がんばる看護師の奮闘記

March 24 [Mon], 2014, 19:06
親が高齢になると実家の近くで住むべきだと初めて実感した瞬間です。
今頃どうなってたのかと思うとゾッとしてしまいます。
義父はどちらかと言うと物静かな人で厳格なタイプだし掴みどころがなく話も弾まずで苦手だったんですが
私の言う事を聞くように指導してくれたり姑の病気に対する不安をかき消してくれるんです。
反対に私をいびるって事はそれくらい回復してるって事ですからね〜今は我慢してあげてます。
幸い軽度のくも膜下出血みたいなので術後の経過も良く反応も良いみたいだと
残念ながら強くは押しきれない面があるんですよね〜。
姑の心労も仕方がない事なんですよね〜今度は姑まで倒れたら家族崩壊の危機に陥る。
姑は普段から健康お宅でサプリメントやら健康茶を飲んで身体だけは丈夫だと自慢してたんですよね。
軽度なので不幸中の幸いなんですが説明しても今は頭に入ってない感じです。
家には祖母と幼い子供がいるので長い時間、姑に付き添ってあげれない私にとって
元気が自慢であった姑が倒れたと連絡が入った時は本当に焦りました。
なかには、くも膜下出血に倒れそのまま死に至るケースもあると後から知らされました。
知人の父の担当を任されました
姑は頼もしい看護師さんに勇気をもらっています
看護師さんの魔法の言葉
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:m9ad8u13
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/m9ad8u13/index1_0.rdf