最後の贈り物 

2010年12月26日(日) 14時32分
彼と知り合って

彼と付き合うようになって

たいした贈り物はしたことないけど

それでも離れてて

いつも彼の事を想って

送るものを考える。



幸せな時間。



それももう最後。



もう別れたのだから

彼に迷惑になるものは送れない。

でも今でも愛してるから

彼の今の状況を心配してしまうわけで

最後だから・・・いいよね?



日持ちするもの

後に残らないもの



昨日からずっと考えて決めた。



最後の贈り物。

コール 

2010年12月25日(土) 17時15分
突然電話が鳴った。

彼からのコール。

いろんな想いが頭を廻って

でも自分の反応の良さにびっくりする。



もしもし、どした?



ゲーム画面を見ろと言われ

慌てて見ると

そこに彼の姿。



しばらくは彼と関わることないと思ってた。

うれしい?

うれしくない?

複雑・・・。



でもTくんに言わせると

すごくうれしそうでテンション下がったって。



そうかな。

思い知らされる。

いろんな事を。



でもやっぱりうれしいのかもな。



別れた早々

とんでもない事態。

お金を返してもらった直後に

ピンチ。



だいじょぶかな。

でも心配されるのももう嫌だろうな。



少し一緒にゲームして

あとでまたと消えて行った。



そっか

私に連絡したかったというより

Tくんにか。



うん、納得。

忘れられない日 

2010年12月25日(土) 11時58分
昨日、彼にお金を返してもらった。

まだ確認はできてないのだけど

帰宅した彼と繋がって

夜まで言葉少なに過ごす。



彼が寝る時

それが最後の時。

最後だから一緒に寝て欲しい

そうお願いすることはできなかった。



笑ってさよならする

そう決めてたから。



最後くらい

いっぱいありがとうを言いたかった。

泣かずにね。



でもダメだった。

ダメ人間。



ありがとう。

こんな私を全力で愛してくれて。

思いあがりかもしれないけど

彼の私への愛は

彼が今まで知り合った誰よりも

大きくて深かったと思う。

私の彼への愛も同じくね。



きっとこの先

彼は誰かを心から愛する。

私以上に。

寂しいけど、そういうもの。



苦しかった分

とても幸せだった。

ありがと。



忘れられない日がまたひとつ・・・

父の背中 

2010年12月23日(木) 21時25分
祝日。

休みの父が病室にいた。



母さんに聞いたことがある。

私と彼との事を反対して

私を殴った父が

私と彼との別れを知って

一人泣いていたと。



だいじょぶ。

親父のせいじゃないんだよ。

全部自分のせいなんだ。

苦しめてごめん。



そしてそんな父の背中が

母さんのそばで泣いてた。



ずっと離れて暮らしてて

それでもずっと愛し続けた人が

もうすぐ消えていなくなってしまう。

どんな気持ちなのだろう。



生きててくれたらそれでいい

どこかで幸せでいてくれたら

今の私だったら

少しだけ理解できる気がする。



もうすぐまた

苦しめてしまう。

親不孝者でごめんな。

もとどおり 

2010年12月22日(水) 12時06分
一度壊れたものは

もとにはもどらない。



どんなに頑張っても

もとにはもどらない。



でも形を変えて

前よりも輝ける時はくる。



そんな事もあるんだって思う。



でもあの二人は無理なのかな。

彼がそれを望んでも

彼女がそれを望んでない。



もう
そっとしておいて欲しい。

彼女はそう言った。



消化できないものが多すぎる。

その消化できないものが

彼自身の事だったら

彼が変わることによって消化できるのに

彼を取り巻く環境にある。

縁を切る事のできない・・・ね。



彼女には

クリスマスに一緒に過ごす相手がいる。

彼女の想いを知ってて

ずっと彼女を支えてくれる人。



彼女はきっと

小さな頃からたくさんの愛情を注がれて

大切に育てられてきたんだね。

だから彼ではダメなのかも。



彼もそれに気がついているのかも・・・



彼が言った。

あの時なぜ別れたんだろう

私のせいなのかもね。



ごめんね。

たまり場 

2010年12月21日(火) 19時43分
今日、病院で言われた。

覚悟してたこと。

これでやっと楽になれるかな?




