シャルトリューでGreen

June 20 [Tue], 2017, 1:50
妊娠が発覚した後、葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題ないでしょう。でも、葉酸には身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で母体の健康を保つサポートをしてくれるという訳ですね。
葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊婦への摂取が勧められているんですよね。産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も多いと思います。もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。ですから普段食べる機会の多い肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、食事によっても、ある程度は摂取できるのです。
妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。葉酸は赤ちゃんが元気に育つために必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。では、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、どのようなリスクがあるのでしょうか。葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。ですから、胎児に葉酸が不足した場合、先天異常を発症する可能性があるという研究結果が報告されました。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離せない関係の二つです。なぜかと言うと、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。この話は当然、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取をするのが良いでしょう。
妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、毎日の食事でとっていきたいものです。また、栄養バランス良く偏らない食事にするのが理想的です。一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は今しばらくは我慢するべきでしょう。
葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。葉酸を自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人がいらっしゃると思います。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、不足している、という場合もあります。
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管障害が発症しにくくなることが科学的見地からも認められています。ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。実際に葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品指定のものがあります。こうした食品は妊婦が利用する場合も多いそうなんです。
妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが増加するという報告があるのです。胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普段の食事にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
妊活中には食事の内容にも気を配りますが、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。ですから赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があると言われていますので、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。
葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、造血に必須の栄養素です。この作用は妊娠にも有効で、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠しやすくなるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。また、葉酸で血液が増えれば新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能そのものが底上げされ、不妊治療に役立つのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リオ
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/m4iorptgpayer0/index1_0.rdf