二年前に花粉症になってしまい、鼻水とくしゃみが止まらない

April 29 [Fri], 2016, 8:39

結構、有名ですが、乳酸菌を摂り込むと色んな効果があります。







内臓、腸内の善玉菌を多くして悪玉菌を少なくし、腸内環境をより良くします。







結果、免疫力が上がり、沢山の健康に対する良い効果が得られます。







アトピーに良い効果があったり、インフルエンザ等の感染症予防にも効果が期待できます。







乳酸菌はからだの健康をより良い状態にする効果が高いとされているのです。







便秘にいい食べ物は、水分、食物繊維、乳酸菌を内部にもつ 、発酵食物などであります。







頑固な便秘の人は、うんちが固く腸内に溜まった状態になっております。







この状態を改善することで、、お通じを出やすく柔らかくするため、初めに 水分と食物繊維を摂りながら、腸内環境を改善するのが良いでしょう。







娘のインフルエンザ対策の接種に通院しました。







私は怖くて目をつぶるのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見て注射をされています。







予防接種終了後は怖かったーとつぶやしていました。







見ているからさらに怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も口できませんでした。







乳酸菌が身体や腸のために良いというのはみんな知っています。







でも、乳酸菌は胃酸にさらされるので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効果が発揮できないのではという予想の人もいます。







実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、体の健康維持のためにとても効果的です。







わたしの母は重度のアトピー患者です。







遺伝してしまったみたいで、私もアトピーを発症してしまいました。







肌がボロボロになってしまって、日々の保湿ケアが欠かせません。







ケアを欠かしてしまうと、外出もできなくなってしまうのです。







母を責めるわけではないのですが、私の子供に遺伝してしまったらと思うと、恐ろしくなります。







私は先天性のアトピーを持っており、小さい頃は、「親虐待を受けてるんじゃないか?」と疑われる程、かなりひどい見た目でした。







様々な治療法をやっても、効果が全くなかったのに、家を住み替えたところ、いきなり肌が綺麗になり、痒みもなくなりました。







できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。







便秘のツボでよく知られているのは、おへそから両側に指2本分程離れた場所で天枢(てんすう)が有名です。







へその下5cmくらいの腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。







手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。







便秘の種類それぞれで効果的なツボが異なるので、自身に適したツボを押すと改善につながるでしょう。







花粉症になって以来、乳酸菌サプリなどを取り入れるようになりました。







二年前に花粉症になってしまい、鼻水とくしゃみが止まらない状態になりました。







薬を服用するのは避けたいことだったので、テレビで取り上げていた乳酸菌サプリを使ってみました。







今の段階では、花粉症を抑えられています。







インフルエンザに感染したことがわかると学校などには、5日間出席できなくなります。







仮にインフルエンザに感染した場合でも、発熱は数日で治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。







熱がすっかり下がっても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、他人にうつしてしまう危険性があります。







なので、出席停止の間はを家にいることが感染を防ぐのに必要なことです。







元来、乳酸菌が身体に優しいことはわりと知られた事実ですが、逆に効き目がないという説もあるんですね。







これについても本当かどうかなんてわかりません。







どうしてかというと、当然、体質は個人差というものがありますし、乳酸菌はあくまでも菌であり、即効性が期待できる治療薬ではないからです。







とりあえず、自分に合うかどうか試した後で判断するべきです。







アトピーの治療には食べ物も有効です。







アトピー、に対して有効的な食事をこころがけることで健康的な肌へと改善することができるでしょう。







特に胃や内臓などの消化器系を良い状態にし免疫力が高まる成分としてヨーグルトや大豆食品を筆頭とする食品を毎日バランスよく摂取していくとアトピーの治療に効果的です。







1歳から5歳くらいの幼児がインフルエンザといった病気に感染し、熱が出た後、急に意識障害や痙攣、異常行動などの症状が現われるのがインフルエンザ脳症となります。







インフルエンザ脳症とは、生命に関わることのある重篤な疾患であり、回復した後に後遺症が残るケースもございます。







俗にいう乳製品以外にも、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、乳酸菌とは一体何か調べてみました。







いろいろ探してみたら、乳酸菌ていうのは乳酸の菌じゃなくて、化学反応を起こして乳酸を作り出す菌類全般のことなのだそうです。







みなさんはこの事を知ってましたか?私は30年以上生きてきて、知らなかった事実を発見です。







元来、乳酸菌が身体に優しいことは事実でよく知られていますが、一方で効き目のない説もあります。







これについても本当かどうかなんてわかりません。







なぜかというと、それぞれ個人差がありますし、あくまでも乳酸菌は菌であって、すぐに効く薬ではないからです。







とりあえず、自分に合うかどうか試した後で考えてみてください。







わたしの母は重度のアトピー患者です。







遺伝してしまったみたいで、アトピーになりました。







肌がボロボロになってしまって、日々保湿を欠かすことができません。







スキンケアをきちんとしないと、何もままならないです。







母を憎むつもりはないのですが、将来、私の子供にも遺伝するのではないかと思うと、恐ろしくなります。







病気のインフルエンザに感染してしまうと学校などへの出席が5日間禁止になります。







インフルエンザに感染したとしても、発熱の症状は数日で治まるので、いきたくなってしまうかもしれません。







平熱に戻っても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、他の人にうつしてしまうこともありえます。







ですから、出席停止の期間は家にいることが集団感染予防には大事なことです。







今、便秘に効く食べ物を毎日食べています。







何かと言うと、それはバナナプラスヨーグルトです。







毎朝食しています。







食しているうちに、便秘がましになってきました。







とにかくひどかった、便秘が解放されて、便秘薬を飲水することもなくなりました。







現時点でポッコリしていたお腹も、へこんできていて嬉しいです。







大便が出なくなると、体に必要ではないものが体内に残ったままになるため、口臭が発生します。







いくら食後に歯ブラシをし続けて、歯間ブラシ、マウスウォッシュで口の中をきれいにしても、口の臭いは腸から胃を通っていらないものを取り除こうとし、口が臭い結果となるのです。







この場合、便がでるようになると、口臭もあわせて改善されると言われています。







実は決められてないのです。







どれくらいを、どのくらい摂るかは商品のパッケージに、目安はそれにして下さい。







摂る場合より、吸収を高めるという点で効果が上がります。







私が便秘になったのはなぜかというと、多分、運動不足のせいだと思います。







毎日の通勤は車なので、あまり歩く事もありません。







犬などのペットがいるわけでもないので、散歩にも行きません。







そのせいで、私は便秘になったのだと思うのです。







便秘改善のためにも、ウォーキングを今日から始めることにしました。








http://plaza.rakuten.co.jp/yl5msff
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:m1w7tk3
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/m1w7tk3/index1_0.rdf