お久しぶりです♪ 

December 24 [Thu], 2009, 5:14
先日予告させていただいた通り、新たに新婚生活をつづったブログを新設しました☆
他ブログになりますが足を運んでいただけると嬉しいです☆
まだ使い方がよくわからなくてうまく使いこなせていませんが、これからも私のおれやこれやをいろいろとつづっていくので、応援してください♪

アドレスは
http://ameblo.jp/antennarius-striatus/
です♪

Tobleroneを長い間応援してくださったみなさま、ありがとうございました☆これからもますますパワーアップして毎日をより一層楽しく充実したものにできるように頑張ります!

お知らせ 

September 30 [Wed], 2009, 18:41
私のブログに足を運んでくださる皆様へ☆

いつも遊びにきてくださって本当にありがとうございます!カナダの生活をつづってきたTobleroneのブログですが、ロッキーへの旅行記を最後に更新をストップしようと思います。過去の日記も整理して少しずつまた公開にしておこうと思います(^−^)

日本に帰ってきて3カ月がたち、毎日いろんなことがことがあってまるで何年もの月日が流れてしまったように感じます。カナダでの生活はまるで異次元で起こっていたことみたいで・・・カナダに住んでいたことが信じられないくらいです!日本での生活もいろいろあるけど楽しんでいるし、今は新しいことにも挑戦して頑張ってます♪
カナダ生活・大学生活を主につづるブログだったけど、ブログを通して本当にいろいろな方と知り合うことができて、実際にお会いして仲良しになったお友達もたくさんいるし同じ大学に来てくれた後輩もいますし人生の先輩としてとても尊敬できる方々にも出会いました。ブログをやっていて本当によかったなって思います☆

あと数日で、私も結婚して頼もしいパートナーができます♪彼と二人力を合わせていろいろな困難を乗り越えて頑張っていこうと思います☆そんな私の毎日の生活や大好きな雑貨・植物・お料理・お菓子作り・パン作り・一緒に暮らしているお魚たちのこと・大好きなピクニックやダイビングのことなども新しいブログを開設して紹介していきたいと思いますので、準備ができましたらこのブログでご連絡させていただきたいと思います(*^_^*)

今までTobleroneに足を運んでくださってありがとうございました(^−^)今後もますます精進して頑張っていきますので、応援してくださいね★今まで本当にありがとうございました♪

ロッキーの湖2 

September 11 [Fri], 2009, 6:36
ロッキーは湖だらけでしたぁ!!
中でもハイキングで行ったglassi lakeが一番のお気に入り☆

どうですかぁぁこの透明度!!!!
ここには氷河の溶け水が入ってないので透明なんですねー☆

ここはtwo jack lake。big horn sheepが見られと噂の場所ですが、残念ながらこの日は雪が降って猛烈に寒くなって天気も悪かったせいか、羊君たちには会えませんでした。。。

こちらはジョンソンレイク。太陽が差すととってもきれいでした☆

こちらはバーミリオンレイク。向こう側に見えているのはランドル山です☆その裾野にバンフの町があります。

バーミリオンもすっかり秋の気配ですね☆

ロッキーの湖 

September 11 [Fri], 2009, 6:07
カナディアンロッキーといえば、写真で紹介されるのはやはり湖ですよね?
2日間はそんな湖や他のみどころを回るツアーに参加しました☆

まず、おなじみのペイトーレイク

レイクルイーズ

ヴィクトリア女王の第4王女のルイーズ・キャロライン・アルバータからとられた名前です☆カナダのアルバータ州の名前はここからきてるんですねー!
湖の正面に見えているのは女王の名前であるビクトリア氷河。
こちらはボウレイク

モレーンレイク

そしてエメラルドレイク


どうですかーーー??きれいでしょぉ???
湖の色が独特なのは、氷河の溶け水が流れ込んでいるからだそうですよぉ!

素敵ですね♪

rocky mountains! 

September 11 [Fri], 2009, 5:37
みなさまお久しぶりです!!お元気でしょうか??

日本もすっかり秋らしくなって、私が住んでいるあたりは朝晩すっかり涼しい・・・時には寒い日まで出てきました!

