健康な髪の毛を保持する

May 20 [Wed], 2015, 11:16


日本の医学界全体がQOLを重視する風潮にあり、製造業に代表される経済の進歩と医療市場の大幅な拡大により、美意識に基づいた美容外科(Plastic Surgery)はここ数年最も注目を集めている医療分野であろう。
美容外科というものは、体の機能上の欠損や変形の修正よりも、もっぱら美意識に基づく身体の容姿の改善を重視するという医学の一つで、完全に自立した標榜科のひとつだ。
強いUVを浴びたときになるべくダメージを抑える方法は3つ。1.日焼けした場所を水で冷やす2.いつもより多くローションを付けて潤いを保持する3.シミを作らないためにも捲れてきた表皮をむいては絶対にいけない
もともとお肌のターンオーバーは28日周期になっており、365日新しい細胞が誕生し、1日毎に剥がれています。この「日々の生まれ変わり」によって私たちの皮ふは若々しい状態を保持しています。
身体中のリンパ管に沿うように進んでいる血液の流動が遅くなってしまうと、栄養や酸素(O2)が隅々まで運ばれにくくなり、結果的には脂肪を多く溜めさせる大きな素因のひとつになります。

スカルプケアの主だった目指すところとは健康な髪の毛を保持することです。毛髪の水分が失われて乾燥したり抜け毛が多くなるなど、たくさんの方々が頭髪のトラブルをお持ちのようです。
健康な体にも生じるむくみだが、これは浮腫んで当たり前。ことさら女性は、脚のふくらはぎのむくみを防ごうとするが、人間なら、下半身がむくんでしまうのはいたってまっとうな状態なのであまり気にしない方が良い。
通常は慢性に繋がるが、適した加療により症候が管理された状況にあると、自然治癒が期待できる病気だ。
多くの人々が「デトックス」に魅力を感じてしまう大きな理由として思いつくのは、日本人が暮らしている環境の悪化だ。大気や土壌は化学物質で汚染され、食材には化学肥料や危険な農薬がたっぷり使われていると噂されているのだから無理もない。
本国では、肌色が明るくて黄ぐすみや大きなシミが見られない素肌を望ましいと思う感覚はかなり前から根付いており、「色の白いは七難隠す」という諺もあるほどだ。

昔は色白だったのに、今は・・・にならないように『ピュアアンドシルク』で試してみましょう。

皮膚が乾燥する主因である角質層の細胞間脂質と皮脂の量の縮小は、アトピー患者のように遺伝によるものと、逃れようのないエイジングやスキンケアコスメなどによる後天性の要素に縁るものの2種類に分かれます。
乾燥肌による痒みの誘因の大半は、年齢を重ねることによるセラミドと皮脂の量の衰えや、固形せっけんなどの頻繁な洗浄による皮膚の保護機能の劣化によって出現します。
どうにかできないものかとの一心から自己流のマッサージをする方がいるようですが、特に目の下の表皮は敏感で弱いので、ただただ擦るように力任せにおこなう乱暴なマッサージは不適当です。
明治も末期に差し掛かった頃、外国帰りの女性たちが、洋髪、洋風のファッション、洋式に使う化粧品・美顔術などを日本に紹介し、これらを新しく言い表す単語のひとつとして、美容がけわいの替わりに使用されるようになったと言われている。
ドライ肌は、お肌に含まれる角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が標準のレベルよりも低下することで、お肌(皮膚)にある水分が揮発し、角質層がカサカサになる状態を示しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:もつとえん
読者になる
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/m4bx6ue00/index1_0.rdf