まめぐみさんのムラサキツバメ

March 28 [Mon], 2016, 13:52
少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、介護施設などの介護の現場で働く人々がますます必要とされる可能性があります。
そういった理由で現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。毎年多くの人が介護士資格に合格しているはずなのに、いまだに介護士不足が叫ばれているのは働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが要因となっています。外科勤務の介護士の、良い部分と、悪い部分について知っておきましょう。


手術を目前に控えているような患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、とても勉強になります。
考えられる短所はといえば、担当患者が短いスパンで変わっていくため、時間をかけて確実に患者との関係を構築していくということが難しい点があります。

働きながら妊娠したら、介護士として特に注意するべきは、まず、する必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。
エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば介護士が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、注意するに越したことはありません。

それからまた、薬の取り扱いについても身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。

必ず適度な休憩を取るようにします。普通、注射や採血は介護士が行うものです。普通、好んで注射をされに行くような人は稀なタイプだと思いますが、もし注射されるのならば、痛くないよう、上手に打ってくれる介護士に処置して欲しいと思うのも当然でしょう。とは言うものの、介護士の技術によっては上手に刺してくれる人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。
たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。


昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど男性から人気が高い介護士が、なぜ結婚できない介護士が多いのでしょうか。

実際に、介護士が結婚した年齢を調査してみると早婚と晩婚の差が開いている事が指摘できるのです。

晩婚の理由として多いものは、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、地位を上げるために結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。
最近では、より一層、介護士の数が足りなくなってきていると言えます。介護士の資格を持っている人の中には、介護士として働いていない人も多くいます。では、介護士不足の原因はなんでしょう。それは、介護士の離職率が高いということが大きいと思います。

それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤介護士の場合、およそ11パーセントもあります。大多数が女性の職場なので、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。



人材として需要が高いため、介護士は転職しやすいです。
希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、多くの場合は面接という形になるでしょう。これまでの経験や職務について、志望動機など話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、そういった話の内容のほかに、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり観察されることになるはずです。
介護士としての能力に加えて、人としての良い部分もアピールできると、とても有利でしょう。

看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される介護士は常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。

ネット環境があれば、簡単にアクセスできる専門的に介護士の求人などを支援するサイトもたくさんありますから、活用しつつ、条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。介護士は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、常に神経を使うことになりますし、そのために自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。

要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。
そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知り、実行しているかということも、ハードな仕事である介護士を、長く続けていきたいなら重要視した方が良いようです。主な介護士長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、介護士たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般企業においては課長の役職相応でしょう。


課長職につく人物の収入が中小企業と大企業では全く違うのと同様に、介護士の収入も、勤めている介護施設の大きさで違ってくるのです。

あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。具体的には、最も収入の良い公立介護施設に勤めた時の年収は、おおよそ750万円前後だと見られています。国外で介護的な支援を求めている人々に、介護従事者として手助けしたいと考えている介護士の方もいると思います。



海外からも日本の介護を求める声が大きくなっていますから、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る介護士が必要になっています。海外においては医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語が必要になります。



海外の機関で介護士として働きたいと思うのであれば、英語を身に付ける事を優先しましょう。皆さん介護士というとどういうイメージをお持ちでしょうか。
「介護士」と言えば特殊な仕事と認識されることが多いですが、他職種と同じように、雇用者から労働者の権利を守る団体が存在しないときちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。ストライキを起こすことも介護士は難しいので、看護婦を雇う側が考慮することが大事だというのは当然の事実です。介護士になるための手段として、大学と専門学校という二つがあります。大学の特徴を挙げると、その時点での最先端の介護を含め、高度な勉強が可能であるということと、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。
他方、専門学校に関しては、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。

加えて、学費の面についても専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。働く介護士にとって頭が痛い問題といえば、職場における対人関係や交代制による不規則な勤務形態があります。どうしても、女性が多い職場になると、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところもよくあります。

夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、もっと環境の良い職場で働くのも良いと思います。
介護士の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてカタカナでエッセンと書く言葉があります。

