鮫島巧で伊藤賢一

February 13 [Mon], 2017, 19:09
いつもは肌があまり乾燥しない人でも寒い時節になってしまうとカサカサになってしまう場合もあるので、洗顔後やおふろの後は化粧水をつけたり、乳液を使うことをおすすめします。
冬になってしまうと肌トラブルが増えるので、肌の手入れをサボらないようにした方がいいです。
しっかりと肌を潤わせることと血行を良くすることが寒い時節のスキンケアのポイントです。保水力(水を蓄えておく力のことをいいます。肌の保水力が衰えてしまうと、乾燥肌になり、免疫力も低下してしまうでしょう)が弱まると肌トラブルが、起きる要因が増すことになるので、気をつけてください。では、保水力(水を蓄えておく力のことをいいます。肌の保水力が衰えてしまうと、乾燥肌になり、免疫力も低下してしまうでしょう)を上むきにさせるには、どんな肌ケアを実践すれば良いのでしょうか?水分を保つ力を強くするための肌ケア法は、血行を正常にする、肌を美しく保つ機能のある化粧品を使ってみる、上手く洗顔するという3点です。最近、ココナッツオイルをスキンケアに使う方が女性が激増しているみたいです。
化粧水を付ける前や後のお肌に塗る、既にご使用になっているスキンケア化粧品に混ぜて使うだけでいいんです。
メイク落としとしても使えますし、マッサージオイルとして使っている、という方も。



持ちろん、積極的にご飯組み込んでいく事でもスキンケアに効果があります。

ただ、品質はとても重要ですのでこだわって選んで下さいね。
顔を洗った後の保湿は乾燥肌を予防・改善する上で大切なことです。これをおろそかにすることでより肌の乾燥を生んでしまいます。

そのほか、クレンジングやメイク用品についても保湿力のあるものを選んで下さい。



これに限らず保水にいいといわれる入浴剤をおふろに入れたり、温度の高いお湯を使わないというのも乾燥肌に有効です。乾燥した肌の時、肌ケアがとても大切になります。



誤った肌のお手入れは症状を悪化させるので、正しい方法をわかっておきましょう。第一に、洗いすぎることは絶対、禁物です。皮膚のあぶらが気になるからといって何度も何度も顔を洗浄してしまうと素肌が乾燥してしまいます。逆に皮脂の分泌物の量が多くなってしますので、朝晩の2階で十分です。
スキンケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、また肌に水分を与えることです。



洗顔をきちんと行わないと肌にトラブルが発生し、その原因となってしまうのです。また、肌が乾燥してしまうことも外部の刺激から肌を守る機能を弱体化させてしまうので、保湿は必ず行ってください。
しかしながら、保湿を行ないすぎることも悪いという事になりますね。女性の中でオイルをスキンケアに取り入れる方も増えてきているのではないでしょうか。


毎日のスキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルを使用することで、保湿力が上がり、さらにお肌がしっとりとなるでしょう。



また、オイルの種類により効き目がちがいますので、自分の肌に合った適度なオイルを使ってみるといいでしょう。オイルの質によって左右されるので、大切なのは新鮮なものを選ぶことです。
美容成分が多く含まれている化粧水や美容液などを使用すると保湿、保水力(水を蓄えておく力のことをいいます。
肌の保水力が衰えてしまうと、乾燥肌になり、免疫力も低下してしまうでしょう)のアップにつながります。

スキンケアに使用する際は、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸といった成分が含まれた化粧水や化粧品が良いと言えます。


血が流れやすくすることも忘れてはいけないことですので、ストレッチや半身浴と併せて、ウォーキングなども行ない血の流れを、改善しましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Riku
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる