「歩こう会」1月例会

January 24 [Tue], 2017, 6:37
昨日(21日) 「歩いて巡拝知多四国」 12km歩いてきました。

そして・・・今日(22日) 「歩こう会」の例会日です。
下街道シリーズ 6回目? (坂下〜勝川駅) 約13kmに参加しました。

歩き始めて 常夜灯。


萬寿寺の境内をお借りして ストレッチ。



民家の庭に・・・見事な木(木の名前 忘れてしまいましたが)



台座の下から清水が湧き出ている 市内最古の「尻冷やし地蔵」








春日井市役所でお昼となりました。
ホールのベンチをお借りして そそくさとおにぎりを食べました。
ここは書聖 小野道風のゆかりの地です。


庚申寺


八幡神社に着きました。


境内の裏に・・・大相撲「春日野部屋」の稽古場がありました。
名古屋場所の折 激しい稽古が目の前で見られるそうです。


こんな街中で見られるとは・・・茅葺の家。


今日の終点 勝川駅の着きました。


今日も13km程 歩きました。
これで 今年になってから 日光道中完歩も含めて
100km歩いたことになりました。

歩くからこそ肌で感じる街道の面影・・・
元気で歩けることに 感謝です。


新年会を兼ねて?

January 23 [Mon], 2017, 21:10
「知多四国88カ所歩いて巡る」を兼ねて 仲間内の新年会をしました。
20日 常滑駅で途中下車。
焼き物の街 常滑を散策しました。
駅からメインロードに出ると・・・「とこなめ招き猫通り」です。


猫大好きの私には・・・
「健康長寿」

「安産」

「ペット守護・供養」

「旅行安全」

「縁結び」

「家内安全」

おっと・・・これは我が家の招き猫





まだまだ・・まだあったけれど 全部は載せきれません。

「やきもの散策道マップ」にそって 散策しました。
露地のような道が古い建物の間を縫っています。
今は使われなくなった煙突のある風景。


















陶芸工房 ギャラリー ガラス工房など 覗いては「目」の保養をしました。
陶芸好きの人にはたまらない街。
もう少し楽しみたかったけれど・・・
冷たいものが降って来て やむなく今夜の宿へと向かいました。











雪の降る日は・・・

January 15 [Sun], 2017, 20:08
この冬一番の寒波がやって来て・・・降りました。



この程度ならね。 
豪雪地域の皆さんのご苦労お察しいたします。 

こんな日は・・・
暖かいショッピングセンターで時間をつぶしたりすればいいのだろうけど
人混みで変なウイルスをもらっても困るし

出歩いて滑って転んで・・・も大変なので
おとなしく家で本でも読みましょう。

そんな訳でして 最近読み終えた本。

「冬の鷹」  吉村昭著


「解体新書」は日本初の西洋医学書で ターヘルアナトミアの翻訳書。
その翻訳に携わった 「前野良沢」 と「杉田玄白」 の対照的な人間像と
「解体新書」成立の過程を克明に再現した小説。

「ふぉん・しーぼるとのむすめ」上・下  吉村昭著
(写真は写したバズですが間違って消去してしまったようです)

鎖国日本の幕末 長崎出島で西洋医学を教えていた 「シーボルト」
丸山遊郭の遊女 「其扇」との間に生まれた 主人公 ”イネ” (楠本イネ)
の生涯を描いた。
イネはシーボルト門下の町医者から医学の基礎を学び 日本初の女性産科医と
なって行く。

今年も心に残る本をたくさん読みたいです・・・が
最近 視力が少々。。。。

街道歩き 「日光道中」 (6) 小金井宿〜宇都宮宿

January 13 [Fri], 2017, 10:45
日光道中も残すところ 20数キロとなりました。
同行の夫が 夕方からの「会議」に出席したいと申します。
帰路 宇都宮から我が家まで 東北・東海山陽新幹線を使っても 
5時間はかかります。
なので 今日も日の出前 6:15 宿を出発しました。
天気予報では西高東低の冬型の気圧配置 北風が強いと予想されました。
寒さ対策をしっかりして いざ・・・。

歩き始めてすぐ 小金井の一里塚

旧東海道や中山道は 一里塚がほとんど残存していたり表示がしっかりして
いましたが この日光道中はほとんどがわかり辛くなっていました。
そんな中 この小金井の一里塚は日光道中では珍しく東西両側に残っており
唯一 国の史跡になっています。

