大相撲 琴光喜の優勝額撤去 愛知・岡崎市体育館(毎日新聞)

June 18 [Fri], 2010, 15:49
 週刊誌で野球賭博疑惑が報じられた大相撲の大関琴光喜関の古里・愛知県岡崎市が、市の体育館に飾っていた琴光喜関の優勝額を、疑惑報道直後の5月22日に撤去していたことが11日、分かった。優勝額は現在、汚水処理施設の倉庫に保管されている。市は「撤去は偶然」と説明するが「優勝額が傷付けられたりする懸念があった」としている。

 琴光喜関が唯一優勝した01年秋場所の優勝額で縦3メートル、横2メートル、重さ80キロ。02年の初場所から両国国技館に飾られ07年12月、琴光喜岡崎後援会が「大勢の市民に見てほしい」と岡崎中央総合公園総合体育館の階段踊り場に飾った。

 野球賭博疑惑は5月20日発売の週刊誌に掲載され、琴光喜関は同22日に警視庁から任意の事情聴取を受けた。優勝額撤去も同じ22日で、市職員ら6人がビニールシートに包み、軽トラックで公園の汚水処理施設に運んだ。

 同後援会と市は当初、優勝額の掲示期間は6カ月としていたが延長。市が再三、撤去を要請し、10年6月までの撤去が決まっていたという。

 市公園緑地課は「撤去時期は偶然で意図はない。疑惑報道を受け、優勝額が傷付けられたり落書きされる懸念はあった」と説明した。

 撤去後、同後援会は琴光喜関の母校・市立新香山中学校に優勝額を贈る計画を立てたが、疑惑報道で宙に浮いた。後援会の岡田庸男会長(78)は「(疑惑の)事実関係がはっきりしない中で、各方面に迷惑をかけてはいけない。とても寂しい」と話した。

 後援会は03年ごろから毎年、7月のご当地の名古屋場所前に岡崎市内で激励会を開いてきたが、今年は疑惑報道を受けて中止にした。日本相撲協会は11日、複数力士による野球賭博の調査結果を発表した。【中村宰和】

【関連ニュース】
相撲協会:週刊誌報道で阿武松親方を聴取 野球賭博に絡み
野球賭博疑惑:琴光喜関を任意で聴取 警視庁
大相撲:大関琴光喜関に野球賭博疑惑 週刊新潮掲載へ
大相撲:複数力士が「野球賭博した」…協会調査に自己申告
維持員席問題:相撲協会に調査指示…文科相

高1、同級生刺し重傷負わす=殺人未遂容疑で逮捕―横浜・清心女子高校(時事通信)
厚労省元係長、偽造認める=偽証明書、元局長の関与否定―郵便不正事件・大阪地裁(時事通信)
口蹄疫、非常に危険な状態=農水相(時事通信)
さいたまの犬死骸遺棄事件 元町議、初公判で起訴事実認める(産経新聞)
都城でも口蹄疫か 飛び地感染? 9頭殺処分へ(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/m9n6l5fh/archive/21
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。