時効廃止 改正刑事訴訟法が成立 即日施行目指す(毎日新聞)

April 29 [Thu], 2010, 16:47
 人を死亡させた罪の公訴時効を見直す改正刑事訴訟法が、27日午後の衆院本会議で与党と自民、公明党などの賛成多数で可決、成立した。28日午前0時に時効が迫っている事件があり、政府は、27日の持ち回り閣議後の公布、施行を目指している。施行後は、時効を迎えていない未解決事件にも適用される。公訴時効制度の見直しは、期間を延長した05年の改正以来5年ぶり。殺人など一部の罪の公訴時効が廃止されるのは刑事訴訟法の前身である治罪法制定(1880年)以来初めてで、刑事政策の転換となる。

 殺人や強盗殺人など法定上限が死刑に当たる12の罪は、現行の25年から時効廃止とした。強姦(ごうかん)致死など上限が無期懲役刑の場合は30年(現行15年)、傷害致死や危険運転致死など上限が懲役20年の場合は20年(同10年)、自動車運転過失致死や業務上過失致死などその他の懲役・禁固刑は10年(同5年)と、それぞれ倍に延長した。

 過去の事件でも、時効が成立していなければ適用対象となり、法定上限が死刑である罪の場合、即日施行なら95年4月28日以降に発生した未解決事件は時効が廃止される。

 同日に岡山県倉敷市で起きた夫婦殺人放火事件をはじめ、八王子スーパー強盗殺人事件(95年7月)や、東京都葛飾区の上智大生殺害事件(96年9月)といった過去15年間に設置され、未解決である373の殺人などの捜査本部で捜査が継続される。ただし、捜査当局が、相当の期間が経過し、犯人が死亡していると推定した時点で不起訴処分とし捜査は終結する。

 証拠保管や捜査態勢の継続など捜査上の課題は残る。衆参両院の法務委員会は付帯決議で、(1)冤罪(えんざい)が発生しないよう捜査資料や証拠物の適正な保管(2)初動捜査態勢など捜査力の向上(3)法改正効果の検証(4)医療事故捜査で医療の萎縮(いしゅく)がないよう努める−−などを求めた。【石川淳一】

【関連ニュース】
<特集>忘れない 「未解決」を歩く 動画もいっぱい
<最近の主な未解決事件一覧>
<特集>忘れない 「時効」よ止まれ
<関連記事>死亡ひき逃げ1割時効 殺人の2.5倍、全国151件−−04〜08年毎日新聞調査
<関連記事>殺人事件の時効「撤廃・停止を」 遺族の会初結成(2009年3月)

<厚労省>余剰金未返納3〜5億円 1930件分手続き怠る(毎日新聞)
<育児休暇>「母は偉大だと痛感」 復帰の文京区長が感想(毎日新聞)
小沢氏「前原君がどういうことを言ったか、まったく関心も興味もありません」(産経新聞)
青森市で官製談合 公取委が改善措置を要求(産経新聞)
<大宮盆栽美術館>トラブル続きで注目?入館者数は順調(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/m9n6l5fh/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。