核爆発の説明(即発臨界?) 1号機と3号機の爆発の比較

June 02 [Thu], 2011, 1:35
先日の日記に質問疑問が掲載されましたので、映像を紹介させて頂きます。1号機の爆発映像けっこう、しっかりとアナウンサーが解説してるんですよね。メルトダウンの可能性も指摘してますよね。3号機の爆発映像これまた、とても立派な男性の解説。この勇気は何処へやっぱり東電の圧力が掛かったのでしょうね。そして、1号機と3号機の爆発の違いの解説解説者は、米国のフェアウィンズアソシエーツ社チーフエンジニアであるアーニーガンダーソン氏だそうです。日本語字幕がとても分かりやすいです。2から3マイルのところから既にウランやプルトニウムが検出されているそうですし、既にハワイやニューイングランドでも検出されていることも丁寧に知らせてくださっております。この情報が何故日本国内で、報道されないのか完全な情報の隠匿ですよね。更に言えば、どうして、燃料貯蔵プールにプルトニウム燃料が入っていたかですよね。なーんか犯罪の臭いがプンプンですね。更に、もうお一人。Cバズビー教授による解説です。3号機は核反応による核爆発ちなみに、チェルブイリも核爆発があったと解説してくださっております。更に100万から140万のガンによる死者が発生した。福島は、それ以上になる可能性があることを示唆しています。でも、未だに避難すら出来ていませんが、正に最悪ですね。以上、日本の大手マスコミテレビでは解説してくれない3号機の核爆発でした。も、興味のある方は是非、ご覧くださいませ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:m2vgrdnevb
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/m2vgrdnevb/index1_0.rdf