スケバハゴロモがデボンレックス

May 07 [Sat], 2016, 18:29
指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、かつては気に入って使っていても、ブームが過ぎてしまったなどで何年も使わずじまいという方も多いと思います。


自宅にそうした商品を眠らせている方は、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。



ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。



自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。



買取に行ってそういうことになったら、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。
実際に切手買取をして貰う時、気を付ける必要があることは、信じられないような悪徳業者が存在しているということです。

悪徳な業者の場合、こちらがよく知らないということを利用し、相場と比べて、かなり安く買い取ろうとしてきます。間違いなく見分けるというのは並大抵のことではありませんが、事前に、利用した人の声を調べておけば、うっかり悪徳業者に騙されるということも避けられるでしょう。



不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したなどの話は昔からよく聞かれます。
ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、無条件で付加価値がつくとは限りません。


着ることによる傷みはなくても少しずつ劣化していくこともあるので状態の悪化はどうにも避けられません。使用済か未使用かではなく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。
仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしているという着物に心当たりがあれば、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。


リーマンショック以降、いわゆる「金プラ買取」系の宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、ためしにgoogleなどで検索してみても、買取ショップの広告がごまんと出てきます。もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。要らなくなった金のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。
それが本当に金製であれば、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。数値が大きいほど、純度の高い金です。K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントと解釈してください。金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により販売や買取における価格が大きく変わるのです。

古い着物をどうにかしたいと思っても、どこにどうやって頼んだら良いのか困ってはいないでしょうか。そのようなときは、ネットで着物買取業者を使うと一気に悩みが解消できると思います。



ネットで査定・買取依頼をすると、着物を送るときの宅配便代や手数料がタダになるところもあるようです。もともとは高かった着物を見てもらうのですから、品物と相場の両方がわかる査定士さんがいる店を選ぶことがコツです。父の長年のコレクションだった結構な枚数の切手がありますがうちに置いておくより、処分した方がいいと思います。



シートでなく、一枚ものも多いので、全てまとめて売却できればそれがベストだと思います。おそらく状態はとてもよいと思うのでこの切手をぜひ欲しいという方に引き継ぎしたいと思います。
父の切手の趣味が、よくわかりますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sou
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/m3afeb01woanmi/index1_0.rdf