(介添え人その2)
そして最後に新郎新婦と並んで入場〜!!

これにはマーメイビックリした。お披露目は主人公だけじゃないのね。
あとは乗りに任せ、入場してきましたよ。
会場には200名位の出席者!!すごいね〜。
あんた誰よ?ってな感じがほぼでしたがそこは乗り。笑顔振りまいてきました。

席順も日本とは大違い。
メインテーブルに新郎新婦、両家の両親、新郎サイドの親戚・・・
といった感じなわけで、日本で来賓席とされるところに座る。
来賓はどこに座る??聞かないで・・・誰が何だかサッパリでしたし・・・。

で食事が普通に始まる。乾杯の挨拶とかなし。
スピーチ、余興、一切なし。
で気が付くと新婦がお色直ししてたり・・・いやいや・・・もっと拍手で入場するのとかないの??
でもこの「気が付くと嫁の衣装チェンジ」は計3回ほどあった。まじでビックリする。
あそうだ。シャンフーママも衣装チェンジしてたな。あれきっと本人希望とみた。
マーメイと従妹の白ドレスチームは途中で疲れて自分の服に着替えた。

まあそして目立つ席に座ったわけで、知らない人が次々に挨拶にやってくる。
そのたびに「この人誰?」とシャンフーに聞く。
たまにシャンフーも知らない人が登場するが・・・そこは隣に座る従妹がフォロー。

そして最後に。

新郎新婦、新郎の両親、そして長男と長男の嫁(シャンフーとマーメイ)の
計4名で全テーブルに挨拶に回った。
多分・・・新しいシャオ家です!みたいなことじゃないかと。
久しぶりに帰国するシャンフーとマーメイ。親戚一同は
「久しぶり〜!!」「おめでと〜!」なんて言うもんだから
すっかり自分達がメインと勘違いな気分になってしまい。
しまいには新郎新婦の立ち居地に・・・

後ろから新郎に「スイマセ〜ン。ソコ私達デス〜」なんてカタコトで
言われちゃったりして・・・。ゴメンゴメン。。

それが最後となり、あとは特に挨拶もなく食事が終わったものから
帰宅となる。
出口には新郎新婦、新郎の両親が立ち
女性にはキャンディー、男性にはタバコを振舞って挨拶をして帰ってもらう。

日本の引き出物を考えるとえらい安上がりよね〜。

とまあやっとこれで終了した。

次の日はこれが新婦サイドで行われるらしいが
マーメイ強行スケジュールの2泊3日の為欠席しました。
もうあのお寺みたいな家行くのやだもん。。。

マーメイ、シャンフーに思わず
「弟、すごいとこから嫁もらったね〜」
と一言。でもすぐに気が付いたよ。
長男は日本から嫁もらってたわ・・・。人の事言えなかった〜!!

でもほんと台湾の結婚式って大変です。
シャンフーママは準備やら心配やらで2ヶ月熟睡できてないんだと。
結婚式って一体なんなんだろうか・・・と考えさせられました。
シャンフーママは「マーメイ達はもっとシンプルでいいからね」と
なんともありがたい言葉を言ってくれました。
私達も日本で結婚式を終えた後、台湾でお披露目会をするので
コレ・・・?
と不安になりましたが、どうやらもっと規模は小さめに
親戚のみの会にしてくれるらしい。
安心と不安が入り乱れる感じですが、まあ台湾のことはサッパリわからないので
シャンフー(シャンフーママが主だな)にお任せしますわ!

写真はね。シャンフーが全部持ってんだな。

いつかアップするね〜。






義弟の結婚式のつづき 

2008年07月05日(土) 16時05分
シャンフーの実家で着替えを済ませ、リビングへ行くと
すでにシャンフーの親戚が集まっており、家の前にはキャンプとかで使われるような
屋根が設置され、その下でうーん・・・日本でいう白玉団子?みたいな
食べ物が用意されていて、来てくれた親戚や隣人に振舞っていた。

天気はあいにくの雨・・・。
で?これから何を??

時間になったらしく、みな移動の準備。
どうやら「式」とされている「嫁のお迎え」へ出発するらしい。
これには新郎、新郎サイドの親戚が出向き、新郎の両親は
家で待ちの状態らしい。。なるほど。
と。いうことで。いってきま〜す!

駐車場へ行くと・・・
でっかいリボンで装飾されたベンツ!!!が数台。。。
一番派手なこの車に本日の主人公が乗り、
残りの車に親戚が乗り込むらしい。
計6台!これでも少ないほうらしい。
この6台で列を作って出発です!

出発時に爆竹が鳴らされて・・・・引火しないかと1人不安に思いながら
スタートしました!
所々で爆竹を鳴らしながら進むこの6台の車。
この順番も決まっているらしく、途中で追い抜いちゃったり
すると、先で待ってなきゃならない。
高速もこの行列で移動。すごいなあ・・・。
一緒に乗ったシャンフーの親戚。なんだっけ。。。シャンフーの何番目かの従兄弟の・・・・
彼らはアメリカの大学をでたとかで、英語が堪能だったので
色々私に説明をしてくれた。

「驚いたでしょ?このしきたり」
「すごい驚いた。日本とえらい違う」
「最近はこれでも規模が小さくなったほうでね。車10台以上が昔は普通だったのよ。
それに最近はお嫁さんの実家までいくのは時間がかかるので、近場のホテルで
待っててもらって、ピックアップするようになったのよ。でも今日のお嫁さんは
ルールに厳しい実家らしくてね。家まで行かなくてはならないの」

なんてな説明だった。ふーん。で、どこまで行くの?あたしたち???
とそれについては誰も知らない。
「いや、前の車についていくだけ・・・」
あそお。どこ行くんだろ??

とそれから約1.5時間車を走らせました。遠いちゅうの!!!
寝ちゃったよ・・・。
で、到着した所に一同唖然・・・なにこの田舎は・・・!!

「へ〜まだこんなところがあったんだ〜。マーメイ、これは台湾のとっても
昔のスタイルの家だよ」
とシャンフー。
あたしはそこが家と認識するまでに時間がかかった。

へ?ここは・・・寺ですか???それとも・・・倉庫かなにか・・・?

正面に神様が祭られた寺みたいな建物があり、それを中心に
両サイドに建物がある。コの字になってるっていったらいいかな。
鶏の小屋があって、獣臭い・・・なんじゃここ?家?
シャンフーの説明では正面にその家の神様、両サイドに
長男夫婦、次男夫婦、そしてその家の両親と住むのが
伝統ある家の住み方らしい。今もこんなに残っているのかと
シャンフーも珍しがり写真を撮る撮る。

神様の祭られてる建物は映画のセットのような・・・感じ。
とにかくすごい。古い。

で、一応果物やら月餅のようなケーキがあり。
あ、昨日ママが用意していたやつだ・・・ってな品が向こうの家に渡され。
で。嫁はどこ??

これまた時間待ちですよ。
予定の時間よりも早くついちゃったみたいで。
その時間がこないと次の行動にでれない。

なんだよ・・・さっさとしろよ・・・。

みんなも「いや何分だった」「いや何分だった」と仕切りもグダグダで・・・。
いやさ。そんなに時間に決まりがあるならさ。
1人予定表みたいなの作ってさ。
仕切れよ・・・。
と、マーメイとにかく帰りたい・・・。せっかく日本から持ってきた洋服やら靴やらも
泥んこになってきてますけどお・・・。

と、その時間(もう何時でもいいんだけど)になった。
その映画のセットのような、古い、建物の中から
現れましたよ・・・花嫁〜!!
さっきの貸衣装屋で支度をしてもらい、実家に帰って待機してたようです。
そこまで来てたなら。。どっか近場で待機しててほしかった・・・。
っていうかマーメイ気になったのが花嫁の裾〜!!!
本日は雨。足場は悪いし場所も田舎の畑の。。。
汚れるじゃん!!!

シャンフーの従妹が必死に裾をまくってキープしてますが、、、まあ時間の問題だわさ。
どうでもいいわ、すでに・・・。

さて。これからが大切。新郎新婦揃いましたよ。
まずはじめに。正面の神様部屋に入り、神様、ご先祖様へ挨拶。
これも時間が・・・中で数分まってから開始。
そして新婦両親への挨拶。
これも時間が・・・さっさしよーぜ・・・。
おっと・・ちがう。これこそ感動のシーン!!
なはずですが・・・本当ならば新郎が土下座する状態で
「お嬢さんを幸せにします!」みたいな誓いの事をやるらしいが
本日。雨よ。
なのでこれは却下。挨拶のみとなった。なんだよ。。。

