一回死んでみました。

August 11 [Sat], 2012, 22:40
霊気の臼井先生が病に苦しみながらも、生きる意味を模作して、鞍馬山に籠ったことを思い出した。
旅に出ましたと書きましたが、一週間位かなと思われたでしょう2週間位、そのあと、母を連れて一週間。
計三週間です。
優雅な一人旅とは全く違い、バックパッカーのような、毎日何処に寝ようかとか笑45の病気もち、おばさんのやることではないですよね笑一度も新幹線や、飛行機は使いませんでした。
極力、有料特急も使わない。
今、高速バスが安くて便利ですね。
東海道線で、各駅の電車で、なんとか名古屋まで、名古屋に着いたらちょっと気分が悪くなり、降りて休むことに。
その時に払った電車代が思いの外高くついて、ビックリ。
マックで休んで何気に外を見たら、高速バスの看板があり、みたら京都まで2500円。
後で調べたら、海老名から京都まで、3000円位の高速バスあるの。
まあ、行き先も決めずに出たから仕方ないか何度かネカフェで夜を過ごしたが、よく探したら、ビジネスホテルの方が、安心だし、反って安い事がわかり、スマホが大活躍でした。
ネカフェは、京都の駅前はネカフェらしくなく、いいんですが、広島や大阪のネカフェはしんどかったな。
広島のネカフェでは、隣のブースの人の大音量のイビキに一睡も出来ず、思いがけずに、読みたかったJINを22間読破しました笑京都、大阪、出堰A山口、秋吉台、萩、メール 副業広島、また鳥取に戻り、大阪、紀伊半島をぐるっと海沿いを眺めて、伊勢に。
そのあと、母と京都、高野山、伊勢、大阪はホテルステイ。
こんなにどかんと、行かせて貰えるなんて、主婦じゃあり得ないですよね。
本当に主人に感謝してます。
娘たちに感謝してます。
しかし、体がよく持ったなと。
でも、やはり呼ばれてたとしか思えないんですよ。
主人とも、本当にタイミングが凄く良かったよねと、とても応援してくれて。
因みに、主人は伊勢まで迎えに来てくれました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:m7aimkgzd5
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/m7aimkgzd5/index1_0.rdf