そんな中、両親と一緒に、カナダのロッキー山脈へちょっと旅行に行ってきました♪
本当は6月の私の卒業式に合わせて両親が来てくれる予定でしたが、新型インフルエンザで職場の渡航許可がおりず、9月に延期になっていたのです!!
私の両親はアウトドア派で、私も0歳のころから毎週末のようにキャンプに連れだされていたのですが、そんな両親がカナダでぜひ行ってみたかったのはこのロッキーだそうで、観光よりも登山したいとの両親の希望から、1週間の旅程のうち丸3日はハイキングになりましたぁぁぁぁ・・・・。


いやぁ。私もね、歩くのは好きですよ。好きなんですけどね、安全な道を歩きたいんです、基本的に・笑。
熊や狼やクーガーが出没する崖を歩くのはものすごぉぉぉぉぉぉくこわかったです、正直。いやぁ途中で引き返そうにも、何しろクマが出るところですから一人で引き返すわけにもいかず、泣きそうになりながら何時間もあるきましたよぉ!

カナディアンロッキーの様子はたっくさん写真に収めてきたので、数回に分けてアップしますね!今回は旅のメイン(両親にとって)であるハイキング(登山)からご紹介しまぁす!


まず、サンシャインメドウ。

ここは夏になるとお花畑になるという有名なハイキングコースなのですが、9月ということもあって花はもう見られず、ひたすら歩きました。。。森林限界を超えたあたりは風がビュンビュンふいて、寒いのなんの!!!おまけに2日前にグリズリーベアが目撃されているらしく、トレイルが敷かれているそこかしこに、グリズリーが掘った穴がいーーーーっぱい!!ガイドさんも、新しい穴のあまりの多さにちょっと緊張気味でした。あたりを頻繁に見回して安全を確認しながら歩いていましたよぉ。グリズリーは時速50キロのスピードで走るので、遠くにいてもすぐに追いつかれるそうで、私はクマさんにだけは会わないように祈り続けました・笑

写真の向こうから白い雲が迫ってきているのがわかりますか?
この雲は雷雲で、この写真をとって少ししたら、もう雷雨!!!
木が横倒しになりそうなくらいの風と雨で、かっぱを来て木の蔭で風を防ぎながらしばらくまって、少し雨が落ち着いたころに急いで下山しました。ロッジにたどりつく直前にまたすごい嵐になり、もたもたしてたら帰れなくなるところでした。。。


2日目の1日登山は最初よりもさらに頑張って、ラーチバレーを越えてセンチネルパスがある標高2611メートルまでのハイキング。
風が容赦なく吹き付ける中、がれきの崖を登っていくと、たどりつくのがセンチネルパス。




急な崖になっているのがわかりますかぁ??こんな崖で風がビュンビュン吹く中おにぎりを食べました。
この先はパラダイスバレーと呼ばれているのだけど、恐怖で震える私にはパラダイスどころかヘルバレー(地獄谷)でしたぁ。。。


3日目。またハイキング・泣。
でも今回は前回までの苦手なガイドさんではなかったので、救われました・笑。
しかも比較的楽にいけるglassi lakeへ。
湖はまた別にアップしますが、ここはロッククライミングのポイントがいくつもあって、みんな登ってましたー。

見てるだけでおそろしーーーーー!!!

この上にはbig horn sheepが住んでいて、彼らが歩く旅に落石があってめちゃ危ないのですが、実際に私たちも落石に見舞われましたぁ。。。あー生きた心地がしませんでした。。。
なのでここに行く方はぜひヘルメットを持参してください!


ふー、そんなハイキングの話はここで終わりにして、この次は美しい湖特集といきまーす!

カルガリー 

August 03 [Mon], 2009, 21:49
更新が遅くなりましたが、カナダを去る前に行ったカルガリーのことを少し書こうと思います。

カルガリーには高校時代の友達が住んでいて、同じカナダに住んでいながらなかなか会えず、今回ようやく再会がかないました♪

カルガリーは土地も空も広くて、とても開放的なところでした☆


地平線が見えますか??
これはカルガリータワーからの景色です☆


カウボーイのお祭りが近かったこともあり、町全体がお祭りムードで、とってもにぎやかでした♪


その友達はカナダに高校卒業とともにカナダに来て、今の旦那さんと出会って結婚し、一年ほど前に男の子が生まれました。周りには結婚して親になった友達やこれから結婚を控えている友達が多くいて、私もそんな年になったんだなって実感します。素敵な家族に恵まれて、彼女はとても幸せそうでした。自分も結婚するって決まってからいろんなことがあって、改めて結婚した人たちの意見を聞いていると考えさせられることがいろいろあります。結婚って第二のスタートラインに立つことだから、本当に人生を左右する選択なんですよね。

私の婚約者が、結婚は人生最大の賭けだと思う、といっていました。
本当にそうだなって思います。

今まで結婚したいなーって思う人はいても、実際にその選択を迫られると、どうしてもイエスと言えない自分がいました。結婚よりも優先したいことがたくさんあったし、i was not ready to settle down.
でも、今の彼とは、この先ずっと一緒にいるということが本当に自然に感じられたし、何より彼といるとよりいっそう自分らしくいられるような気がしたんです。彼は私のいい面も悪い面も全部ちゃんと向き合ってくれるし、受け止めてくれるし、私の選択を本当に尊重してくれる。今まで、誰かのために自分を偽ったり変えようとする恋愛ばかりだったけど、私が私のままでいることを何よりも望んでくれる人に出会って、世界観が変わりました。
この人となら、どんな苦難も乗り越えていけるし、どんな苦難も乗り越えていきたいって、そう思いました。
友達として13年もの間お互いを見てきたからこそ、飾らない自分自身を受け止めあえるのかなって、そう思いました。自分が思い描いていたような結婚ではないし、結婚式も披露宴もないけど・・・、それでも私は彼と結婚できることは自分の人生において最大の幸福だと感じています。この先子供が生まれて家族が増えて、いろんなことが待ってて・・・そういう幸せも彼がいるから育んでいけるんだって思ったら、その出発が思い描いていたものと違っても、それはそれでアリだなって、思えるんですよね。不思議ですよね。


私は彼に賭けています。
彼は間違いなく私にとって最高のパートナーで、私はどんなことがあっても彼を信頼し彼の味方でい続けようと思います。彼といるからこそ叶えられる夢もあるし、新しい目標もできました。
今まで恋愛におぼれて、二股をかけられたりひどい扱いをうけたり・・・自尊心を傷つけられるような恋愛をしていた私にとって、彼の存在は革命的でした。
こんな人がいるんだって、感動しました。純粋で誠実で、頭がよくてかわいくて。一生懸命サプライズを考えようとしていつも私が先に感づいてしまってそのたびに落ち込んだりする彼も、ないたり笑ったり忙しい彼も、いつも気持ちを正直に伝えてくれる彼も、私は大好きです。
一緒にいると真剣な話もおばかな話もできて、誰よりも安心できる居場所がそこにあります。
だから、私は彼に賭けます。
彼とともに精一杯前向きに歩く人生に私のすべてを賭けます。
辛いことやしんどいことはまだまだこれから待っているけど、彼がいれば大丈夫!二人だったら大丈夫!これからも二人三脚で頑張っていこうと思います。


カルガリーで生活するその友達も、周りの結婚した友達も、幸せそうなおにいちゃん夫婦も、結婚っていいものなんだなって、思わせてくれました。日本に帰ってきて辛いことが続いてめげそうになっていた私をみんなのそんな姿が励ましてくれました。

いっぱい悩んで悩んで考えた末に私たちは答えを見つけました。
そのときに彼が言った言葉を私はこれからも胸に刻んで生きていこうと思います。

「僕たちは、たとえるなら水のようなものだと思う。つまりH2O。もっとも安定した結合子の一つ。水は何かの型に入れてしまえば一見その型に形作られてしまうように見えるけど、実はそうじゃない。その型からはずしてしまえば水はまた形を変えるし、流れを作ったり凍ったりして、幾度となくその形態を変化させていく。でもH2Oという実態を誰にも変えることはできない。その実態を外からの力によって形作ることはできないんだ。つまり形態は外からの力で一時的に形作られることはあっても、誰にもその実態は変えることはできない。だから僕たちもなんらかの力で、(たとえば経済的なこととかで)、夫婦としての生活の形態をある程度左右されることは今後の人生においても避けられないことがあるかもしれないけど、そんなときでも夫婦としての僕らの実態は誰にも決めることができないし、どんな力をもってしても外からの力で僕たち夫婦の実態を形作ることはできないんだ。僕たちの意志以外にはね。つまり僕たちは本当の意味で自由なんだよ」


この間、外からの力で結婚のあり方や夫婦のあり方、私自身の立ち居地やあり方を左右されることが多々あり、私たち自身が自由になれるはずの結婚が縛られていくような感じがしていました。でも彼のその言葉を聞いて、誰も私たち夫婦の実態を変えることはできないし、逆に私たち夫婦には実態を進化させたり形態を変化させていく自由が存在するんだなって思いました。

夫婦として、日々お互いに成長し、もっともっとお互いを高めあえる、そんな夫婦になりたいと思います。

日本に帰ってきました♪ 

July 07 [Tue], 2009, 21:21
すっかり更新が遅くなり,おまけにコメントのお返事も出来て無くって本当にごめんなさい

日本に帰ってからというもの,毎日があっという間に過ぎていきます。
時間を見つけてカルガリー旅行記などもアップしますのでもう少しお待ちください

とりあえず無事に日本に帰ってきましたのでこの場を借りてご報告させてくださいもう少し落ち着いたら続きを書きますので,またお時間のあるときに遊びにきてくださったらうれしいです☆

卒業☆ 

June 19 [Fri], 2009, 4:47
更新がすっかり遅くなりました!!足を運んでくださったみなさま、ありがとうございます♪

ものすごい毎日忙しく、時間が飛ぶように過ぎていきます。


帰国まで一週間。この街での生活も残すところ数日となってしまいました。


書きたいことはいろいろありますが、今日は先日の卒業式のことを書きたいと思います☆
実感がなかったし、卒業式には出なくってもいいかなーとすら思っていましたが(笑)、いろんな友達に「I'm coming to see you at the convocation!!」と声もかけてもらったのもあって、やっぱり行こうかなという気分になり(笑)、行ってきました♪

うちの大学は、卒業式は学部ごとに行われるため、全三日間の日程で、午前と午後に分かれて行われます。
私の卒業する国際開発学は社会学部やカルチュラルスタディーズ、経済学部、政治学部などとの合同卒業式♪というわけで、学部を超えて仲良しのお友達たちと一緒の式になって、ルンルン

朝友達の車で学校に行き、受付を済ませて更衣室へ♪
そこで緑のガウンを着せてもらいました
不思議なことにそれまではまったく実感がなかったのに、着せてもらったとたん、「あー卒業するんだなぁ」って実感がこみ上げてきて、大興奮
外に出ると、もうみんな来てるーーー!!!
4年間ともに頑張った開発学部の友人たち、一緒に3年間日本語を教えてきたお友達、学部は違うけど、選択科目で一緒になって仲良くなった友達、パーティで知り合って意気投合して以来仲良しの友人たち・・・4年間も大学の大学生活のなかで、たくさんの友達に恵まれてたんだなぁって、実感しました☆
みんなでキャーキャー騒ぎながら(笑)写真を撮ったり、今後のことを話したりCongrats!! we made it!!!!ってお互いに声をかけあって・・・なんか、なんともいえない達成感。

時間が来たので整列して、キャンパスを行進。

緑のキャンパス。青い空。晴れ晴れした笑顔。
不安定な天気が続いていたにも関わらず、全日程とも快晴でした

途中でプログラムやお水を受け取り、いよいよ会場入り。

私の通っていた大学は小さい大学なので、トロント大学やクイーンズ大学のようにconvocation hallというのがなく、卒業式は図書館前の広場の青空の下行われるんです。だから、雨が降ったら悲惨なので、ホントに晴れてよかった

観客の中を歩いて、拍手や名前を呼ぶ声が飛び交うなかステージにあがります。
途中でいろんな友達や教授たちが呼びかけてくれて、ホントに嬉しかった
学長の挨拶と共に式が始まり、いろんな人のスピーチがありました。半分聞いてなかったけど・笑、でも大学を卒業できるのは世界人口のうちたった2%。そしてカナダの大学を卒業することは非常に難関で、その中Honor's degreeを取得するために4年間頑張ってきたことは本当に誇らしいことなんだと、何度も式の間実感させられました。