もーかえろーよー。疲れたしー。

でやっと出発!!
帰りの車へ乗り込む。今度はシャンフー元上司のおじさんの車に同乗。
「マーメイ中国語上手になったか?」とおじさん。
日本におるで。上達するかいな。
「同じです。」と返答。
「なんだよ〜」みたいな反応。。。すいませんね。
シャンフーには
「自分の娘もオーストラリアへ留学するんだ」
「息子はオーストラリアの留学が終えたら日本へ留学させる」
などなど・・どーでもいいのでまずは本人の意見を尊重してあげてください。
「シャンフーは日本の生活どうだ。生活していけるのか?」
「なんとか生活していけます。マーメイも働いていますし・・・」
「そっか」と残念そうなオジ。
おいおい・・・中国へ引き戻そうとしているな。おぬし・・・。
そーはいかないぞーだ!!!

さてさて。。。戻ったら今度は披露宴です。

義弟の結婚式のつづき 

2008年06月30日(月) 18時52分
お嫁さんの実家はちょっと田舎にある。
日本同様、田舎へ行けば行くほどシキタリに厳しいらしく、
今回の式はほぼ嫁サイドのいうルールに従うことになった。

もちろん風水と占い師による助言に従う。
これがすごい。

新婦の朝起きる時間、地に足を着く時間、服を着る時間まで決まっており、
もちろん新婦サイドが迎えに行く時間、家の仏壇、神様に挨拶する時間、
家を出る時間、新郎の家に着く時間、挨拶の時間・・・・・
とまあものすごい細かい!!!
これにはさすがのシャンフーサイドもみなビックリ。ほんと大変。

当日マーメイは新婦の介添人的役目を依頼されており、
なんだか介添人も白のちょとしたドレスを着るらしく
当日の午前中シャンフーと貸衣装屋さんへ行った。
そこで同じく介添人をするシャンフーの従妹と合流。
ネットで選んでたドレスの試着、お直しを短時間で済ませ、そのまま美容室へGO。
そして驚いたのが、その貸衣装屋に本日主役の新婦もいて、
身支度をしている。
え??だってうちらあんたを迎えにいくんだよね?
なんでこっちの地元で身支度してんのよ?
理由を聞くとこの貸衣装屋で彼らはあの噂のアルバムを撮ったらしく、
当日の衣装もここで借りるという。そしてうちらのドレスも
便乗してタダでレンタルできるとう話。
なるほど・・・だからママは「マーメイもドレスきたらいいさ!」って
チンプンカンプンのあたしに介添人を依頼したわけだ。

まーよくわからないけどとにかく美容室へ・・・
この美容室では何度か台湾スタイルのシャンプーマッサージを
してもらったことがあったので店員さんとも顔見知り。
「久しぶり〜!!」との挨拶を終え・・・さてどんな頭にしてくれるのか・・・?

出来上がりましたよ・・・なんか龍の後姿みたいな・・・・豪華な感じ・・・
ま・・・まあいっか。OKとしよう・・・。

そして貸衣装屋へ戻り、メイクまでしてもらっちゃった。
これがまたウケル。
できあがったのはえらいケバイマーメイ・・・。
「これが一番薄化粧よ!」
嘘でしょ・・・????
仕方がないので帰りの車の中でかなり落として調節した・・・。

家に着き、衣装は披露宴に着るのでひとまず自分の式用の服に着替えた。

で・・・これから何するのよ??

つづく・・・。

義弟の結婚式 

2008年06月29日(日) 17時44分
そういえば・・・。

およそ1ヶ月前。旦那の弟の結婚式でえらい久しぶりに台湾へ行ってきた。

シャンフーには一つ下の弟がいる。
もちろん台湾に住んでいるんだけど、どうやら職場恋愛とやらで
知り合い結婚に至ったとか・・・。

私は台湾の結婚式に参加するのは初めて。
どんな感じかシャンフーに聞いても「僕もよくわからない」と不安いっぱいにさせる返事。
なんだかルールがいっぱいありそうな予感・・・・。

まず式前日。
シャンフーの実家には盛りだくさんの花やら引き菓子みたいのやら
飲み物やらが準備してあって。どうやら明日振舞うらしい。

で、彼らの新居へ移動。
一応シャンフー夫婦が住むようにと用意されていたマンションだったが
結果台湾には住まないので自動的に弟夫婦へ。どうぞどうぞ!!
内装もきれいにされてて、いたるところに「喜」が二つ綴られたような文字のシールが
張られてた。
意味不明なお役目がここで一つ。
子宝に恵まれますように・・・的な意味らしく、その家の長男が新婚夫婦のベッドで
ジャンプする・・・よくわからんけど便乗してやってきた。

台湾の結婚式は全て風水と占い師の言葉に従う。
日本のような式はなく、旦那と旦那サイドの親戚が豪華な車で嫁の実家へ
迎えに行く。そして嫁がその車にのる瞬間がまさに実家と両親との別れ。
これが感動のシーンらしい。
そしてそのまま旦那の家へ・・・これが式。まさに嫁入りである。
そしてその日は旦那サイドメインの披露宴。そして次の日は嫁サイドメインの披露宴と
2日に渡って行われるらしい。おおごとじゃん!!
そして台湾といえば・・・アルバム!!!
奇跡のアイドル張りの結婚写真!!!
日活映画ですか?張りの結婚写真!!! これすごい。まじですごい。
弟たちももちろん撮りました。見てきましたよ。
いやすごかった。なんていうか・・何回衣装チェンジしてんのよっていうか・・ロケハンがでてた。
観音開きのものすごいでっかいアルバムで。披露宴の受付に飾るらしいけど。
ウエディングドレスバージョン、ちょっとカントリーチックバージョン、
ちょっとワイルド系バージョン・・・とまあバラエティに富んでて。アイドルでした。
結婚式にワイルド系は必要か???とシャンフーとマーメイはただただ爆笑。
ごめんね弟・・・。笑いすぎたわ。。。

ということで。台湾ルールがまたここで。
新居にて占い師の言った時間ピッタリに寝具を壁につける。
本当は占い師の言った日取り、時間に引越しをしなくてはならないのですが
都合によりできなかった場合の策。
本当は家具を壁から数センチ離しておき、その時間になったら家具を壁につけ
「その家に完全に引っ越しました」という、いったらごまかし・・。
しかも全ての家具を一揆に動かせないので寝具のみという、ごまかしのまたごまかし。
いや〜このごまかしは必修!!!そんな全てが全てできませんもんねえ。
しか〜し!!シャンフー一家よりも弟の嫁一家のほうがこのルールに厳しかったあ!!!

つづく・・・。

結婚式 

2008年05月11日(日) 21時40分
そろそろやらねば。。結婚式。
私たち、入籍してもう2年も経ってる。でもすぐに別々に暮らしていたし
私の体調も優れないってことで、延期の延期をし続けていた。

でもほんとに。今度こそやらねば・・・。。。
お蔭様で体調も良くなってきたし、夫も一緒に住んでるし。
いや〜重い腰、上げるぞ〜

といっても。ノープランのノーアイデア。一体何から始めりゃいいの?

一応インターネットで調べてみたり、本屋行ってみたり。
ゼクシーの分厚さに圧倒されたりして・・・でも買ってみたりして。
電話帳張りの厚さなのにたった500円!!!どーゆうこっちゃ?
しかもhappy wedding なんて書いた専用の袋に入れてもらっちゃったし。
一応ね。勉強しますわ、結婚式までの計画について。

前は海外挙式の案も上がっていてエージェント行ったりしてみたけど、
なーんかオックウになってしまって却下。
日本と台湾の中間でグアム!!なんてさ。悪くなかったんだけどね〜。
まあお互い日本にいるんだから日本でやれば?ってな声と
旦那の両親は日本大好きだからまた来たい!ってな声と・・・
フムフム。なるほど。

ホテルウェディング、レストラン、教会・・・色々ですなあ・・・。
前にひとつ。見に行ったのは教会の隣にレストランがあって〜みないなスタイル。
でもマーメイの母いわく「遠方チームは移動が大変だからやっぱりホテルが便利だ」
フムフム。なるほど。

台湾では一度お披露目パーティーをしなければならないってのは決まってて。
お食事会的なパーティーをね。じゃあ式も台湾でする?ってな話もでたけど
いや〜あたしら日本に住むし。台湾でやるとなると
えらい大変になりそうなので却下させてもらい、
お披露目パーティーはするってことで一応落ち着いた。
だから日本での式には私の親戚、友人といった身内だけをイメージしており、
台湾からも家族しか参加しない。なのでほんと身内だけ。
まあ新婚ホヤホヤでもないしね。
とまあまだイメージ段階であるよ。

あんまり気張らず進めてみます。

久々の更新 

2008年04月25日(金) 21時06分
どっきりびっくり。約3ヶ月あまりも更新を怠った・・・。 つーか新年のご挨拶以来。やる気ねえ?

いやいや。今はまだ仮住まいの神田川におります。引越しは4月!なんて言ってたけど
とうとう7月末まで延びました〜。延びすぎ延びすぎ
どうしよう。。。冬越えのことしか考えてなかったこの神田川ハウス。
夏は死ぬほど暑いぞ・・・まいったな〜

そしてシャンフー&マーメイも新仕事生活がスタートしています。
シャンフーは得意のPCを活かした仕事。いや〜よかったよ。
日本語も結構上達してきたけどやっぱり仕事となるとハードルは高かった現実。
特にアジア人は難しいと覚悟していた。
でもヒョッコリとラッキーにいい仕事にめぐり合い、今では忙しい日々を送っている。
日本語が勉強できなくなっちゃったけど・・・でも日本人に囲まれて仕事してるから
生きた日本語使えていいかな?なんて思ってます。
まあなんでもいいから・・。かせいでくれ〜〜〜
いやほんとよかったよかった。

マーメイもやっとこさっとこ転職し、新宿までえっさこら通ってます。
S京線死ぬ・・・なんじゃありゃ・・・。シャンフーも仕事より電車のラッシュにテンテコマイです。
よく昔はこんなん毎日乗れてたなあ・・・と昔の自分に感心。
でもあとちょっとの辛抱だからかんばるわ

マーメイも久々の社会人。ちょっとドキドキするわ。
なのであんまりハードじゃない仕事を選んでみた。体慣らしに。
したらよ。つまんね〜〜〜
なんかやってることつまんねえ。これって意味あんのか?って思いながら
細かさ満点の日本人的仕事方法を懐かしみながら大量の事務処理してる。
何十億をさらっと動かしてた銀行のほうがまだ内容はおもしろいなあ。
あれ?事務処理ってこんなに苦痛だったか?ちょっと放浪しすぎて感覚おかしくなったか?

まあでも条件はいいし、環境もいいし。
体慣らしってことで。。。まっいっか
がんばるわ

あけましておめでと! 

2008年01月05日(土) 13時32分
またもやあっという間に明けてしまいました〜

2008年もどうぞよろしくお願いします。

ってことで・・・年末年始、我が実家は大家族になりましたの。
というのも・・・

姉夫婦が家建築中ってのは以前お話しましたっけ。
あれ。建築申請ってのがあの「姉歯事件」以来厳しくなってしまったらしく
完成予定日が延びる延びる・・・・まあその他もろもろありまして、
姉夫婦が実家に仮住まいで引っ越してきました

私の荷物やらなんやらを片付け、片付けられ、
押し込んで押し込んでスペースを作り、今実家に姉家族、両親が居ます。
それにうちらも加わると・・・お正月は
大人6人+ちぴ2名・・・アンチ核家族!!な感じ。超にぎやか正月でした。
ミユはず〜っとしゃべってるか歌ってるか。。。ま〜おしゃべりになりましたよ。
帰ってくると必ず「おかえり〜♪」と言ってくれるし、でかけるときは
「すぐ帰ってくる?」って聞いてくるし・・・癒しだわ〜♪
マオはマイペースに、ミユの大騒ぎの中クウクウ寝てる。さすが二番目



おかげでHロシはミユやらマオやらあたしの名前やらが既に混乱しており
「お、お前なんだ」
なんて言ってくる。いやもう30年この名前ですが〜・・・。

姪っ子2人目誕生 

2007年12月16日(日) 15時02分
12月7日(金)、姉が夜中の1:05am 2995gの女の子を無事出産しました

いや〜まじで大変だった。。。
というのも。

そもそも予定日は12月20日。でもミユの時より動きが激しいし
明らかに下にさがってきてるし。。。
こりゃ早いだろうね〜なんて言われてた。
姉は先月辺りから実家近所の病院へ変更し、
検診で頻繁に実家に来るようになっていた。
でも早くても来週くらいかな〜今週には産まれないかな〜
なんてな医師の言葉を頼り、母は香港へ旅行へ、
そして姉はいつも通り検診で木曜に実家に来た。

いつもであれば母が姉を迎えに行くのだが、旅行で不在。
あの臨月のお腹にミユ抱えて電車で実家に来るの?!という
強行突破に姉は「ヘイキヘイキ〜」なんて言っていたけど
さすがにマーメイ心配になり、仕事昼休みに抜け出し
K円寺へ迎えにいき、実家まで送り届け、また仕事へ戻るという
これまた自分でもびっくりするくらい頑張っちゃった。
案の定電車の中でミユは寝てしまい、メッチャ重いミユを抱える始末になった。
姉は「お〜予想外」
あぶねーよ。。。これで抱えてくる気だったのかい?

