Blog移動 

2007年02月18日(日) 14時24分

突然ですが、(といっても前兆有りにするのも難しいですが...)Blogを移動させます。


ヤプログ!(このBlogのサイト)はかわいくて使いやすくてそれなりに気に入っているのですが、それを超えた使いやすさを求めて、別のところへ移すことにしました。

すみません、なのでリンクもはりかえお願いします(o_ _)o))

お手数かけます。。。。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


http://okiku.blog.drecom.jp/

【自分アフリカ化計画】


3兄弟 

2007年02月18日(日) 0時52分

久しぶりに3人そろって遊んだ。

馬鹿なこともして、(というより馬鹿なことしかしてない!?笑)お気楽にアホなこともした。

だけどそのたわいもない対話が、何気ない背中おしになりつつ、わたしの後ろ髪を引いているとは、だれもしらない。


みかんまつり。 

2007年02月11日(日) 23時42分

現在わが家はみかんまつり状態。

昨日愛媛の実家からダンボールでいろんな種類のみかんが送られてきた。

デコポン、伊予柑、清見(きよみ)、はるみ。

ほかにも、ぶんたん、ばんぺいゆ(長崎原産)、はっさく・・・などの種類があるけど。

今年の伊予柑もなかなかおいしい。

去年のよりも甘みが増している気がするのはあたしだけか!?


まあ中でも一番は蜜柑とデコポンが好きなゆきこでありました♪

ちゃんちゃん♪♪




ダビデの【ただ一つの願い】 

2007年02月11日(日) 22時32分

リビングプレイズ、知っている人は知っているでしょう。
賛美歌集。

今日の賛美では、このリビングプレイズの【ただ一つの願い】という曲を賛美しました。
メロディも優しくてすごく素敵な曲。
わたしはこの曲が大好き。


この曲の土台は、詩篇のダビでのことばにある。


「私は一つのことを主に願った。私はそれを求めている。
私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。
主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける、そのために。 詩篇27編4節」


ダビデの次に王位を継承したソロモンは
夜の夢の中で主から【あなたに何を与えようか、願え。】といわれたとき
【民の訴えを聞き分ける知恵】と答えた。

しかしダビデはただ一つのこととして、この詩篇27編4節のみことばを主に願った。

わたしが王位にいる者なら、ソロモンのように王位にいるものとしての願いを乞うだろう。

たとえていうなら、【王としてのつとめをきちんと果たせるように】とか
【民が争いをしないように】とか。

だけどダビデは、主はすべてのすべてであり、そのため他のものをすべて失っても
主の家に住むことができるならば、麗しさを仰ぎ見、その宮で思いにふけることができるなら
と、主のしもべとして主に願っている。

しもべダビデは、主が唯一万能の方であることを知っていたから
ただ主の家に住み、主を仰ぎ見、その宮で思いにふけることができれば
何を願うよりも、なによりもいい、という確信を持って主に願っている。

そのうえでなにを失ったとしても、と、主に完全に信頼している。

ダビデと主にしかわからない、ダビデと主の関係をわたしはよく知ることは出来ないけど
このように主に願うためには、生半可な信頼や、
気分次第で変わってしまうような主を拝する気持ちではできないことじゃないかと思う。


この曲の土台となっている詩篇27編4節のみことば。

ダビデの信仰に感動した。
そしてこのダビデの信仰を歌詞にしたこの曲、改めてとても素敵だと思った。


自分がしていたこと 

2007年02月11日(日) 13時15分

「愛は隣人に対して害をあたえません。 ローマ13章10節」

自分は愛を持って相手に対して行っているつもりでも、受けた相手が嫌に思ったり、受けた相手のつまずきとなったり、相手の悩みの種にしてしまうなら、それはもはや愛の行いではないんだ。

愛は害をあたえない。

自分は愛ある者だと言うつもりはないけど、このみことばで、自分がどれだけ愛のない者であることを深く思わされました。


「あなたがたは、信仰の弱い人を受け入れなさい。その意見をさばいてはいけません。 ローマ14章1節」

自信過剰な自分。
自己過大視ばかりで、高慢で高ぶってばかりな自分。
そうやっていつも人をさばくから、同年の子や年下の子に対して、【価値観の違いがある】ということばを壁にして逃げているんだ。

価値観の違いって、結構痛い。
その相手が同年の子たちとなると、自分の意見を言っただけなのに一匹狼にならざるを得ない状況になってしまうから。

でも神さまは、ちりで造られたわたしと全然かけはなれていて、価値観どころではない違いを持っている。
なのに神はわたしの話をよく聞く。
神から見れば、ちっぽけで視野の狭いおろかな考えにしか思えないであろうわたしの悩みにも、神は親身になって最善を尽くしてくれる。

なのにわたしはなんなんだ。
神さまだってこんなほこりみたいなわたしを見捨てなかったのに。

改めて神さまへの感謝を覚え、自分を変えていくために祈っていこうと思いました。

Answer 

2007年02月10日(土) 11時39分

●自分が肉的なものを追っているのか、霊的なものを追っているのか、もはやそれすらもわからないよ〜〜

「肉に従う者は肉的なことをもっぱら考えますが、御霊に従う者は御霊に属することをひたすら考えます。 ローマ8章5節」


●本当に神はこんな自分の中に住んでくれているの??

「もしイエスを死者の中からよみがえらせた方の御霊が、あなたがたのうちに住んでおられるなら、イエス・キリストを死者の中からよみがえらせた方は、あなたがたの中に住んでいる御霊によって、あなたがたの死ぬべきからだをも生かしてくださるのです。 ローマ8章11節」

罪なものは死ぬべき=もともと罪の性質を持ったわたしたちのからだは死ぬべき
でも今を生きているって事は、神の御霊が私の中にすんで生かされているってことなんだ!!


●神の愛はどのぐらいの粘着力があるの?

「・・・死も、いのちも、御使いも、権威あるものも、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、高さも、深さも、そのほか、どんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引きはさすことはできません。 ローマ8章38-39節」


●自己嫌悪、自分の存在なんかなけりゃいいのに、死んでしまいたい・・

「しかし、人よ、神に言い逆らうあなたは、いったい何ですか。
形づくられた者が、形造った者に対して『あなたはなぜ私をこのようなものにしたのですか』といえるでしょうか。 ローマ9章20節」


●信仰による行いじゃなくたって、成功することはあるのさ〜

「しかし、イスラエルは、義の律法を追い求めながら、その律法に到達しませんでした。
なぜでしょうか。信仰によって追い求めることをしないで、行いによるかのように追い求めたからです。 ローマ9章31-32節」


●伝道のための祈り

「兄弟たち。
私が心の望みとし、また彼らのために神に願い求めているのは、彼らのすくわれることです。 ローマ10章1節」


●伝道の必要性

「『主を呼び求めるものはだれでも救われる』のです。
しかし・・・宣べ伝える人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。 ローマ10章14節」


●一時的な感謝感動ばかりにしか出会わないよ〜

「神の賜物と召命とは変わることがありません。 ローマ11章29節」


●なぜ神はわたしたち人を不従順な者(弱いもの)としてつくりあげたのさ!!

「なぜなら、神は、すべての人をあわれもうとして、すべての人を不従順のうちに閉じ込められたからです。 ローマ11章32節」


命名。 

2007年02月10日(土) 11時28分




僕の仕事は、背中の割れ目に紙をはさんでデスクのうえにおかれることです。

牛にも、いろいろあるんです。


発熱。 

2007年02月08日(木) 22時50分


やってしまっただ。

38度弱。

というわけで(どういうわけ?)、発熱です。

ちなみに、写真は体温はかった後のゆきこです。

何故かしら意識はっきり、さっきよりテンションハイですの。

勘違いしないで、本人だから笑。



風邪っぴきだったことはわかっていたけど、なかなか休む時間を大切にできなかったゆきこ。

休むことは大切だと知っていても、近頃まで前の記事に書いた心にひっかかることで自分がどれだけ疲れているか、気づきませんでした笑。

なので、神さまがわたしにストップをかけてくれたこと、とても感謝です。

自分はよくても、受験期である学校のみんなに迷惑なので、学校休んでしっかりがっつりどっぷり休みます。

また、実は今、兄のしげとも風邪でダウン。

高校、単位ピンチらしいです。

もう一年頑張らなくてはなので、しげと回復、今決算で仕事てんこもりの両親にうつらないように彼らの健康のためにも、それから、体質でかなり高血圧のばーちゃん、こないだ最高200、最低90が出たそう。

ばーちゃんにもうつらないように祈ってくれると幸いです。


省かれ蘭丸はかわいそうなので、早く遊び相手(ゆきこ)が回復するように祈ってあげてください笑。




では、ぐっない!!!



EU 

2007年02月07日(水) 12時46分
現在、EU(欧州連合)には27の国が参加しているそうだ。

そんなEUに、トルコ共和国が加入を求めている。だけど、既にEUに加入している27の国は、トルコがEUに加入することを拒絶しているらしい。

その理由は、現在EUに加入している国々はキリスト教だけど、トルコ共和国は99%イスラム教だから。


うーむ。

社会の時間に先生の話を聞いていて考えてしまった。

だって、神さまは差別なくすべての人を愛しなさいといわれる。神さまは差別は喜ばれない。

わたしもときにあるんだけど、それを知りながら他の宗教・宗派の人々を差別の目で見ていることがある。

神さまが言われる【すべて】は、性格、男女、地位、国、ぜんぶ関係ない。ならば宗教も関係ない。

何を信じているからその人を批判するべきだと聖書に書いてある?