大好きな人のそばで

ずっと笑顔でいられますように。




そこはきっと

素敵なたまり場。




あとから私も行くよ。

そして一緒に笑おう。




少し疲れて

少し泣いて

でも触れた手は暖かくて

またいつか話そう。



たまり場で。

最後にできること 

2010年12月20日(月) 7時48分
だんだんと

笑えなくなる自分がいる。



笑わないと

笑うって約束したじゃん。



そう自分に言い聞かせても

笑えない自分がいる。



そして彼に八つ当たり。



それでも最後の日は笑おう。

涙が流れても

鼻水垂れ流しでも

最後の日は笑おう。



それがきっと

私にできる最後の事。

それがきっと

彼への最後のプレゼント。

メール 

2010年12月13日(月) 19時53分
ちゃんと伝えてくれた?



そうメールが届く。



彼に聞くと

言われた通りにしてるらしい。



何が不満?

そんなに嫌?



それともハメられてる?w



もう何も信じる事ができない自分がいた。



実は今でも連絡取り合ってて

二人して私を騙してる?



もう終わってしまうのに

騙して楽しい?



人を信じる事ができないって

こんなに辛いんだね。



昔の自分は

信じる事ができない人間だった。

でもそれが平気だった。

冷たい人間と言われたけど

何も感じなかった。



戻りたい

戻りたい?

それでも彼を愛してるこの気持ちは

なくしたくない。



大切な宝物だから。

突然の電話 

2010年12月01日(水) 2時47分
元カノさんからの突然の電話。



元気?



元気だよ。

そっちは?



彼とはうまくいってる?



そんな会話。



しばらく彼の悪口の言い合い(笑)

とんでもないヤツだとか

女にだらしないとか

人間のクズだとかw



そしたら元カノさんが言った。

職場で私の視界に入るなと言ってって・・・

できればシフトかぶらないようにしてって・・・



できるわけないよね。

一度は愛した人なのに

そこまで言わなくても・・・



了解って言って電話を切って

そのあとしばらくして次はメール。

彼にメールしたらしい。

もう二度と連絡しないって言ってたじゃん。

何がしたいんだろ・・・



電話して真意を問うと

彼が勘違いすると面倒だからって

今でも好きで苦しんでると思われると嫌だからって

もう彼の事なんとも思ってないから安心してって



だったら尚更

彼の事を振り回すのをやめてほしいって言った。

連絡することで彼は期待してしまうかもしれない。

まだ好きだけど頑張ってるみたいな・・・



それを言うと元カノさんは笑った。

思いあがり、自意識過剰。

たまに連絡してみて反応を楽しもうとか

そういうのもういいから。



私と彼はもう元には戻れないんだよ。

だからせめて

彼には新しい幸せを。

そう願うのはいけないことなのかな。



それでもまだ

元カノさんは彼の事を好きなんじゃないかなって

そう想うんだよね。



バカかな・・・

友達に言わせるとかなりのバカらしいけど

これが自分。



嘘はつきたくない。

相手を信じたい。

バカでいい。



そう想わせてくれたのは彼。

離れてて辛くても信じていよう。

人間だから疑うこともいっぱいある。

でも最期は信じよう。



ほんとは心から思ってる。

出会えてよかった。

ありがと。

ありがとう 

2010年11月10日(水) 0時24分
生まれてきてくれて。



毎年想う。

彼のご両親に感謝。



人を愛することの苦しみ。

喜び。

自分の弱さ。

想いの強さ。



彼が生まれてきてくれたから

彼をこの世に送り出してくれたから

今の自分がいる。



だからありがとう。