小中学校で休暇分散化を実証=過ごし方の変化調べる−観光庁(時事通信)

April 02 [Fri], 2010, 3:36
 溝畑宏観光庁長官は31日の定例記者会見で、全国8都府県9地域以上の一部の小中学校で2010年度、休みの日にちをずらして独自の大型連休をつくる休暇分散化の実証事業を行うと発表した。子どもに合わせて親にも有給休暇を取得するよう要請。同庁はアンケートを通じて、混雑しない休日を家族でどう過ごしたかなどを検証する。
 実施地域は公募して決めた。新潟県妙高市、東京都荒川区、静岡県島田市、三重県亀山市、京都市、山口市、福岡市のほか、福井県では複数の地域で実施する方向で調整している。
 妙高市では小中学校3校で11月22日を休業日とし4連休を設定。島田市は同5校で10月8日を休みとして4連休をつくる。また、亀山市は市内の全公立小中学校などで4月30日を休みとして7連休を試験的に設ける。既に一部幼稚園を含め、計28校の参加が固まっており、未定の福岡市や福井県などでは今後詰める。
 観光庁は実施後のアンケートで、旅行に行く機会が増えたかや、有給休暇が取得できたかなど休暇分散化に関する効果や課題を検証する方針だ。 

【関連ニュース】
休暇分散化の影響調査=8都府県9地域で実証事業
日本からリポーター170組=タイ観光庁の企画大当たり
中国人ビザの年収要件撤廃を=スポーツ観光は強化
大都市圏の態勢強化を=溝畑新長官が就任会見
観光庁長官を更迭=後任にJ大分前社長の溝畑氏

普天間問題 日米実務者協議開始で合意(産経新聞)
別の乳児白骨体も発見 プランターに遺棄の逮捕母「2年前に捨てた」(産経新聞)
足利事件再審 検察側が上訴権放棄(産経新聞)
B型肝炎訴訟、福岡地裁が和解勧告(読売新聞)
<普天間移設>「検討状況を説明」外相、米国防長官と会談(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/m7zvbri9/archive/3
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。