私は歯が悪い 

2009年03月20日(金) 11時25分
私がこのブログを始めようと思ったのは、自分がどんな人間なのか

あらためて考えて見たかったからだ

このブログには、その日に自分で自分について感じたこと

それから私の周りの人々について書き込んで行こうと思っています。

まず、第1回目は私の「歯」についてです。

思い返すと、昔子供だったころ私は「みそっぱ」だった気がします。

要するに虫歯で乳歯がぼろぼろだったのです。

そこから私は、歯医者に通い続けるわけですが、昔のことで覚えているのは

歯医者の治療のあまりの恐怖に医者の指に噛み付いたという記憶です。

先生の指から血が流れていたのを今でも覚えています。

その後大人になっても、当然歯医者との縁は切れず

あちこちの歯医者に通い、結婚してからはM歯科医院に

通い続けました。先生もやさしく気に入って通っていましたが

ここ数年なぜなのかM歯科医院は患者が少なくなり

私も先生の私の歯に対するやる気を感じることが出来なくなり

医者を変えることにしました。

そこから又大変で何軒か私の気に入った歯医者を探して

彷徨いました。ある医者は、ほとんど患者と話をせず、すべて

看護婦に伝言して説明させ、自分はパソコンに治療の進行を

入力する事が仕事とばかりに、いつも治療以外で背を向けているという

変な歯医者に巡り合ったり

歯医者と言ってもいろいろ病院の方針があるものだと実感しました。

ようやく辿り着いた今のY歯科医院はとにかく先生がメチャンコやさしい

看護婦さんもみんな親切でかなり気に入っています。

ただ私以外の人々も同じ感想らしく

1ヶ月に2回ほどしか予約が取れないのが辛いところです。

私は親切で私の「歯」にやる気を持ってくれている

先生を信じてもう1年ほど通い続けている

やる気があるので、あっちもこっちも直したくなるようなのだ

この際先生の言われたとおり通ってみようと思っているが

最近ではさすがに、なんだか自分の「歯」のダメ駄目具合に

悲しい気持ちになってきている

いくら子供の頃からとは言っても、こんなに大事な「歯」を軽んじてきた

自分が憎らしいと思う。

誰を恨むわけにも行かないので、

今後も歯医者に通い続けなくてはいけないだろう

たぶん来年の今頃も普通にY歯科医院に通っているのだろう

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:m_mlove
読者になる
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる