電車の中の憂鬱 

October 04 [Sat], 2008, 8:22

私は顔をあげても男の人の腹部しか見えなくて。
たまたま上を見上げたとき、ジロリと私を見下ろすそいつの視線とぶつかる。
それだけで、私は恐怖で手足が震える。

両手でつり革につかまりながら、視線だけは自分の下にいる女を見下ろしている。
そんな時、ヤツは何を考えてるんだろう。

「畜生、いい若いモンが座りやがって図々しい」

「この位置からだと、ちょうど胸元が覗けてラッキー」

おそらく脳内はそんなことだろう。



基本的に、男が嫌いだ。

集団は特に苦手。

時には殺意さえ芽生える。


女もまれに嫌い。

人を見下すように、上から下までジロジロと見回す女は特に。

ガキも嫌い。


電車はろくなことが無い。

あの箱は、私の生活のストレスのひとつだ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:m0j0
読者になる
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» 電車の中の憂鬱 (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» 電車の中の憂鬱 (2008年10月13日)
アイコン画像めーたん
» 電車の中の憂鬱 (2008年10月06日)
Yapme!一覧
読者になる