そしてその夜、
「明日金曜日午前中に検診だからミユみてて」
と子守を了解し、私達は神田川へと帰った。

その夜中。マーメイの携帯がガンガン鳴った。
なに?何事・・?
電話は実家から。折り返すと姉が
「ちょっときてて・・・・!!」
「え?!産まれるの!」
それからシャンフーと2人あわてて実家へ戻った。

実家ではまだほろ酔い気味の父が血相を変え、タクシー呼んでくると飛び出そうしてるわ
ミユは号泣だわ、姉はイテーイテー言いながら電話で着実に病院に現状報告してるわ
で、テンヤワンヤだった。
とりあえず号泣中のミユを抱きかかえ落ち着かせた。
姉は飛び出そうとしている父に「まだ!!!」と怒鳴りながらも
トイレにかけ込み、「ダメだ!タクシー!!」

それから父、走り出しましたよ。携帯、眼鏡、一切持たず。
シャンフーも既に出来上がってた入院バックを持ち
姉を連れてタクシーまで連れて行った。

病院へは父が付き添い、その間マーメイは実家でミユに付き添いながら
姉の旦那、香港の母に電話。
どちらもつながらず・・・。
どうしよう・・・シャンフーは「何事じゃ?」とチンプンカンプンな顔してるし。
通訳する間もないのでシャンフーは全くどうしていいやら分からなかったみたいで。
いや通訳する余裕ないって。誰もいないんだもん!!!

そして叔母に電話をした。叔母はおどろき、でも的確に指示をしてくれた。
そして母にも電話がつながった。母は驚きながらも状況を随時教えるように言ってきた。
叔母はその後姉の旦那をつかまえてくれたようで、旦那Mちゃんからも
すぐに行くと連絡があった。なーんてしている間に・・・・父が公衆電話より

「今分娩室に入った!」

早くね?? その10分後・・・

「産まれた〜!!!」

えっ・・・・・・・・・・はやっ!!!!はやすぎるだろーーーー!!!!

その連絡をまた皆にした。
もちろんみーんなひっくり返った。はやいって〜!!!
こっちに向かってるMちゃんも笑っちゃって「いや〜とりあえず向かうわ〜」

そして、父より改めて電話があった。「俺どおしていいんだか・・・」
ですよね。2人も娘がいるっちゅーのに出産に付き添ったなんて初めての事。
とりあえずマーメイ、姉のパジャマ抱えてタクシーで病院へ向かった。

タクシーのおっちゃんとも「何産まれたの?女の子?いや〜おめでと〜!!」
なんて言われちゃってよ。で、病院ついたら父居ない。おや?
ちゅーか病院にも入れない・・・。ベル鳴らし、事情を説明して
特別に入れてくれた。どうやら産まれてすぐも他の人が病院は入れるのは
朝の6時以降だと・・・・なんじゃそれ?

ちゅうことで姉と赤ちゃんとご対面 ちっこ〜いの!!
なんか帽子かぶらされて・・・ちゅーか早いって〜!!と言ったのが私の最初の言葉だった。
病院ついて10分後に分娩室へ、その10分後に産まれたという
超スピード安産さすが2人目!

あれ?父迎えに来たんですけど・・?と姉に聞いたら
「今帰ったよ」
なんだっつて〜〜〜!!!
んも〜〜〜携帯持ってないから連絡とれないし、どうしようなんていうから
迎えにきたんですけどお?!

