中古住宅が「お手ごろ価額」な理由

July 31 [Wed], 2013, 19:28
不動産の価額は全体的に新築として発売されていますときが一番高く、年数がプロセスしているごとに下落方向が見られます。(*1)

新築住宅を購入している事態、モデルルーム用プレハブの料金や現地でアイデア内してくれる店員の人件費、華やかなPRコマーシャル費等、販売に必需となります諸コストが販売価額に加算されていますのが全体的ですから、中古住宅ではこうしたの負荷は消え、シンプルに「土地と建物の価額のみ」が販売価額と成ります。あれが、「お手ごろ価額」と言える最大の目的では無いですか。



又、中古住宅は築年数、場所取り決めや広さの異なります様々なのような人の新居が販売されている。選考肢が多いため、購入者にとっては自分に適したお手ごろな新居を探すことが簡単になりますのと言えます。さらに中古アパートの事態、前の持ち主が負荷していた修繕積立金を継承出来るのも魅力と言えます。



(*1)場所等の取り決めによっては資産価値が上がり、新築購入時よりも高く売却される事態も有ります



新築住宅はいつから中古住宅と呼ばれるのか、と意見たことは有りますか?賃貸の疑問

新築住宅と呼ばれるのは、初めて購入した人がそれの新居を登記している迄の間のこと。言い換えると、販売中はずっと新築住宅ですから、一度登記したらそれ以後はずっと中古住宅。引渡しを受けて、未入居のまま都合があり売却したとしても、扱いは中古住宅と成ります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ようこ
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/m4f2qj73/index1_0.rdf