肥満の原因は単純性肥満と症候性肥満に

February 04 [Wed], 2015, 11:47
2パターンの原因が、肥満については考えられます。
カロリーオーバーや運動不足など、日頃の生活内容が原因でなる肥満を単純性肥満といいます。肥満のほとんどの原因です。

症候性肥満という、代謝やホルモンにトラブルが生じて起きる肥満も存在します。
肥満の他に生まれつきの病気などの明確な原因が存在します。

中枢性肥満は、食欲が適切な状態で体に信号を送っていないために起きる症候性肥満を指します。
遺伝性肥満は、血脳障害や性腺形成不全などが原因です。また、甲状腺や副腎皮質の異常が原因の内分泌性肥満もあります。

副腎皮質ステロイド剤など、特定の薬が体に何らかの影響を及ぼしたことが原因となって肥満になる場合もあります。
しかるべき検査を受けて原因を明確にし、治療に取り組むことが症候性肥満の場合は求められます。

単純性肥満なのか、症候性肥満なのか肥満解消のためすべきことは変わります。
原因がどちらにあるのか明確にしておきましょう。

子どもの肥満は、ある程度大きくなるまで状況の見極めに時間がかかります。
身長と体重を記録に残しておくことで、バランス良く成長しているか見極めましょう。

肥満体型で、身長が低いという子どもは単純性肥満ではなく症候性肥満が原因である可能性もあります。

食べ過ぎは肥満の原因

January 23 [Wed], 2013, 2:57
肥満の要因には、食事や間食のしすぎでカロリー超過が原因になることがあります。
肥満の原因として考えられることは、甘いものや酒、肉、油脂の多い食事をすることなどです。

生命活動や運動エネルギーとして使うため、食事は必要とされています。
肥満の原因となる脂肪の増加は、カロリー摂取量が多すぎてエネルギーとして消費する量を超えてしまうことによります。

近年の食事は、和食から洋食へと以降しつつあり、洋食は高カロリー食になりがちなため、カロリー摂取量も多くなりがちです。
反面、人の身体は30歳を過ぎると徐々に消費エネルギーが少なくなります。

肥満の原因としては、10代や20代の頃と変わらない食事量を維持していたために脂肪が増加することが挙げられます。
肥満の原因を取り除くためには、体が必要としている量以上のカロリーを摂らないようにしましょう。
よく咀嚼して食べるよう心がけ、食事の量もほどぼどを意識するようにします。

カロリーオーバーで肥満体型になるという構造自体はシンプルなものですが、対策を講じることは難しいようです。
意識せずに食べ過ぎて、肥満の原因を造っている人は多いようです。

元々人の体は、生きるために食事が必要としています。
もしも必要な食事ではなく、食欲をそそるから食べたいという欲求だけで食事量や食事の機会を決めていれば、それが肥満の原因かもしれません。

ダイエットとカロリーの消費量

January 20 [Sun], 2013, 11:52
ダイエット時は、カロリー消費量に関心を向けるようにするといいでしょう。
ダイエットをうまく行うためには、食事から取り入れるカロリーを減らすほかにも、体を動かしてカロリーを使うことが重要です。
人間は寝ている間でも基礎代謝として一定のカロリーを消費していますが、積極的に運動することで、どんどん余分な脂肪を燃焼させ、ダイエット効果を高めることができます。

人の身体は、寝ているだけでも毎時間50kcalずつのエネルギーが使われています。ここに加えてゆっくりめの散歩を行うだけで、1時間に150kcalを使うことができるわけです。

ウォーキング以外にも運動の方法は色々あります。
ペースの遅めのサイクリングでも、1時間につき200キロカロリーの消費が見込めます。

体質的に代謝が活発か否かも、運動によるカロリー消費量に関係してきます。代謝が促進されやすい方は、運動によるエネルギーが燃えやすく、エネルギーを多く使います。

女性よりは男性の方が、年配者より若い人の方が新陳代謝は活発な傾向かありますが、個人差によっても異なっています。
体つきでも代謝は異なっており、細身の人より体格がしっかりしている人の方が代謝が高いといいます。

