ジョン・メイナード・ケインズの論文を中心に展開された経済学

January 05 [Sun], 2014, 15:16
よく聞くコトバ、バブル経済(世界各国で発生している)の意味は時価資産(不動産や株式など)が行き過ぎた投機によって成長(実体経済の)を超過しても高騰を続け、最終的には投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指す。
【解説】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズの論文を中心に展開された経済学)での定義では、投資家による投資(investment)は追加投資で推測される利潤率(利益を得られる率)が資本家が融資を受ける利子率と同率になるまで実施されると定義されている。
【金融商品】カバード・ワラントの魅力。ゴールドマン・サックスによるeワラントとかポケ株ワラントなどの他にはない商品があり、一般的にほんの少しの資金から売買可能である特徴が魅力。
【解説】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債、短期金融資産の運用で利益を得る投資信託のこと。万が一、取得後30日未満に解約希望の場合⇒手数料にペナルティが上乗せされるという仕組み。
【重要】J−REIT⇒金融法の一つである投資信託及び投資法人に関する法律の定めで定義される。J-REIT(REITはReal Estate Investment Trustの略、リート)の種類には、投資信託 (法的には可能だが選択されていない)と投信法に基づく投資法人(上場されているものは現在すべてこの形態)の二つの形態があるのだ。

実は肌には4つのタイプがある
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:m3w84ai
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/m3w84ai/index1_0.rdf