第一日 

March 29 [Wed], 2006, 16:29
山中湖に家族で旅行に行き、妹2人と話していて気付きました。
自分は会話に参加していないと。
理由は簡単。すぐ下の妹が苦手でだからです。
何か言うと馬鹿にされるので、黙っているに限ります。

友人関係においても波長が合わない」と思った人には、
私は思い切りシャッターを下ろす傾向
があります。
しかも、一瞬でも「いかん。」と思うと、即。
その容赦なさは、3時の銀行窓口のようです。

「合わない」人と会話しなければならないハメになると、
一刻も早くこの場から逃げ去りたい、といつでも思います。

たとえば、@友だち+A友だちの友だち+B私 の3人で
おっかけ旅行をし、同じホテルの同じ部屋に泊まったとします。
風呂に入る時間になります。当然一人ずつ入りますので、
どうしてもA友だちの友だち&B私 が取り残される
状況が生まれてしまいます。で、その人とは何かちょっと
共通点もノリも合わなそうだしなあ。という、そんな時。

3人で喋ってるときはいいんです。しかしながら、上記のような
場面に出会ってしまったとき、私がどうするか。

ひとまず会話をし、場を持たせようと努力しますが、
大概は失敗します。
あーもー、早くどうにかして!!と心で叫びながら、
いきなりチューブ運動を始めたり。「さあ、一緒に!」と
心にも無いことを呼びかけてみたり。
そんな支離滅裂。結局自滅。

人生を振り返ると、世の7割の人がこのシャッタータイプに
分類されてしまうようです。

これは、決して7割の方々に問題があるわけではなく、
どうにも私が小心だからという。それにつきます。
仕方ない。3割を発掘するしかないようです。

本日は、姉妹仲から、なんで友だち少ないかまで
思いを馳せてみました。

うん。でも、強がってるわけじゃないけど、自分自身が
この状況に危機感持ってないのが一番の問題です。

マックら日記解説趣旨 

March 29 [Wed], 2006, 16:02
マックら日記は、管理人ミネルバ(あるいはマック)が、自分を盛りたてるために書く
毎日更新日記です。

ブログテーマは、「友達をなくす。」

…友だちをなくすための日記ではありません。

己の毎日の悪行を振り返り
いかに自分が友達に対して無礼であったか、
失言したか、
メールのレスが遅かったか、
年賀状返さなかったか、
誕生日自分のはおぼえててもらったのに、忘れたか 等々。
を記して、
友だちをなくした時に反省材料とするための痛い日記です。

ちなみに、ここで言う「友だち」の定義とは、
@いきなり電話をかけても引かれない程度の親密さ
A二人で飲んでも会話が途切れない。
Bメールをすれば、返信が来る。


のいずれか二つに該当する人々のことを指します。

この日記は、私の友だちが0人を達成した場合に終了となります。
では、さっそく初めてみたいと思います。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:m_mcgonagalls
読者になる
Yapme!一覧
読者になる