さよならカルガリー、Good-bye Calgary

January 11 [Fri], 2013, 2:13
2013年、明けましておめでとうございます。
と言うわけで、ワタクシみきぽんはCalgaryを去りましたー。
お世話になった皆様、及び、ご迷惑をおかけした皆様、これを読んでいましたら今まで本当にありがとうございました

イロイロあったこの7年でございました。
まるで茶番劇の様・・・。
私の人生いつからこんな風になってしまったんだろうと一時期は本気で悩みました。
ちょっと所変われば品変わるでは収めきれない感すらあります。

と言うわけで、これから日本へ帰る方も、Calgaryで一時滞在、もちっと滞在、もしくは一生を過ごされる方も、今年が素晴らしく、また、かけがえのない一年となります様に★

最後になりましたが、このブログも今回で終わりにしたいと思います。
それではバイなら

恐るべし日本のコンビニ

January 03 [Thu], 2013, 19:32
現在東京なり。
今日の夕飯は何にしようと入ったコンビニで目にとまったコンビニパスタ。
しかも生タイプ。
小さい頃に食べて、もう茹で上がって更にチンしたあのパスタのふやけ具合がまずいと感じてからずっと食べてないのですが、今回ミョーに美味しそうに見えて、試しに買ってみました。
しかも長年の不信感から疑い深くなっており、思わず店員さんに聞いてみた。
「これ、美味しいですかね?」
考えてみたら店員さんにそんな事を聞く客の方が日本では珍しいというもの。
しかも東京だし。
でも駄目元で聞いてみるもんですね。
店員さんも私のコンビニパスタの不信感たるものを理解してくれた様で、「パスタはなかなかねぇ。あれですよね?何て言うの?あれなのよねぇ。あ、でも、これは評判が良いですよ。」とのご返答をいただきました。
さすが日本人同士。
何となく”あれ”で分かってしまう。
”気”がする。

うーむ。
やっぱり見た目からしてこれは美味しいだろうと食い意地だけは張っている私の感が騒ぐ。
と言うわけで、意を決して買ってみた。
その結果は・・・。
メチャクチャ旨いじゃないの
私のCalgaryでお気に入りの一つだったLa VienaのコシのあるLinguineよりもっとコシがありBINGO★
つーか、La Vienaがコンビニパスタに負けてしまった感さえある。
恐るべし日本のコンビニ・・・。
万歳日本のコンビニ!

Nine Coffee

December 17 [Mon], 2012, 2:54
ちょいと野暮用でInglewoodへ行ってきました。
Inglewood、むかーしむかし知り合いの人からアンティークショップが良いんだよね〜、あのエリアと聞いていたけど、あんまり物を増やしたくない(ただでさえ多いのに)、西洋風になるべくそまりたくない頑固もんの私は、そこまでアンティークに嵌っていませんでした。※でも日本の骨董屋巡りは好き★

計7年もカルガリーに居ついていながら滅多に足を運ぶ事の無かったInglewood。
Bow Tr. eastからダウンタウンをすりぬけいざ9th Avenueへ。
より錆ついた感じのKensington、17th Ave.といった所か。
でも興味をそそるカフェもいくつか点在しておりました。
さっそく一軒入ってみる事に・・・。
Nine Coffee。※写真を撮ってないのでUrbanspoonのデータを代用。
まぁ、巷の評価はピンきりといった所でしょうか。

カウンターに座り、そこから丸見えのキッチンや料理を作るプロセスなど眺めていると(正直な所)別にこれといって一般家庭で使っていない材料やこだわりある風な食材を使っている訳でも無さそうでした。
ぶっちゃけ自分でも作れそう(しかも安くすむ)と思うような至ってフツーのBreakfast & lunchメニュー。
ただしエスプレッソの味が他とは違っていた気がする。
何かこうもっとナチュラルにこげくさいと言うか・・・。
もしかして自家焙煎しちゃった?
みたいな(笑)。
ちなみに私が頼んだのはカプチーノで、Calgary Farmer's Marketに入っているFratello Coffee Roastersのエスプレッソと同じかそれ以上のコーヒー豆の煎った香・味が出ていました。
これは結構クセになるかも☆

また、ちょっと隠れ家的な雰囲気もあり。
それから店の奥には雑貨コーナーが設置してあり、ちょっと友達とのお喋りに疲れて間を開けたい時に/トイレへ行ったついでにちら見したくなる空間です。

あ、あとね、ここで働いている白人の姉ちゃんがべっぴんさんだったよ(笑)。
金髪・青目の白人やハーフのエキゾチックさではなく、白人が意図的にオリエンタルにしました的な美女でした。