明けきらぬ中を 宇都宮宿に向かいます。


自治医大駅を過ぎると 左手雑木林の向こうに「男体山」「女峰山」の
日光連山が眺められました。

延々と続きます。


夕顔橋の10体の石仏





しばらく進むと 「鞘堂地蔵」
1380年小山・宇都宮合戦の折 戦死者の鞘を集めて埋め 地蔵を安置した。


右手 雀宮駅をみて進むと・・・
馬頭観音


雀宮神社


いよいよ 宇都宮宿に近づいてきました。
不動前の不動尊


上野本陣跡


日光道中 かなり駆け足で歩きとおしました。
ゴールの宇都宮駅に着きました。


70歳を過ぎてからの挑戦!
五街道中 三街道踏破。
ひとまずは・・・・ばんざーい!

歩き終えて・・・日光道中は。
これまで歩いた旧東海道 旧中山道には道中往時がしのばれる
建物や街並みが残っており それが街道歩きの楽しみでもあったのだが
日光道中はそういう楽しみが少なく 時代の波で致し方ないのであろうが
そういう意味で残念でした。
宿場ごとの行政の取り組み方なども鮮明に感じることができ
発見のひとつでした。


・・・さて 木の芽吹き 桜の花が咲く頃・・・
次なる街道歩きを想いながら 元気で冬を乗り越えたいと思っています。


街道歩き 「日光道中」 (5) 古河宿〜小金井宿

January 12 [Thu], 2017, 21:10
暖かかったお正月もすぎ やっと冬らしい気圧配置になってきました。
この冬最強の寒さがやってくるという予報です。
・・・が・・・予定より遅れていた「日光道中」街道歩きに出かけました。

最寄始発に乗っても 「古河駅」に着いたのは 10:37。
お天気は穏やかな上天気。
さあ・・・頑張って歩きましょう。







街の人と話しているうち 武家屋敷の名残があるから。。。と教えてもらって
ちょっと 寄り道。


今まで「旧東海道」 「中山道」を歩き終え この日光道中を歩いてみると
街道の面影の家並みや 本陣 脇本陣 一里塚 など遺構はほとんどなく
ただ 「案内本」に 本陣跡と示してあっても 普通の民家や商店になっていて
なかなか見つけることができませんでした。

塩滑地蔵




大谷石の産地に近く 大谷石造りの土蔵や塀がいい雰囲気を
醸し出しています。



素晴らしい長屋門のある民家





喜沢の追分の馬頭観音

冬の日がだいぶ西に傾いてきました。
あと4km程で今日の終点です。


喜沢の一里塚
ですが・・・何の説明もなく雑木林の中にありました。


「日光道中」なのに・・・「奥州道中」?
江戸 千住から宇都宮までの間は両道中が重複していた。 



17:15 暗くなりかけた頃 小金井駅に着きました。
今日の宿を探さねばなりませんが・・・小さな町なので・・・
不安がよぎりました。
もしなければ 「小山」まで電車で戻ってホテルを探そうと思っていましたが。
ダメもとで駅員の方に伺ってみましたら・・・
駅ロータリーの前に小さな旅館がありました。
ラッキー
近くのレストランで食事を済ませ 素泊まりで今夜の宿にありつけました。
ゆっくりお風呂につかり 早々に休みました。

朝10時半から 17時過ぎまで頑張って 26km歩きました。
よく頑張りました。





正常の暮らしに戻りました。

January 05 [Thu], 2017, 10:48
大晦日からお正月三が日 息子家族 娘夫婦と楽しい時間を過ごしました。
何とか4日間 ”おさんどん”を務めることができました。
そして この一年 穏やかに暮らしますようにと 見送りました。

いつもの静かな暮らしが戻って 寝具などの後片付けもすませ・・・

散歩がてら氏神様にお参りに行きました。








昨年は孫の中学受験があり 幾度となく合格祈願に訪れました。
お蔭で 無事希望校に合格できました。
遅ればせながら 「おかげさまで ありがとうございました」・・・と。

