期日前投票

August 27 [Thu], 2009, 21:57
 本日は期日前投票に行ってきました。
場所は、仙台市青葉区役所、始めて利用してみたけれども、
かなり多くの人が投票に来ておりましたので、今回の衆議院議員選挙には
皆様が相当に興味を持っているのだという事をつくづく感じて帰ってきました。

 最近の国内の政治経済に関しての不安な現状は、一言では言い表せない
ような事態にまでなってきておりますので、この機会を捉えて、政権交代に繋
げていきたいと言う期待感で盛り上がっている表れではないかと思っております。

 日本の政治や経済を不安定にさせた一番大きな要因の一つが、巨額な財政
赤字、一説には国と地方を併せて820兆円を越し、毎年その額が増える一方に
なっているのが残念ながらの状況です。

 この状況は、歴代の政権が、安易な景気対策を行ってきた結果招いた事態
でありますが、一言で纏めてみろと、バブル経済の破綻処理を甘く見過ぎて、
垂れ流し状態のまま予算を計上し、どんどん箱物等を作って、そのうちにまた
景気が回復して、今までと同じような経済状況に戻って行くだろうと言う甘い計
画の基に進められた経済対策の結果、現在の大きな債務超過を招く原因に繋
がってしまったと考えております。
 一時的には、景気も回復していい流れとなっておりましたが、財政赤字が異常
に膨れあがり、銀行や証券会社、保険会社等の金融機関も次々に倒産して、大
きな金融不安、信用不安を産むようになったのは、ほんのつい最近の事です。

 この非常事態に陥った時、小泉さんが郵政民営化を旗頭に、財政再建、経済
社会の構造改革を唱えて、選挙に臨んだのは4年前、見事に自民党の圧勝に
終わりましたが、その構造改革もいつの間にか、貧富を産む格差社会を招いた
だとか、タクシー業界に代表される新規参入等の規制緩和が、逆に業界の反発
を招いたり、郊外に大規模なショッピングモールを建造して、そこを中心に新しい
街作りを押し進めてきたのはいいけれどもも、逆に地方都市の商店街の空洞化
を招いてしまって、規制緩和よりも逆に強化を求められるようになってしまった
と言う現実の社会背景を生じるようになってしまいました。

 構造改革や財政再建の基、一時は、赤字国債の発行も大きく減っていき、順調
に見えたこの改革も昨年の9月、リーマンショックを契機にした未曾有の不景気が
世界中に波及した結果、日本国内も大変な不況に見まわれて、苦しい痛みを伴う
今回の構造改革は、現在の麻生内閣のもと、事実上の中止に追いやられた経緯
があります。

 今回の景気対策は史上例を見ない80兆円の及ぶ大きな景気対策が取られて
今度の4〜6月期の経済指標が、年利率にして3.7%の経済成長率を達成した
と政府は発表しておりますが、今回の景気対策の為の予算の半分以上を赤字国
債に依存しており、歴代内閣が採ってきたばらまき予算と変わらない、一時的な
景気対策以外何物でもないという危惧意識を抱かざるを得ません。

 借金をして大きな予算を組んだのはいいが、来年になって大幅な景気回復が
実現していなければ、更に大きな国の借金を抱えるだけで、来年度から、更に
厳しい予算編成を行わなければならない事態に陥ると考えざるを得ません。

 今度の選挙の争点は、年金・医療・介護、教育・子育て・少子化対策、経済対策
等が上げられておりますが、今回の民主党の政策も、政権交代を焦るばかりに
やたらと人気取りの政策に偏っていないでもないので、せっかくの政策が、単なる
バラマキに終わって、肝心の財政再建を怠ってしまったのでは、また、大きな批判
を招きかけない事を十分に理解して、今回の選挙の世論調査では、民主党の圧勝
が伝えられている中、政権を執った後は、くれぐれも日本国の国益を中心に考えて、
政策の立案、執行を願うものであります。

 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:m_tousei
読者になる
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像まりも
» マニフェスト (2009年08月07日)
アイコン画像
» 裁判員制度について (2009年07月31日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/m_tousei/index1_0.rdf