懺悔

October 15 [Mon], 2012, 13:31
もう帰るんで白状してしまいます。※時効だ。

大学の授業の一環としてCanmoreで行われたカナディアンフォトグラファーEdward Burtynskyのプレゼンに行った時の事。
まだカナディアンという国民性がいまいち分かっていなかった時の事。※いや、今でもようわからん。
周りのカナディアンの観客達が目をキラキラ輝かせ、鼻をフンフンさせながら、まるで悟りの境地にでも達したかの様なE.B氏の話に耳を傾けていた時の事。
実は思いっきり爆睡してましたー
しかも頭かっくんかっくんさせながら。

いや、だって彼らの「我らがE.B、お前こそ真のカナディアンだー!」みたいなナンチャッテ愛国心の熱気が超うざく、またE.B氏の話し方がα波かもしだしすぎてて眠気を誘ったのよ〜。
この話は口が裂けてもカナディアンには言えませぬ。

しかし一番まいったのは、そのプレゼンのレポートを授業で提出しなければいけなかった事!
何せ眠っていたから覚えている所か何にも聞いてない。
一瞬カナディアンの(うざ)熱気の事を書きかけたが、さすがにカナディアンアタックを懸念してやめた。
代わりに、これでもかと言う位に褒め契っておきました。
いやぁ、あの時最後列に座っててホント良かった〜。

Tim Hortons

October 15 [Mon], 2012, 2:31
ヤバイ!
色んな事に集中せなあかんのにマジ集中できんわぁ。
またCanmoreも、さすがに最近は飽きてきた・・・。

と言うわけで、みきぽんのカナダライフ@カルガリーの時間もそろそろ残り少なくなりました。
さすがに最後位は楽しもうと、独り(居)場所探索に繰り出してみた。
カナダのカフェと言えば、まず真っ先に思い浮かべるのはTim Hortons。
まぁ、筆頭株主やら親会社など、もろもろを突き詰めると実質上アメリカンではあるが、そういったカナディアンのアイデンティティーとプライドを揺るがしてしまう激しい突っ込みは置いといてと。

今、Timでは小サイズのラテ/モカ/フレンチバニラが1$で飲めちゃう何ともありがたいキャンペーンを実施しています。
またラテは、私的にそこら辺の某カフェで飲むラテと比べても全然妥協しなくていいレベルに思います。
むしろExpressoのクセも強くなくて好ましいほど。
そんな訳で結構お気になのです♪

さて、このTim Hortons何店舗位カルガリーにあるんだろうとYellow Pageで検索してみたら、ざっと20店舗以上出てきました。
また、これに載ってない給油所のコンビニ/ドライブスルーを入れたらもっと在るのではないでしょうか。
と言うわけで、カナダライフの記念&ネタ作りにこのTim全店を周ってみようと決意だけ決意(笑)。
そして選ぶのはもちSmiley faceの浮かぶラテ☆
ちなみにこのSmiley face、たまに面倒くさがって付けてくれない時もある。
つーか、そっちの方が多い。
いっちゃん最初に飲んだとある店舗では、それはもう美しく濃くSmiley faceが乗っかっていて勝手にその店員さんの真心を感じた気がして嬉しかった(加えて味も良かった)が時間が経てばそんな話もどこへやら。
つーか、最初からSmiley faceなど存在しないかの如くラテを出してくる店舗の何と多い事か!

ちなみにフレンチバニラとモカは、まだ試した事がありません。
フレンチバニラは甘そうな気がするのと、あんまりチョコレートの入ったモカの気分にならない故である。

帰国準備

September 24 [Mon], 2012, 9:00
と言うわけで、カナダ脱出決定〜。
めっちゃ嬉しい!
まだ少し先ですが、7年も(思いがけず)ここに居たんで、ぼちぼちと今から荷造りしてかんとって感じ。
あんな事さえこんな事さえ無ければ、ここまで長居する事も金もエネルギーも無駄にする事は無かっただろう。
ついでに健康まで害する事も無かっただろう。
しかも遭ってはいけない筈の犯罪でな。
ああ、思い出せば思い出すほど腹が立つ。

この先どこへ行くにしても、次の所ではポジティブにExposeしたいと思える所であって欲しい。
そう切に願う今日この頃。






リアル?