我が家から往復約4kmのこの氏神様 ウォーキングにはちょうどいい距離です。
出来れば週に何回か 歩くといいなぁ・・・と思っています。




2017年 スタート

January 03 [Tue], 2017, 9:22
新年あけまして おめでとう ございます

年末からやって来た息子家族と賑やかに年越しをしました。

春のように暖かい穏やかなお正月。

毎年同じことを言っていますが…今年も。
歩く 登る 耕す 読む 
私のライフワークを粛々と こなしながら 
つつましく 穏やかに・・・

でも 忍び寄る 「老い」との戦いには果敢に挑んでいきたいと

そんなことを想いながら 新しい年が始まりました。

海外に目を向ければ 新年早々トルコではナイトクラブでの銃が乱射され
多くの犠牲者が出たという おぞましい事件が起こっています。
アメリカの次期大統領が就任すれば 日本にもどんな影響あるのか
読みにくい世界情勢。

我が家だけでなく 平和な一年でありますように願わずにはいられません。

さて・・・午後からやってくる娘夫婦。
お酒の飲めない婿殿の好物を作る準備をいたしましょう。

今年もよろしくお願いいたします。

障子の張り替え

December 26 [Mon], 2016, 15:22
昔 60数年前の子供のころ・・・年末の大掃除は大変でした。
家じゅうの畳は全部庭にだし(その畳が重かった) 陽に干し 
箒に棒をつけてすす払い 
障子の張り替え(障子の桟は細かくて 洗うのも手間がかかった)

6人兄弟 兄の指揮のもと家族全員でやったものです。
そんな昔のことを思い出しながら・・・

年の瀬も迫り 一間だけある和室の障子の張り替えをしました。

古い紙を破り取り 桟をぬらしてのりをきれいにふき取って
外にだし乾かして・・・
夫に手伝ってもらって 新しい障子紙を貼りました。

さて・・・今朝 のりも乾いたのではみ出している余分なところをカッターで
切っていたら。。。。思わぬ「お手伝い・・・


トムが・・・一瞬の隙でした。



隠れている子 だーれだ。


ボクもお手伝いしたかったんだよね。


とんだ手間のかかった障子張りでしたが 霧を吹きかけて乾いたら
ぴーんと張って 綺麗になりました。
張り替えた時から 花のモチーフで飾られましたが・・・


今年もあとわずか。
お正月には子供たち 孫がやって来ます。
風邪をひかないように年末を過ごしたいです。

街道歩き 「日光道中」(4) 今市宿〜宇都宮宿

December 22 [Thu], 2016, 20:15
20日 昨夜は宿で・・・夕飯を済ませお風呂に入ったらすることもなく
テレビを見ながら 8時ごろ寝てしまいました。
朝4:00目覚め 簡単に朝食  5:30出発しました。
外はまだ真っ暗の中・・・

例幣使街道と日光街道の追分にある 「追分地蔵尊」
お地蔵様に今日も元気で歩けますようにとお願いしました。


すぐ 杉並木に入り 懐中電灯で足元を照らしながら進みました。
街道は国道に沿っていますが 杉並木道は分かれているので安全に
歩くことができ 助かりました。

しらじらと夜が明けてきました。
今日も延々と続く杉並木を黙々と歩きます。


八坂神社 道端の小さな神社


杉並木がほんの少しとだえ 登校する小学生や中学生にあいさつを交わしながら。
大沢の宿のようですが 度重なる大火のため 往時の面影は全くありません。

松平正綱が建てた 「杉並木寄進碑」


上小池の一里塚  六本木の一里塚を過ぎ


このあたり 杉並木は桜並木と変わり 春桜の咲く頃はいいだろうなぁ・・・

十九夜塔(道祖神)





智賀津神社の大ケヤキ


このあたり 上徳次郎宿ですが街道の趣きはありませんが
大谷石の産地らしく 大谷石作りの蔵や大谷石のブロック塀が味わいのある
雰囲気を醸し出していました。


中徳次郎宿 下徳次郎宿もすぎ 

第六接合井(?)

