ぽんこつが吉江

March 07 [Mon], 2016, 5:54
看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い時間の勤務となっていて、勤務中の仮眠が取れます。

国の指針により月に8回までと定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。



働いている病院の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になりやすいのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつだと思われます。ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、具体的には1月、6月がオススメです。



実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、より良い雇用環境に就くためにも、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、焦らず比較検討するとよいでしょう。急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、転職情報が多くなる時まで控えるのがよいでしょう。

全国の看護師年収は平均して437万円くらいです。
ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。


公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院より高くて、福利厚生の点でも充実しているのです。
準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
キャリアアップを志して転職する看護師も世間にはいます。看護師としての技量を高めておくことで、収入を増やすこともできるでしょう。


職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分で自分にピッタリな職場を検討することは必要でしょう。



内科の外来が合うと思える人もいれば、特養が合うという人も存在するので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。転職をするのが看護師の場合であっても、違う職種へ転職しようと思う人も少なからずいるでしょう。けれども、努力して看護師資格を得ることができたのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。
全然違う職種でも、有利となる職場は多数存在しています。

一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、有効に使わないのは損をしますね。
ナースが仕事を変えよう思うときは、オンラインの求人マッチングサイトを使うのもお勧めです。看護スタッフ募集のお知らせは、ハロワやアルバイト情報誌などには紹介されないことがたくさんあります。しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、ある程度、働く人たちの傾向をつかむこと等も可能です。

躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきをしてもらえるケースもみられます。


看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが良いでしょう。
育児に専念する間のみ看護師をやめるという人も多くいますが、育児にはお金が必要ですから、看護師の資格を有効利用できる別の職を探してみましょう。

看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志望の理由付けです。何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのはたやすくはありません。

高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですがそうした好待遇にフォーカスするより、ナースとしてスキルアップしたいといった、前向きな理由付けの方が好まれ、通過しやすいようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美結
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる