大阪のイベントで水槽をレンタルしました

August 24 [Sat], 2013, 1:51
環境保護を訴える大きなイベントが、大阪のとある場所で開催されました

自分たちのブースでは淀川水系に棲んでいる淡水魚や甲殻類を展示することになりましたが、
問題は水槽です。生物は投網やタモ網でいくらでも捕獲できます。

淀川についてhttp://ja.wikipedia.org/wiki/淀川


しかし、それらを入れるための水槽が、10個ほど必要となりました。
捕獲仲間の手持ちのものをかき集めても、少し足りません


また、大きさも仕様もまちまちで、水族館のような美しい展示ができないのです。
これでは絶滅危惧種の希少性を感じさせ、
大阪の隠れた宝物をアピールすることができずに困っていました


そんな時に仲間の1人が、水槽をレンタルすることはできないのかと言い出しました。
頼むまえに知っておきたい水槽リースの基礎知識はつけたいと調べつつ、
さっそくインターネットで業者を捜してみると、2件見つかりました



しかも、そのうちの1件は現場まで運送してくれて、イベント終了後には回収までしてくれるとのこと
さっそく見積もりをお願いし、主催者に経費として認められるのかを確認しました


そして、水槽のレンタルなら経費として承認するとの答えだったので、
費用的な問題は解消。運ぶ手間と時間もかからず、
スタッフたちはイベントに集中できると大喜びでした


イベントの前日が搬入、設営の日でした。会場のブースにテーブルを並べて、
レンタル業者を待っていました。すると時間より少し早めに、水槽が運ばれてきました


業者の方は、テーブルの上に水槽を設置してくれて、丁寧にガラス面を拭いてくれました。
それだけでなく、水を入れたり、エアーポンプを取り付けるのを手伝ってくれたのです。
あとで解ったのですが、その方は生きものが大好きで、とくに淡水魚のファンだったのです


そして、魚やエビ、貝などを投入。アクアリウムが趣味の仲間と業者の方が意気投合し、
水草の配置を相談したり、どの種をどこに展示するのかなど楽しそうに決めていました。


レンタルすることでお金はかかりますが、費用対効果を考えれば、かなりのお得でした。
ちなみにイベント当日、多くのお客様に喜んでもらえたのは言うまでもありません


水槽レンタルの設置例http://www.t-aquagarden.com/example/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ノリフミ
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lyra183/index1_0.rdf