今市浄水場から戸祭配水場まで26km 標高差240mを下る水の水圧を
下げるため標高差30mごとに設けた圧量調整施設。。。だそうです。

高谷林の一里塚   江戸から29番目の一里塚


このあたりから宇都宮宿に近くなり 市街地になってきました。
今回最後の一里塚 「上戸祭の一里塚」


早朝から歩いたおかげで 12:30 今日の目的地に着きました。
宇都宮駅12:58の新幹線に乗ることができ 車内でゆっくりお弁当を食べながら
帰途に着きました。



街道歩き 「日光道中」 (3)  日光 鉢石宿〜今市宿

December 21 [Wed], 2016, 20:17
年内に歩き終える予定だった 「日光道中」街道歩き。
いろいろあって 延び延びになっていましたが・・・やっと条件がそろい出かけました。

この街道はとにかく我が家から遠い。
スタート地点に着くまでに時間がかかります。

第1回目は日本橋から栗橋まで歩いたので 今度は栗橋からスタートするべきですが
歩く距離と宿の関係で今回は 日光から宇都宮を歩くことにしました。

19日 始発電車(5:59)に乗り 多治見 名古屋 東京 宇都宮で乗り換え
日光に着いたのは 11:27。


男体山が少し雪を纏って出迎えてくれました。


日光道中終点  鉢石宿 神橋
 
せっかくなので 東照宮にお参りをしていくことにしました。

平成の大修理中の東照宮 いたるところ工事壁で囲まれて
工事が行われていました。


見学通路で7階まで登って 工事中の見学ができるようになっていました。
屋根の修理の様子。

有名な「三猿」も取り外され レプリカが埋め込まれていました。
私 「せっかく訪れたのにね。」
夫 「めったに見られない修理の様子を見ることができて良かったじゃないの」・・・と。
・・・まぁね。









「眠り猫」をくぐって ながーい石段を登ると 家康の墓。
「御宝塔」 静かな奥の院で眠っておられました。

「人の一生は 重荷を背負って遠き道を行くが如し 急ぐべからず」
                                徳川家康

さて・・・家康は 「急ぐべからず」 と言われましたが今日は「今市宿」まで
歩かねばなりません。
夕闇も早く訪れる季節 先を急ぎます。
鉢石宿を後にしてすぐ 日光杉並木が始まりました。
家康公の忠臣 松平正綱が20年余りの歳月をかけ植えたと言われ
樹齢370年から380年の巨大な杉並木が延々と続いています。

三又杉  銀杏杉 並木太郎 砲弾打込み杉・・・などなど。

杉並木を2時間近く歩いたでしょうか。
やっと今市の街に着きました。


さて 今夜の宿を探さねばなりません。
事前に3軒のビジネスホテルなどリストアップしていたので
予約の電話をいれると・・・2軒は満室 1軒はなんと廃業。

や・やばい!
さてとどうしたものか。
東海道を歩いた時も 中山道の時もこのようなスタイルで宿に
ありついていたのに・・・初めてのピンチ。
そうだぁ・・・
今日は月曜日 市の観光協会に問い合わせることを思いつき
教えていただいたビジネスホテルに泊まることができました。(ホッ・・・)

もし 宿が見つからなかったら 私たちどうしたことでしょう。
夜通しあの杉並木を歩いていたかも クワバラ・クワバラ。。。

年末にしては暖かい穏やかなお天気に恵まれ 何とか一日目を歩きました。
恒例の万歩計は・・・歩行距離 およそ16km





2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像まあちゃん
» 松茸 まつたけ マツタケ 松茸・・・ (2016年10月17日)
アイコン画像ちこ
» 松茸 まつたけ マツタケ 松茸・・・ (2016年10月16日)
アイコン画像まあちゃん
» 御嶽山 噴火 (2014年10月13日)
アイコン画像GG−
» 御嶽山 噴火 (2014年10月12日)
アイコン画像まあちゃん
»  旧東海道街道歩き(1) 日本橋〜鶴見 (2014年10月06日)
アイコン画像Chuck
»  旧東海道街道歩き(1) 日本橋〜鶴見 (2014年10月04日)
アイコン画像まあちゃん
» 朝夕涼しくなりました (2014年09月17日)
アイコン画像GG−
» 朝夕涼しくなりました (2014年09月16日)
アイコン画像まあちゃん
» いい加減に・・・ (2014年09月06日)
アイコン画像Chuck
» いい加減に・・・ (2014年09月06日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まあちゃん
  • アイコン画像 誕生日:10月23日
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ma-chan7/index1_0.rdf