体重を1s減らすために消費しなければいけないカロリーは、大体7000キロカロリーとされていて、体重を1キロ減らそうとするだけでも、体への負荷は相当なものです。

強引なダイエットをした結果、リバウンドを起こしたり健康を損ねたりということが起きえます。
1カ月に2s以上のペースでダイエットをしていると、体に良くない効果が現れるとされているようです。
消費カロリーと摂取カロリーのバランスがダイエットでは大事ですが、適正値を超えないように心がけることもポイントです。

ダイエットと低カロリー食品

October 10 [Wed], 2012, 12:26
ダイエットに役立つものとして、低カロリー食品があります。
食品によるカロリーの違いが、ダイエットをしている時には感心がありますね。レストランやコンビニ弁当での食事はカロリーが高くなりやすいので、ダイエットを遂行するなら可能な限り家で食事をするようにしましょう。

通販やドラッグストアには、ダイエットの手助けになるカロリーの低い食品が色々並んでいますので、確かめてみてはどうでしょう。
低カロリー食品は、通販ショップでは売れすじ商品になったり、ドラッグストアーでは専用スペースまで出来ています。
インターネットでの通販は、ネット環境があればいつでもどこからでも購入ができますので、若い女性や忙しい社会人など、様々な人が定期購入などでダイエット食品を買っています。
ダイエットにいい食事といえば、こんにゃくやキノコ、昆布などだといいますが、どの食材もカロリーが低い割りに量があるという点が注目されているようです。

ダイエット中には、なかなか食べることができない間食も、できるだけ和菓子を選んだ方が、油分も少なく、余分なカロリーを抑えることができます。
加えてここ数年は、人工甘味料を使ったダイエット食品もちょっとしたブームになっています。

甘みを感じることができるゼリーやジュースでもカロリーがない商品も多く、ダイエット時のサポートをしてくれます。
ダイエットをしているとカロリー摂取量を減らすために極端な食事制限をする人もいますが、3食きちんと食べる方が効果的です。食事から摂取するカロリー量は、減らせばいいというものではありません。

バランスの取れた栄養摂取、規則正しい食習慣を意識し適度な量を維持することが、健康的なダイエットに結びつきます。

ダイエットとカロリー

October 03 [Wed], 2012, 11:36
カロリーと体重との関係を理解すれば、ダイエットはスムーズに進みます。
ダイエットをする人にとってカロリーはきっても切れない存在です。生命活動や運動で使うカロリーと、食べ物などで供給するカロリーのどちらがどれだけ多いかによって、ダイエットの結果が決まるともいえるでしょう。

ダイエットをする上で必ず直面するカロリーという単語は、エネルギー生成に関わる熱量を指します。
基本的には、食事で摂るカロリーよりも消費されるカロリーが多ければ、少しずつ痩せていくという方式が成り立ちます。

全く体を動かさなかった場合でも、生きていくために必要な活動は体の中で営まれているため、何もしない時でもカロリーは失われていきます。
このようなエネルギー消費量は年齢や性別で異なり、成人した男性では2000キロカロリーが消費されます。
成人の女性であれば、1800キロカロリー程度が、1日に必要なエネルギー量だといわれています。

ダイエットを成功させるためには、この1日に使うカロリー量を増やす工夫をするか、1日のうちに体内に取り入れるカロリー量を減らすかという方法を取るとこになるでしょう。
とはいえ、ダイエットを成功させるためカロリー摂取量を抑えようと、極端に食べる量を減らすようなダイエットは、栄養不足に陥る可能性がありますので、慎重に行う必要があります。

具合を損ねずダイエットをスムーズに続けたいと考えるなら、まず体を動かす習慣をつけて消費カロリーをアップし、摂取カロリーを減らすには1日200kcalくらいを目安にします。

ダイエットのためにはカロリーを意識することが重要ですが、些細なカロリーに一喜一憂しているとダイエットの結果が出る前に疲れてしまいます。
アバウトなカロリー計算で行うダイエットの方が、続けやすい場合もありますね。

広告
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/m_diet/index1_0.rdf