かもめ〜る 

2006年05月19日(金) 1時03分
ついに今年もあの売れ残り必至の暑中見舞い葉書の営業の季節がやってきた。

なんとびっくり、お客さまにどれだけ声をかけて営業の成果がでたのかをメモ紙にかかせて提出させられるというオマケつきだ。

いっそがしい最中にいちいち正の字なんかメモれるか!売れ残るものをわざわざ予約する奇特な人は世の中そうそうおらん。

余計な仕事がイベントごとに増えまくって、ストレスも正比例に増えます。

どんなに高い化粧品を買っても肌荒れはおさまりません、原因はここにありー!

姑息にも暑中見舞いでは使用期間が限定されるから「夏のおたより」なんちゅうネーミングにしてからに。今さらそんなこといわれても、どうセールストークにつなげていいのか、、。

8万通が目標らしいが、グレイのコンサート2.5回分の動員数分売れとは御無体な。

グレイに頼んで、かもめ〜るにコンサートチケットの印刷してもらえば、とかまた妄想の世界。

うれるかも?うれないかも?め〜る、なんちって。

JPSって? 

2006年05月07日(日) 21時31分
中日新聞朝刊を読んでいると郵便について書いてある記事を発見

2ネットやJPSのとりくみが上手くいってないそうな。

うちの局だけがうまくいってないのかと思っておりましたが、何処も同じ、変革はそう簡単にはいかないですね。

職員を減らしてアルバイトを増やすっていうのは、何処の会社もやっていることだし、トヨタの看板方式だって有名なビジネスモデルだし。

しかし郵便局がどれをとってもいまいち成功に結びついてなさげなのは、まだ改革を始めて三年っていうこともあるけど、いつも2番煎じの後追いマネッコビジネスだからなのでは、、。

ゆうパックにしろ、チルド便にしても配達時間指定だって民間がやってなきゃやらなかったでしょう。

働いていて思うのは、ちっとも自分のマインドで仕事をしない(モチベーションの低い)人が多いな−ということ。

それが公務員なのかもと思っていましたが、違いますね。

規則通りにやらないと、例外は認められない環境なんですね。

一人の職員の判断は全国の郵便局の判断として世間にうけとめられるってことです。

とはいってもゴネル人、強い人、厄介な人にはどんどん例外を繰り広げていきますが、、、。

決められたことをその通りにやっていれば、不都合だろうがなんだろーがお給料が入って来ますので、革新とは程遠い日常です。

とはいえ一部の職員は志しを持ってますよ。

改革を実行に移せる土壌がまだできていない感じです。

郵便局にもカルロスゴーンが来ることを日々願ってます。まー当面小泉さんぐらいでもいいけど。

つかう?つかわない? 

2006年05月04日(木) 14時43分
家業の関係上、家には毎日配達の荷物がやってくる。

その多くは、佐川急便、ヤマト、福山通運、西濃運輸の順で、郵便局のゆうパックはめったに来ない。

というのも荷受け先が企業であり、個人間取引がほとんどないので致し方ない。

この5社のなかでも私のお気に入りはクロネコさん、セールスドライバーの感じがとっても良いのと

再配達にすぐ来てくれている(ような気がする)からです。

残念ながら郵便局のゆうパックを私個人で使うことはまずありません。

とはいえ家では後納(後払い)で取引はしています。なんといっても中小企業が取引するには

便利ですからね、なにかと。

営業のノルマとか仕事の個人負担率が、一般企業に比べると厳しく無い(おそらく)せいか

郵便局はルーズな印象があり、そこが後納利用者には便利かな?

しかし、お役所仕事は堅い割には、その実いい加減な感じで、荷物を預けるお客さんの立場としては

いかがなものかと、、働いていて日々思います。

という理由からブログを始めました。

同じく局で働いている方にはおそらく不評、不快極まりない内容でしょうが、偏見のない公正な批評に

努めて参りますので、どうかひとつよろしくお願い致します。  

2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:m78s
読者になる
Yapme!一覧
読者になる