July 28 [Sat], 2012, 9:50
造花かと思いきや。

妙に生々しい触感が。
どうやら本物だったらしい。
葉っぱが嘘くさいと思ったんだけど・・・。

今週の“そっと活(いけ)”。
前回同様、もちっと長く切ってくれば良かったなぁ。

またもやCanmoreに出没

July 18 [Wed], 2012, 14:08
・・・って私がね。
熊じゃないよ。

前回ランチの時間帯を逃してしまったブラジリアンBBQGauchoへ日を置いてリベンジ。
ちなみにカルガリーに支店(本店?)も在りまする。
100-5920 Macleod Tr. SW T2H 0K2
(403) 454-9119
info@brazilianbbq.ca


3年前に一時帰国した際、東京の友達と一緒に行った丸の内ビル6階バルバッコアクラシコ以来のブラジリアンBBQなり。
何と言っても魅力はサラダバー付きBBQ食べ放題。※ドリンク&デザートは別だよん。

丸の内の方が値段も倍以上して種類もうんと有りましたが、ここのブラジリアンBBQはランチタイム一人=16、7$くらいでサラダバー付き、ライスとパン勝手に盛り放題でもって運ばれてくるお肉はもちろん食べ放題。

この年になって、やっとビュッフェの取り方を心得てきたの図。
いままで食い意地が先行して元取らなあかんとばかり盛り付けてしまっていましたが、さすがに学びましたねぇ。
腹も身の内
まずサンプルを持ってきて最も食べたい物を限りある胃のスペースに限りなく詰め込むべし。
ちなみに個人的にヒットしたのはケーンの酢漬けと豆とパプリカのさっぱりサラダ、それからチキンのトマトクリーム煮込みでした。
特にトマチキ、ちょいと洋風がかったバタチキ(バターチキンね)みたいでガチうまっ!
思わず2回もおかわりしてしまった。
おまけに、そこまで暴露していいんかえ店員さんと、こっちが申し訳なるくらい材料と作り方を事こまかーく伝授してくれた笑顔のステキなお兄さんに感謝。
と言うわけで、よっしゃー、今度は自作するぜと意気込む私であった。

やっぱり気分は肉・肉・肉
肉食女子と呼ぶに相応しくない肉食猛獣みきぽんの華麗なるストラテジー。
とにかく気分であるビーフを最優先。
やや赤みの残るミディアムレア。
切っている間じんわりと肉汁を染み出してくる危険なあいつがターゲット。
もちろん胃のスペースも整えて。
それと同時に周りを確保、守備を固めます。
んでもってガオー
きちんと犠牲になったアニマルに手を合わせて頂きましょう。

上のカードを使って肉を持ってくるサーバーさんに意思を伝えます。

ここは大勢で来ると楽しいかもしれん。

まいわぁるど

July 11 [Wed], 2012, 12:46
いつも家の中は自分が最も心地良く居られる空間にしようと心掛けています。
そうこうしている内に部屋のインテリアが無難な自然色で落ち着いてゆく。
うーん、さすがにベージュやらモノトーンばかりだと味気無いなぁ。
ってな訳で、ちょうどフレンチマスタードの瓶も空いた事だし、そこら辺で摘んできた花を入れて飾ってみた☆
ちなみに、そこら辺とは人の家から盗んできた物では(もちろん)無い、あしからず・・・。※みきぽんはドロさんではありません。

そして結局ナチュラルカラーに落ち着いてしまうのだった。

戻ってきちまった・・・

July 11 [Wed], 2012, 8:57
先日カルガリーに戻ってき(ちまい)ました。
短くて、やっぱり短い日本の一時帰国!
でも元気をいっぱい作れた様な気がします★

下の写真は空港で話のネタに飲んだ白熊ガラナ。
味はガラナ、見た目はソーダ。

そして例の如く友人と懐かしの乙女会♪
お土産に頂いたのは、かれこれ云年ぶりのManuel Latruweのデニッシュ☆
左からPain au chocolat、ブルーベリー(たぶん)、バニラ。
どれも美味しかったですが、特に私はバニラが気に入りました。

お酒とおつまみと乙女のお喋りに花が咲いた本日の午後。※まだ喋り足りない位だよね〜。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みきぽん
  • アイコン画像 趣味:
    ・COOKING, EAT-OUT------作るのも食べるのも大好き。なので、いつまでたっても痩せません。美味しい物を食べると幸せを感じる女30代。
    ・TRAVEL, INTER'L RELAITONS------人との新しい繋がりに目覚め中。やっぱり人間は社会的動物である?!
    ・ART, READING, MUSIC, SPORTS, DOG------わりと好奇心旺盛。ときたまホットヨガ、衝動的におさんぽ、夏は山登りを楽しんでいます。さいきん武道が復活中。動物並みのウェザーセンシティブ。いつかナマズと研究されるかも?!
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31