HMSバランス(涙も笑いも分け合って)

November 26 [Sat], 2016, 17:25
ちょっぴり久しぶりの桶川で、その人と一緒になったのは、単なる偶然でした。

その人は、地元の練習仲間・・・私が選手だった頃、いいえ、選手ですらなかった頃から、苦楽を共にしてきた仲間です。

今日は越えたい壁がある、と言っていたその人は、一日が終わる前に、その壁を乗り越えました。
そしてそのことを、静かに熱く、私に話してくれたのです。

そんな話を、思いを、聞かせてくれたことに感動しました。
ああ、これが仲間だ、ってことなんだ。
そう思ったら、ホントに涙が出そうでした。
そして、その人の努力が実を結んだことを、心からうれしく思いました。


最近、辛く思っていたことがあります。
それは、同じ仕事をしているメンバーが、お互いを助け合う仲間じゃなく、自分の足を引っ張る「敵」どうしみたいに考えているように見えてしまったこと。
こんなこと、誰にも言えませんでした。
「それは適切な目標設定や指導が出来ない、マネージャーであるアナタの責任でしょ」と返されるのがオチだという気がして。

でも、よく考えたら、それって、私自身が、周りはみんな自分の隙を見逃すまいとしている敵、と思っていることの裏返しかもしれません。


もしかしたら、バイクじゃなくても、仕事でも、今日みたいな素敵な場面はあるんじゃないかな?

NC750の前で、冬の汗でキラキラしていたその人を思い出しながら、考えてます。

HMS中級(中口となるも上後となるなかれ?)

September 25 [Sun], 2016, 17:36
参加しました。

それにしても、思えば長い中級暮らしです。
同期?のHMS仲間はみんな、上級に行っちゃったか、足が遠のいたか、どちらかのような気がします。

上級出てみたら?平日開催なら何とかなるんじゃない?
なんて勧めて下さる方もいらっしゃいますが、ワタシは身の程を知ってます。

まあ、コンスタントに、中級の先頭集団で走れるようになったら、上級チャレンジもありかもしれません。

というわけで、今日も中級。

車両はNC750、担当はK田さんと若いY田さんという、淡々としたスタート・・・
と思ったら大間違い、K田さんから、慣熟走行での注意点についてアドバイスが!

「身体が必ずバイクより内側になるよう、また、内側の足に荷重を掛けるよう、気をつけて慣熟走行して下さい。」

これ、実は今日のメインテーマへの導入だったんですが、すごくいいアドバイスでした。

慣熟で身体の動きを確認して、コースでじっくり練習する・・・
テーマが絞り込まれるためでしょうか、何となく、ワタシにしては妙に飲み込みが早くなった気がしたのです。
結果、何時もより速く走れたような?

ムリして上級に行くより、今の私には、中級で学ぶ方が、身につくものが多いかもしれない。
そう思いました。

ことわざに、「鶏口となるも牛後となるなかれ」
と言います。
上級のどん尻をやっとの思いで走るより中級を極めよ、ということでしょう。
たぶん。
(明らかに違うか)


というワケで、当分、中級ライフを継続したいと思います。
関係者のみなさま、今後ともよろしくお願いいたします。

人として信用できない、かも?

August 14 [Sun], 2016, 17:24
最近、ツーリングライダーさんのバイクの、ナンバープレートがとっても気になります。
何と言うか、不自然なpitch角(要するに、バイクの長手方向をx軸、幅方向をy軸とした場合の、y軸周りの回転角とご理解下さい)にしている方が、ちょっと増えたような?
まあ、ハッキリ言うと、番号を読み取りにくい角度に傾けてるんですね。

国土交通省のウェブサイトによると、「上向き40°~下向き15」となっていますが、どー見ても40°より上向いてたり、酷い例だと、泥よけの裏に取り付けてあったり・・・まさか、流行なんでしょうか?

以前、府中の講習会で、
「ナンバープレートが読み取れないようにしている人は、バレさえしなければ何をしてもいいと考えている人、と見なされても仕方がない」
というお話を聞いたことがあって、深く同意したことを思い出します。
「バレさえしなければ、何をしてもいいと考えている人」
・・・お友達になりたくないというか、人として信用できないような気がしてしまいます。

お店の名誉のために名前は出しませんが、ライダーに人気のとある食堂に立ち寄った時に見かけたのは、数人のツーリングチーム全員のナンバープレートが・・・。
流行ってんのか?、と夫までいぶかる徹底ぶりでした。
その方達全員、少なくとも40歳は超えているとお見受けしたのですが。

寡聞にして存じませんが、もし、ナンバープレートを判読困難な状態に取り付けてるのを流行らせているメディアとかがあるのでしたら、いいオトナがそんなモンに踊らされるなよ〜、と、世間に向かって小さくつぶやきたいつるばらでした。

「勝つ人のメンタル」(大儀見浩介)がついに出た

June 19 [Sun], 2016, 15:51
出張帰り、新神戸駅の売店で買って読みました。
「勝つ人のメンタル トップアスリートに学ぶ心を鍛える法」(大儀見浩介著、日経プレミアシリーズ)、ついにビジネス書のジャンルで出たか、というのが最初の印象です。