そしてスピーチが終わり、生徒が一人ひとり名前を呼ばれてステージ上を歩き、学長と握手をしました。
私の名前が呼ばれたとき、卒業生側からも、観客席側からも歓声や名前を呼ぶ声があがって、ビックリして両方振り返ってしまった。笑。すっごくすっごく嬉しかったです
ステージを歩いて、学長と握手して、いろんな友達が写真を撮ってくれました☆
うちの大学のマダム・チャウンセラーはとてもエナジェティックで、ノリがいいんです・笑。でも私たちと一緒に大学を引退されるんです。私が来た時からいらっしゃる方だから、彼女がいる間に卒業できて、よかった

式の最後のネイティブアメリカンの歌が披露され、カナダ国歌(Oh Canada)の斉唱がありました。誰も卒業生歌ってなかったけど・笑

そして式は終了。

再びみんなの中を歩いて会場の外へ。
その途中でいろんな友達に呼び止められ花束をたくさんもらいました
先日日本に帰ったときに彼が改札口で花束を手に待っててくれたり、この間の送別会でお花をもらったり・・・この数週間で一生分のお花をもらいました
それにこんなに「おめでとう」って言われたのは人生で初めてかも・笑。じーんとするっていうより、宙に浮くような喜びを感じた一日でした☆

教授とも話せたし、式に来てくれた卒業生や後輩たちにも会えて、本当に幸せでした

午後は友達の卒業式にお花を持って参加♪花束喜んでくれたみたいでよかった


本当に、この大学にきてよかったと思います。
私の人生は変わりました。
プライドとか、周りの期待とかにとらわれずに、ようやく、自分の納得できる生き方に出会うことができました。そしてそれはこれからも変化し続けるもので、どんな人生を歩もうと、いつも前向きに、そして向上心を忘れずに、日々の生活に感謝してこれからを生きていこうと思います。


無事に先週学位論文も提出しました。
くじけそうになることも多々あったけど、頑張ってよかった。
もっといいものが書けたかもしれないけど、そんなことよりも一年かけて一つのことに取り組み続けたそのことを評価したいと思います。間違いなく、4年間開発学を学んできた私の集大成です。


毎日忙しく、しばらく寝れてなかったので、今週は本当に開き直って寝た・笑。今日からまた寝れない日が続きます。でも、私のカナダ生活も本当にcoming to the end。めいっぱい楽しみます


最後に、私がここまで頑張ってこれたのは、ほかでもない両親の支えがあったからです。
ある日突然思い立って「私、カナダに行く」と言い出した私を5年半もの間、見守り支え続けてくれた両親の存在がなければ、ここまで頑張ることはできませんでした。
そしてその中で私が見つけた答えを、何の躊躇もなく後押ししてくれた。
自分が親になる日がきたら、両親のような親になりたいって思います。

今の私があるのは父と母のおかげです。本当にありがとう。

当初は日本になんて帰るつもりは全くなく、両親は断腸の思いだったに違いありません。
でも、海外に出てみて初めて分かった日本のこと、自分のこと、両親の大きさ、自分の小ささ。
国連の職員になる!といっていた5年前とは違う夢や目標が今あります。
カナダにこなければ出会わなかった自分、友達。ここで過ごした時間は本当に私の財産です。

辛くて前が見えない日々でした。
何度も日本に帰ろうと思いました。
でも、ここまでこれたこと、本当によかった。
私はいつだって周りの友達や両親に支えられていたことを、今再び実感しています。
私はいつだって、一人ではなかった。

人よりも2年「も」遅い卒業かもしれない。
でもそんなことはどうでもいい。私は自分の意思でここに来て、ここで毎日を過ごして、そして前に進んでいるから。誰に決められたことでもない。自分できめたこと。それを支えられながらやり遂げたことの意味は大きいと思う。


私は、カナダに来て本当によかった。
今、心からそう思います。
だから、胸を張って日本に帰れます帰ったら、ちょっとは親孝行しなくっちゃ!!笑

6月 

June 02 [Tue], 2009, 15:04
月日が経つのはあっという間ですね。もう6月なんてなんだか信じられない。瞬く間に過ぎ去っていく日々だからこそ充実させていかないと!