ほかの神々を拝んではならないと書いてあるし、わたしたちは与えられたからだを持って人々を導くべきだと書いてあるけど、ほかの神々を拝む人々を差別していいと神は赦された?

加えて、この場合には彼らは何もしていない。何か宗教によっての害をもたらされたなら危険視する必要があるかもしれないけど、ただ彼らはEUっちゅー連合に加入したいだけじゃない。


所詮中学生レベルの公民しかわからないおこちゃまゆきこですが、そう思ったらトルコがEUに入ること、ゆるしてもいいんじゃないかとわたしは考えました。


さて、どう思われますか?

さっきまでの自分 

2007年02月07日(水) 11時59分

「・・・まだわからないのですか、悟らないのですか。
心が堅く閉じているのですか。

目がありながら見えないのですか。
耳がありながら聞こえないのですか。
あなたがたは、覚えていないのですか。 マルコ8章17-18節」


心にひっかかることがあって、神さまに必死に叫び続けていたんだけど、それがなかなか聞こえなかった。
神さまが言っていることがわからなくて、久しぶりにこんなにネガティブになっちゃったよ(苦笑)。

だけど神さまに叫び続ける自分に、ある落とし穴があった。

神さまは求めるものに答え、与えてくださる方。
ならばわたしは、ひたすら必死になって神さまに欲していれば、神さまは聞いてくれる。
振り向いてくれる。
だからとにかく叫び続けよう!

そんな風に思って、【これは忍耐が問われているんだ!!】と変な確信を持ちながら叫んでいたわけです。

でもそれは無駄な労力であることがさっきわかった。

欲する度合いで神に近づくことができるのではなくて、選び取る度合いによって神に近づくことができる。と教えてもらった。

選び取る、というのは、静思のときのこと。
神さまと祈りという対話の時間を持つことを、したいこと、しなくちゃならない事の中から選び、取る、という意味。

そう、それが必要だった!!

それがわからなかった自分は、まさにこのみことばどおりの状態だった。


「私の目は悩みによって衰えています。
主よ、私は日ごとにあなたを呼び求めています。
あなたに向かって私の両手を差し伸ばしています。 詩篇88編9節」


だけど、欲することが神に近づく手段ではなく、祈りという対話をする時間を選び取る度合いによって、神に近づくことができるんだと判り、そして神さまはずっと、わたしが求めている間わたしに呼びかけていてくれたのに、わたしが対話する時間を選び取らないことでそれに気づけなかった、神が背を向けていたのではなく、知らずと自分が神から遠ざかる方法をとっていたことに気づいたとき、あぁ、わたしには耳が与えられているのに聞こえないのはおかしいんだなあって思いつつ読まされたみことばが、これ。


「神である主は、私に弟子の舌を与え、つかれた者をことばで励ますことを教え、朝ごとに私を呼び覚まし、私の耳をひらかせて、私が弟子のように聞くようにされる。 イザヤ50章4節」


自分でつっかえ棒でふさいでいただけだった。

そして神さまからの愛のとどめはこれ!!


【赦しをいただかなくては、私たちは神に仕えることが遠ざかるのです。
こういうわけで、私たちは人を赦すだけでなく、自分自身を赦すよう、命じられているのです。 (ディボーションガイド「アパ・ルーム」抜粋)】


自分で自分の首を絞めていたことで、自己嫌悪に陥るなと注意してくれた。

わたしがこれらのことに気づけないために、耳があるのに聞こえなかったこと、目があるのに見えなかったこと、わからなかったこと、悟れなかったこと、心を堅く閉ざしていたこと、ぜーんぶ赦してくれた!!

だからわたしも自分のこと、赦してあげなくちゃ。




さっきまでの自分、まさに詩篇88編9節にぴったりだった自分とさようなら。

まず今心にひっかかっている事柄を取り除いてもらうために、静思の時間を選び取るところから始めよう。

聖書通読は続いているけど、思ってみれば昨日も自分のやりたいことをやり放題でそのあとに通読をしたために、眠くなって神さま寝るね〜と寝てしまった。
自分のやりたいことをしていた時間を使えばよかったのに。

そんなことも振り返りながら、さっきまでの自分、さようならあああAAAAaaaaa〜〜〜








新作のピアス(にやり


手のしわって多いなあ(笑