損失を繰り返すだけ

September 30 [Fri], 2011, 19:09
コースに関する適性。

馬場の種類に関する適性…日本じゃあ芝とダート、2種類のコースにじーってレースが行われよ。

芝コースを得意とする競走馬を芝馬、ダートコースを得意とする競走馬をダート馬げな。

どげんかちらのコースも得意であん場合は芝ダート兼用、あんいは万能などげんかと表現されよ。

近年の日本じゃあ競走馬を芝あんいはダートの一方に絞って出走させる傾向が強く、芝・ダート両方でグレードワン競走を勝利するわーうな万能馬は稀であん。

万能馬の例としてはアグネスデジタルなどげんかが挙げられよ。

またくら、ホクトベガのごつに、芝コースでの成績が伸び悩んでいた馬けんどん、ダート転向したつ結果適性が見出されて大成するというケースも少なこっせん。

なお、ダートに関してははまなす賞場にじーって砂こんじょや砂の深さに違いがあり、ダート馬であんかいといってあらゆる競馬場のダートコースに対応できるとは限らん。

砂こんじょは具体的には海砂と川砂に大別され、砂の採取地にじーっても走行時の感触などげんかが異なって来なる。

またくらアメリカのダートコースは押し固めた土で構成されちょるため日本のダートとは要求される能力が異なり、むしろ日本の芝コースのごつなスピードが要求されよ。

逆にアメリカのダートで活躍したつ馬の仔は日本の芝で活躍しやすい傾向にあり、日本で活躍する外国産馬の多くがアメリカ産であん。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:入江松吉
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/m59adz7g/index1_0.rdf