中間試験も無事に二つ終わり、毎日たくさんやることがあって、紙に書き出していかないと忘れてしまいそうです。今週はいよいよ卒業式もあるし、論文も提出。週末はバイトとトロント。引越しの準備はなかなかに大変で、愛着のある多くのものを人にあげたり売ったり送ったり。だんだんと部屋が広くなっていきます。


先日、日本人の後輩たちに送別会を開いてもらいました。
私はもうすぐカナダを去るある女の子の送別会と聞いていたので、お花やらカードをもらって、ホントにビックリ!でもすっごく嬉しかったです。昨年度は日本人の後輩たちとほとんど関わることがなかったので、忘れ去れててもしょうがないような感じだったのに、みんなの計らいにじーんとしました。私がこの大学にきた頃は25人くらいいた日本人も、卒業生を入れて10人ほどになってしまいました。来年からはもっと人数が減るので、日本語クラスなど、大変になってくるでしょうね。わざわざカナダにきて日本人と仲良くならなくても・・・なんていう人たちもいるけど、少なくとも私にとっては素敵な出会いがたくさんありました。
カナダに来なければ出会えなかった多くの素敵な日本人のお友達に、感謝しています。

カナダに来て、国籍を問わずたくさんの人に出会って、いろんな時間を共有して、語り合って、楽しい時間をたくさん過ごすことができました。その中で自分の視野がいかに狭かったのか痛感させられたり、同じ日本人でも住んでいる地域によっていろいろな違いがあることも知り、以前の先入観や固定観念が和らいだような気がします。カナダに来て本当によかった。大学で勉強できたことも、ここに今いられることも、感謝の気持ちでいっぱいです。


さ、明日もながぁい一日。今日も4時間ちょっとしか寝れないけど、明日も元気にがんばりまぁす!!!

初夏♪ 

May 26 [Tue], 2009, 11:29
更新がゆっくりペースです。
毎日いろいろなことがあり、充実しています。大好きな友達にあってご飯を食べにいったり映画をみたりお家でくつろいだり。学校とバイトの合間をぬって、いろんな人と会っています。


「卒業」っていう言葉を実感する日々です。
こんなに仲良くなった人たちと、離れ離れになるのはやっぱりものすごく寂しい。同じ国にいてもなかなか会えないことだってあるのに、太平洋をはさんだらもっと会えなくなってしまうのかなって思ったら、今のこの時間を本当に大切にしなきゃって思います。
言葉や文化を超えて親友と呼べる人たちがカナダにいること、誇りに思います。
そしてかけがえのないたくさんの友達が世界中にいること。

日本に帰ったら、またぜーんぜん違う生活が待っているけど、どこにいたって私は私。
前を向いて、元気に毎日を過ごしたいな☆


夏のカナダは、本当に天気がいい。

カラッとしてて、涼しくて。気持ちのいい風が吹いています。


カナダで過ごす最後の夏。この風もこの太陽も、忘れないでいたい。


眼科にいくついでにお散歩しました。
近くの川は、今まで気がつかなかったけど、結構たくさん魚がいる!!


パッとみただけで数十匹はいる感じでした。種類も何種類かいるようだけど、それらがなんなのかはさっぱり分かりません。網があったらすくえそうなほど近くにいるのになぁ。

今週も木曜日までかなりいそがしぃ。。。週末はちょっと時間があるけど週が開けたら超忙しい!!でも、来週はついに卒業式あのガウンを私も着ます♪楽しみ!!
P R
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Toblerone
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
オンタリオの小さな町で生活を始めて2年半。カナダに最初に足を踏み入れてから4年になります☆ よかったら気軽に足跡&msg残してくださいね♪
最新コメント
アイコン画像Tonlerone
» お知らせ (2009年10月29日)
アイコン画像
» お知らせ (2009年10月22日)
アイコン画像Toblerone
» ロッキーの湖2 (2009年09月30日)
アイコン画像Noe
» ロッキーの湖2 (2009年09月13日)
アイコン画像toblerone
» 日本に帰ってきました♪ (2009年09月11日)
アイコン画像toblerone
» カルガリー (2009年09月11日)
アイコン画像
» カルガリー (2009年09月01日)
アイコン画像Noe
» 日本に帰ってきました♪ (2009年08月28日)
アイコン画像Toblerone
» カルガリー (2009年08月20日)
アイコン画像
» カルガリー (2009年08月20日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE