ヒレンジャクでプレーリードッグ

June 28 [Wed], 2017, 7:28
インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。
別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。



歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。


どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。


場合によっては、保険診療にもできるようですが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。

インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。



セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。


高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。



歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント。



ですが、難点もあるということに気を付けてください。
それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。



多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話もままあるようです。



そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。


埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。


もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ikki
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる