「株式」はハイリスク・ハイリターン 

2011年08月07日(日) 18時27分
株式投資はリスクがあるのかないのか?
という"問い"に対しましては、

株式は「ハイリスク・ハイリターン」の、
代表的な金融商品とお伝えすることができます。

大きく稼げる場合もあれば、
大きく負ける場合もあります。

これが、ハイリスク・ハイリターンという意味の"本質"です。

ただ、株式投資自体をリスクの高いものとして、
捉えるのは少し間違っています。

投資スタイルには、
リスクを軽減させる為の手法・行動基準があり、

選択方法によっては、
ローリスクにもハイリスクにもなる金融商品です。

自分の選ぶ投資スタイルによって、
自由自在にリスク・コントロールできるとういことですね。

では、実践的な視点を持ってご説明させて頂きます。

結果的には、「10」上昇する、
「銘柄」(株券)があると仮定します。

その「銘柄」の「3」や「5」の段階の時に購入することができれば、
リスクは低くコントロールでき、
ハイリスクにはなりません。

これは投資戦略の1つですが、
その他にもリスクを抑える手段があるのですよ。

株式市場には、様々な業種の「銘柄」が存在しています。

この中の、仕手株と呼ばれる、
実態価値よりも高騰している株を避けることや、

上昇相場の天井近くになった頃の、
売買を避けることができれば、
大暴落に巻き込まれる可能性も低くなります。

相場環境や、売買する時期やタイミング、
そして投資スタイルなどによって、
リスクを変えていくことができるのですよ。

* 仕手株と呼ばれる実態価値よりも高騰している「銘柄」を避ける。
* 株初心者の段階の時には、デイトレードは避けた方が得策です。
* 新興市場での株取引を避ける (ジャスダック、マザーズ)
* 相場が加熱気味になっているときは、株式投資を控える。
* 一点に集中投資をするのではなく、分散投資を心がける。
* 資産のすべてを株式投資に運用してはいけない。
* 信用取引は株式投資に自信を持った後に行うことが賢明です。
* 株取引を行う前に、株式投資に対しての「知識「と「知恵」を蓄える。


株式投資を本格的に始める前に、

どの行動がリスクを伴い、どの行動がリスクを軽減させることができるのか?

を、理解しているということは、

今後の株取引にとても大きく役立ちます。
ポイント1: 株式投資はハイリスク・ハイリターンの金融商品です。
ポイント2: 選ぶ投資スタイルによって、リスクコントロールができます。
ポイント3: 経験を重ねる程、優位に進めていくことが可能です。