これは、食事をとりに休憩してきます、ということを他の勤務中の介護士に伝えるための暗号として使用している現場は多いようです。このエッセンという言葉自体には、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。
この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、それが今まで細々と生き残って現在に至っても普通に使用されているようです。
介護機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によって夜勤勤務に従事することになるはずです。日勤と違って夜勤は医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、それなのに、夜半にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。
そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。介護士の場合は安定していると思われることが多く、ローンを組むことを考えている際、大体の場合、スムーズに審査を通ります。



例外として、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の介護士だとそうとは言えないことも多いです。ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは非常勤でなく、正職員として働いているような安定している介護士に限って言えることであり、非正規雇用の介護士についてはローンを組むことが困難なことがあります。

介護士の収入については、労働者全般と比べると、少なくとも平均年収においては確実に、介護士の方が上回るといいます。慢性的に人手が不足している介護分野ではいつでも人手を求めている、という事情により、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような役得もあるようです。
ただ、良い面ばかりではありません。



高給取りなのは間違いありませんが、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、介護士の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。



朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、介護士は夜勤を交代制でつとめることになります。



働いた分の休みはちゃんとありますが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も大変多いようです。



特に子供ができるとどんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないとまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。

けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えて復職を希望する人の例が少しずつ増え始めています。シフト勤務で働く介護士にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみが可能な職場もあります。

注意しておかなくてはならない点として、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働く介護士と比べて収入が減ってしまう事があります。今の収入を減らしてでも、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。

正看と呼ばれる資格を持った介護士になる方法は、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが条件です。
看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。

とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、看護学校の受験合格を目指した予備校があるほど、難関なのです。いま准介護士として働いているけれど、今後のために正介護士の資格が欲しいという人は、通信教育課程も幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。

介護施設で介護士としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子供がいる介護士にしてみればとても難しい問題となっています。
ある程度の年齢までなら数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。ですから、パートとして働くことにシフトするという介護士も多くいるということです。女の子が憧れることが多い介護士になるためには、広く知られているとは思いますが、二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。

学習内容にそう変わりはありませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。
そして、専門学校の利点は何でしょうか。
それは、学費が大学に比べて安いということとカリキュラムとして実習がメインであるので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。



それだけではないにしろ、介護士を志望するモチベーションの一つとして重要な理由の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。新卒の給料を見てもほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。ただし、そのように高給をいただくということは自分の腕を磨いて、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。介護士が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。たいていの介護機関では、介護士の需要が大変高く、そのため求人の数はとても多いのです。



勤務している今の職場で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。


もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。収入に関しては、介護士は高給取りではありますが、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。

専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、Wワークをしようと思えばできるのです。


ですが、本業で勤めている介護施設で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。

そして、第一、本業の介護士としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。今日のところ、日本ではインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、来日した人々を外国人介護士候補生として受け入れるということを行っているのです。

しかしながら、日本語を使った介護士国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて介護士、とならなかった場合には自国に帰らなければならないのです。

就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、とても大変だというのが現状です。
医師の仕事と介護士の仕事の間の、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。端的に言えば、医師は患者さんの診察と治療、病気をいかにして予防するかを助言したり、そのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。
対する介護士の仕事は、医師に指示されたときに、医師が行う診療の補助を行い、患者さんのケアをするということが中心です。昔の話ですが、かつての介護士といったら女性が担うものというイメージがありました。


ですが、近年は一般的に「介護士」という名称が使われているように男性の介護士も多いです。実際の現場に必要になる介護士としての能力を考えるならば、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。

女性的な優しさも大切ですが、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も今の介護士に求められる大切な能力だと言えます。
スキルを上げて「有能な介護士になりたい」と願うのなら、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。
ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、という単純な業務とは言えませんから、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。介護士の中には、向学心から別の仕事先を探す人も一定数います。最先端により近い、高度な介護行為を行なう介護施設で働くことにより、自分の介護士スキルの質を上げていこうとする、ポジティブな考え方の転職ですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優月
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる