やさしい恐怖 

2011年11月13日(日) 1時37分
恐怖は、わたしを守ってくれている。
恐怖は、自由を奪う鎖。
けれどそれは、己を守るための防壁。

恐怖の鎖を外し、自由になる。
けれどその自由は、自分の力で成し遂げなくてはならないということ。

夢見る逃避 

2011年11月13日(日) 1時37分
自ら選ぶと言う選択肢が無いから
夢見ることで何とか紛らわせていたんだろう。
まるで牢屋に閉じ込められた囚人が
外の世界を夢見るように。

 

2009年07月04日(土) 3時02分
あの杉の木のように

どこまでも どこまでも

真っ直ぐに生きてゆきたい

* 

2008年12月16日(火) 0時35分
私の帰る家は 一体どこにあるんだろう
帰れない 帰れない 帰りたくても
あなたは受け入れてはくれないから
私は帰れない 帰れない 帰れない

帰りたくない
私は独りで生きてゆきたい
もう私に構わないで
突き放されて傷つくのは もうたくさん。

もうたくさんよ
お願いだから 私に構わないで

あなたの言葉なんて 信じたくない

* 

2008年11月26日(水) 21時32分
「生きていくために必要なもの」
幼い頃に取り忘れたそれを

ひとつずつ 確かめるように
私はいま 覚えていくんだね

* 

2008年11月24日(月) 23時14分
不可能という意識の壁
それに妨げられて、
捨てた希望が いくつあったでしょう。

平等 

2008年09月03日(水) 22時52分
花と同じ呼吸して 生きてみる
鳥と同じうた 歌って歩いてみる

ああ、みんな一緒ね。
あなたと私 何ひとつ変わらない。

さすらいびと 

2008年07月12日(土) 9時46分
私たちはひとつの場所に
とどまることを望まない旅人

私たちは さすらい続ける
たくさんの景色を見て
たくさんの音色を聴いて
たくさんの人と出会う

そのために
川のように流れてゆく。

変わりゆくのは
そんな私たちの 喜びのために

* 

2008年07月04日(金) 13時09分
他人に依存して生きていくことは、
なんて苦しいことだろう。
永遠に幸せにはなれない気さえする。

恐怖という檻に閉じ込められて
自由を焦がれる心に押し出されて
波に洗われる砂のように
心は忙しく翻弄される。

ほんの少し恐怖が勝って、
私は今日も檻の中。

つぶやき 

2008年06月26日(木) 21時15分
きっと誰が悪かったわけでもない。
ただ少しすれ違ってしまっただけなんだろう。

*
たとえ理解できずとも
受け入れられればそれでいい

*
純粋であることを目指したわけじゃない。
私は大きくなりたかったんだ。きっと。

*
私が”No”と言って自分の存在を守れば
あなたはきっと 私を受け入れてくれない。

*
愛されなかったと 信じていたいんだ。

心が悲しんでいるという現実を
否定したくないために。

*
苦しめば苦しむほど
幸せになれるという幻想を抱いていた。

*
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Comments
アイコン画像
» 糸のたま (2007年09月18日)
アイコン画像カノン
» 糸のたま (2007年09月10日)
アイコン画像
» 叫びを (2007年06月09日)
アイコン画像和華
» 叫びを (2007年03月08日)
Yapme!一覧
読者になる