あとから到着したMちゃんに「面会は朝6時からです」とつげると、
もっと「なんだって〜!!俺何しにきたんだ?」ですよね〜・・・。

ということで、検診できたつもりで実家に帰ってきたら産気付き、
大ママ不在の中あっという間に産まれました。
これまじでギリギリセーフだったんじゃないの?
K円寺で産気付いたらアウトでしょーよ?病院間に合わなかったらタクシーベイビーでしょーよ?
後で「いや〜あんたに携帯つながってよかったよ〜」と姉。でしょうよねえ。

なんて普段使わない体力と精神力を使ったマーメイ。
3日程風邪で寝込んだ

名前は真央ちゃんだそうです。


日本×台湾 

2007年12月15日(土) 0時20分
見ました?野球
台湾の台中で行われたオリンピック代表をかけたやつ。
いや〜熱くなったね。というか笑ったね。

日本×フィリピン こんなん勝って当たり前。
日本×韓国 ちょっとヒヤヒヤしたじゃん!韓国人応援団の「美女ダンスチーム」(勝ってに名づけた)
は将軍様と変わんないじゃんって思ったけど。。。よかった勝って。

で、問題の日本×台湾戦

まあ、我が家では試合始まる前から
「すいませ〜ん、日本がオリンピックいきますので〜」
とシャンフーに言っていた。
「ハイハイハイ」とのシャンフー。

そして試合開始。
もちろん開場は超アウェー。でも我が家は超ホーム。
が、しかし、先発投手イケメンダルビッシュの調子がいまいち・・・。
なんてなことしてたら台湾にホームラン打たれた
これにはシャンフー大盛り上がり
マーメイ・・・まずい。。。

でもその後日本の技能プレーでガンガン点を取り、見事逆転!
最後のほうはシャンフーテレビも見ず、パソコン向かっていじける始末。
すいませ〜ん、予告通り日本勝たせていただきました〜

後日台湾には「日本の選手ってイケメン!」と超人気だったようで・・・
そうなん?
さすが熱狂的〜

ナナ 

2007年12月02日(日) 22時19分
中国で飼っていた猫
さすがに日本にはつれてこれなかった。

最初は連れてこようと色々悩んだが、
条件も厳しく、飛行機や
免疫検査で成田に滞在・・・やはり怖がりやの彼女には厳しすぎた。
そして最終的に中国において行くことを決意した。

シャンフーは彼女がチッコイ頃から世話していただけに
とても辛い選択だったようだ。

私は基本的に台湾人、中国人のペットに対する考え方を信頼していない。
だからナナを引き取ってくれる人にはナナを最後まで家族として
見てくれる人である事をお願いした。

シャンフー色々あたっていたようだが、
最後にいい環境が見つかった。

すでに猫を2匹飼っている台湾人家族。
家も我が家より数倍広く、猫達のエサもトイレもちゃんとしていた。
そして「すでに2匹いるから1匹増えてもいいよ」と快くナナを受け入れてくれた。

受け渡しの日。シャンフーはナナのトイレやらオモチャやらエサやらを
全てこの家族の家に持っていった。
ナナは環境の変化、他の猫達に怯えて泣きっぱなし。
後ろ髪を引かれながらシャンフーはその家族にお願いした。

それから3日。水もエサも口にしなかったナナ。
耐え切れなかったシャンフーは「もう迎えにいく。そして日本につれてこう」
と私に言った。私も同意した。
でもその家族の人は「もう少し様子みよう」といって
シャンフーが家に来ることをしばらく止めた。

そしてその家族から朗報がきた。
「お宅のナナちゃん、したで。」
よかった!!もう大丈夫でしょ。
そして翌日
「エサたべたで。」

これで私達は安心した。

不在がちだったのでよく泣いていた我が家よりもお友達猫や子供達のいるその家のほうが
ナナにとっても幸せかもよ!と落ち込んでいるシャンフーを励まし、
彼の中で泣く泣くナナとさよならした。

最近になってシャンフーのパパとママがナナの様子を見に行ってくれたらしい。
「全く寄ってきませんが・・・」

辛い決断だったが本当によかった。

P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ma-mei
読者になる
台湾人的夫シャンフー                           
日本語学校へ通い久しぶりの学生生活を満喫中

日本人的妻マーメイ
私!久々の『毎天家事與工作』に悪戦苦闘中 
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 義弟の結婚式のつづき (2008年10月18日)
アイコン画像マーメイ
» シャンフー来日してました (2007年11月08日)
アイコン画像ゆりしん。
» シャンフー来日してました (2007年11月08日)
アイコン画像優心。
» お知らせ (2007年05月06日)
アイコン画像rice
» お知らせ (2007年05月06日)
アイコン画像マーメイより
» NANA (2007年01月24日)
アイコン画像優心。
» NANA (2007年01月22日)
アイコン画像megmeg
» NANA (2007年01月21日)
アイコン画像マーメイよりO君へ
» 温泉! (2006年12月12日)
アイコン画像うわさのO君
» 温泉! (2006年12月12日)