二輪車安全運転大会系の方(?)には既におなじみかと思いますが、いわゆる「ゾーン・フロー」、つまり緊張とリラックスの中間にある、最もパファーマンスの上がった状態で勝負所を迎えるための訓練方法についての解説本です。
参考文献のページを見ると、ああ、たぶん、あの話はこの本、その説はこっちの資料、などと出典が想像できそうな気がしました。

ものすごく大雑把にまとめると、試合やプレゼンテーションの本番で、普段通りあるいはそれ以上の結果を出すための技法です。
私もかつて二輪車安全運転大会の選手だったころ実践し、想像以上の結果になったという経験がありましたので、仕事にも応用できないかな、とはうっすら考えていました。
が、どうすれば仕事に応用できるか、その具体的な手法はわかりませんでした。
だいたい、フツーの技術系サラリーマンにとっての本番っていつなのよ?
現場のおっちゃん達と渡り合う時か!?
利害関係のある社外の人々とバトルする時か!?
・・・あまり書くと、柄の悪いブログになってしまいそうですが、「本番」をいつと見定めるか、実際にはそれが一番重要なのかもしれません。

自分にとっての本番を見極め、達成すべき目標が見えた時、この本がきっと役に立つ!
・・・かどうかは人それぞれと思いますが、私がバイクで実践してきたトレーニングを、例えば会社の人に説明するには良い本かな、という印象です。

世界が変わる

May 12 [Thu], 2016, 6:53
誰かともう二度と会えなくなるということは、その人との単なる離別ではなく、その人のいた世界が、永遠に失われて戻って来ないことなのだと気付いた朝。

島にて

May 08 [Sun], 2016, 9:15


仕事で島に来ています。
今回は南の島ではありません。
でも、毎度ながら、いつ帰れるかわからない、遥かな旅?です。

連休もほぼ全部、仕事に費やしました。
海と船の仕事ですから、気象海象で予定は日々変わります。
好きで選んだ仕事ですから、文句はありません。
でも、仕事以外の事をする時間が、もう自分には二度と戻ってこないのではないか、という、妄想に近い切なさがこみ上げる時もあります。

そんな朝、港に向かいながら思い出すのは鈴鹿だったりします。
仕事も他の悩みも、全て棚上げして、全力で臨んだ大会。
他の何ものにも囚われず、ひとつのことに打ち込めた幸せ。

自分には、そんな素晴らしい時代があったことを思い出すだけで、少し元気が出てくる気がします。
だから、大会を目指している方、苦しい練習を続けている方には、心からエールを送りたいと思います。

それ、幸せになるためのレッスンだから、楽しんで、と。


写真は島の猫です。
ほとんど毎朝顔を合わせてますが、コミュニケーションはほとんど成立していません。

クローンの逆襲

April 05 [Tue], 2016, 7:06


今年の桜は今年しか見られない、ただ一度の花。
そう思い、毎年写してます。
だって、次の冬に、自分が死なないとは断言できないし。
まあ、写真の腕がアレなので、毎度ありきたりな出来になってます。


ソメイヨシノは、日本中の木が全てクローンなんだそうです。
だから、日本のどこにいるか場所に関わらず満開のソメイヨシノを見るといろんな思い出がよみがえるのは、ごく自然なことなのかもしれません。


若い頃、毎年見に行った青山墓地の桜。
砧で見ていた多摩川沿いの桜。
今はもう無い、豊洲公園の桜。
レインボー埼玉の、一本橋のそばの桜。
みんな同じ遺伝子で、ワタシの思い出の中と目の前で咲いてます。


だからね、さびしくないんだ(山下達郎調)どこにいても、きっと。


でも、もう二度と戻らない時代や、会えない人を思い出して胸が痛くなる・・・
これはたぶん、クローンの逆襲!?


安心して下さい。まだ続きます。

March 31 [Thu], 2016, 19:48
今日で2015年度も終わりですね。


辛かったことも、悲しかったことも、みんな過去になる。
夢の中にとけていく。


いつのまにか暖かくなった風の中で、一周走りきった満足感に包まれてます。
結果はどうあれ(苦笑)


明日からは、またここに、ささやかな文章を書ける日々にしたいな、なんて思っています。

HMSバランス(君がそこに)

February 11 [Thu], 2016, 13:04
本業での度重なる試練?に凹んだままむかえた休日でしたが、参加しました。

今、こんなことしてていいのか?
少しでも仕事の下準備しておく方がいいんじゃないか?
でも、バイクの技量を上げる努力だって、今の自分には大事なタスクじゃないか?

そんな悶々とした気分のままたどり着いた桶川でしたが、そこには思いがけず懐かしい人たち、気の良い人たち、頼れる人たち、とにかく私にとっての、善き人たちがたくさんいたのでした。
この人たちと、今この人生のすばらしいひとときを共有できるなら、それは絶対にサボリとか逃避とかじゃない!
気持ちを切り替えて、練習に集中することにしました。

「今日の目標は、一回でもいいから、ハンドルを切ったまま止まることです(だって、ソレできないと、一本橋のタイムは頭打ちになるから)。」
朝の自己紹介で、悪びれずはっきり宣言したら、カッコに入れたはずの言葉がなぜか雰囲気となって漂い始め、何となく、似たような目標というか共通の興味というか、そんな感じになってしまいました。
総員一本橋を攻略せよ!
・・・とは誰も言いませんでしたが。

午前中はいつも通り各自で8の字練習なのですが、遅乗りの練習でもいいですよ、とメインイントラ?
のK1さんが言ってくれたので、定常円8の字で体を動かした後、ひたすら遅乗り。
K1さんも、8の字にはこだわらず、遅乗りのアドバイスをくれました。
続けるうちに案の定コケて、はあはあ息をついていると、サブイントラ?のK2さんがやってきました。
走るとこ見せてくれないんですか、と言ってくれるその言葉は、どう考えても遅乗りのことです。
結局、かわいそうなNC750を冷やしてあげるために時々8の字する以外は、延々遅乗りに励んでしまったのでした。

午後は各種一本橋、オフセットパイスラ、Uターンとかあれやこれや。
よく考えたら12年もお世話になっているK1さんは、私の隠された目的などお見通しであるかのように、一本橋を基本から説明してくれました・・・と勝手に思うことにしました。
アクセルとリアブレーキの使い方。
クラッチレバーの操作。
ハンドルを切ること。
はしのはしからはしまで使ってはしること。(←漢字に直せ。10点?)
左足のステップ荷重のこと。
ハンドルポストと頭のyawのこと。

それらをひとつひとつ、確かめながら、何度も何度も繰り返し練習。
すぐに成果が出るわけではないけれど、身体が少しずつ、感覚を覚えていくようでした。
楽しくて、うれしくて、休むのも惜しいくらいでした。

ふと気がつくと、終了時間でした。
平日なら、やろうと思っていたことの半分もできずにあっというまに夕方がやってきて、いつもちょっとだけ落ち込むのですが、今日の時間の速さはそれとは正反対、なんて幸せなんだろ、と思ってしまいました。

こんないい1日にできたのは、もちろんいい練習のおかげだと思いますが、そもそも今日、練習に打ち込もうと決心できたのは、桶川に善良なる友(と呼ばせてね)がいたから。
仕事やそれにまつわる自責の念をしばし切り離し、心に健康をとりもどす時間を作れたのは、私に笑顔を向けてくれる人たちがいたから。
そのことこそが、「なんて幸せなんだろ」の本質なのかも、と思いました。

みんな、ありがとう。
感謝をこめて、明日からまた、現実に立ち向かいます。

1098Sでネコ砂を買いに

January 11 [Mon], 2016, 17:19
・・・行くことが主目的ではなかったのですが、そうなってしまいました。

病み上がりで、いまひとつ体力に自信がない中、どーしても1098Sに火入れをしたくて、大黒埠頭に行くことにしました。
夫も一緒なので、どこかで立ちゴケてもなんとかなるか、と意を決して出発しようとしたら、夫がぽつり
「ネコ砂買ってから行こう。」
じゃ、そうしますか、となりました。

まずはガレージで車両点検ですが、タイヤの空気圧が足りません。
夫愛用の、エアゲージ付き手動空気入れを初めて使ってみたところ、これが今の私には、とんでもない重労働!
夫の助けを借りながらもへろへろになってしまいました。

やっとの思いで点検を終えましたが、今度はガレージからバイクを出す間にどっと疲れが・・・。
これはヤバいか?と不意に心配になり、ガレージ前で、乗車と降車のウォーミングアップしていると、夫が不安げに見ています。
だーいじょーぶだからぁ、と笑って見せましたが、実は本人もドキドキしてました。

そんなこんなで、走り出しましたが、途中、信号無視の自転車にヒヤリハットしたり、滝のような水に悩まされたり。
ペットショップに辿り着いた時には、今日はもうやめとこう、となったのでした。

それにしても、体力の落ちている時に、馬力のあるバイクに乗ると、久々に、初心に帰るというか、昔何が怖かったのか、アリアリと思い出すことができました。
近いうちに、書いておかねば、と思っています。

2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
最新コメント
アイコン画像つるばら
» HMSバランス(君がそこに) (2016年02月11日)
アイコン画像ひ〜♪
» HMSバランス(君がそこに) (2016年02月11日)
アイコン画像つるばら
» 2016年はカゼひきでスタート・・・ (2016年01月10日)
アイコン画像うえ
» 2016年はカゼひきでスタート・・・ (2016年01月10日)
アイコン画像つるばら
» HMSバランス(転倒6回) (2015年01月31日)
アイコン画像Punta
» HMSバランス(転倒6回) (2015年01月24日)
アイコン画像つるばら
» 新年! (2015年01月10日)
アイコン画像おぎしん
» 新年! (2015年01月04日)
アイコン画像おぎしん
» 新年! (2015年01月04日)
アイコン画像つるばら
» スリだったかもしれない (2014年12月07日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
http://yaplog.jp/m800/index1_0.rdf