Google CEOにブロガーが「侮辱された」と怒り / 2010年04月16日(金)
せかにゅ:Googleのエリック・シュミットCEOが先日、米新聞編集者協会のイベントでの講演で語った内容が、ブロガーの間で物議を醸している。

 同氏は講演で、新聞業界関係者に対してこのように語った。「みなさんがやっていることにはアートがある。もしも新聞編集者の価値について迷うことがあったら、ブログの世界を見てほしい。それだけでいい。皆さんが大切にしているものや伝統がどれほど重要か分かる」

 ブログメディアはこの発言を受け、シュミット氏はブロガーのジャーナリズムやブログの質を低く見ているとして批判の声を上げている。「全世界の数十億人のブロガーをけなしている」「こんな侮辱を受けるいわれはない」「新聞業界はブロガーを憎んでいるが、実際はそれ以上にGoogleを憎んでいるだろう。だからシュミットは新聞編集者に取り入ろうとしたのかもしれない」

 あるブロガーは、GoogleがブログサービスBloggerや、ブログを含めたWebサイトに広告を配信するAdSenseプログラムから利益を得ていることを指摘し、「シュミットは自分の味方がどこにいるのか思い出す必要がある。味方を侮辱して新しい敵を作るべきではない」と語っている。また「今や大手メディアもブログを持っている。シュミットは講演を聴いた人たちもこき下ろしていることになる」という指摘もある。

Eric Schmidt Thinks Blogging Is Low Quality Filler(The Next Web)
→http://thenextweb.com/us/2010/04/12/eric-schmidt-thinks-blogging-quality-filler/

●発電床で街灯をともす実験、トゥールーズで

 フランスのトゥールーズ市で、人間が歩くときの振動を利用した発電システムをテストする計画が進められている。このシステムを街路に組み込み、生じた電気を街灯に利用するという。市の中心部に8個のカスタムモジュールを設置する予定で、50〜60ワットの電気を近くの街灯に供給できるとしている。トライアルは2週間実施し、オランダの企業Sustainable Dance Club(SDC)のモジュールを利用する。SDCはナイトクラブ向けに床発電モジュールを提供しており、同社にはトゥールーズだけではなく、ほかの都市からも引き合いがあるという。

French City Plans To Harness Pedestrian Power for Street Lights(Popular Science)
→http://www.popsci.com/technology/article/2010-04/french-city-harness-pedestrian-energy-power-street-lights

●HTCが独自のモバイルOSを検討

 WindowsやAndroidを搭載したスマートフォンを製造しているHTCが、独自モバイルOSの開発を検討している。同社のCTO(最高技術責任者)は、「検討を続けているが、独自OSの開発が正しいと示すには幾つかの条件を満たさなければならない」としている。多くの携帯電話メーカーはSymbianやAndroidなど他社のOSを使っているが、AppleやResearch In Motionは独自OSで成功している。最近ではSamsungが独自のモバイルOS「Bada」を発表した。またHTCはPalmの身売り先候補として挙がっており、Palmを買収すればモバイルOS「webOS」を獲得できることになる。

HTC Studying Whether to Have Own Smartphone Software(Bloomberg)
→http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601204&sid=a9YAooOZlAnI

※「せかにゅ」では、世界のさまざまなサイトのITニュースを紹介していきます。 4月15日20時38分配信 ITmedia News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000067-zdn_n-sci
 
   
Posted at 01:25/ この記事のURL
10日間で効果が出た!? Chatterのベータテストが日本でも開始 / 2010年04月15日(木)
 セールスフォース・ドットコムは4月15日、プライベートイベント「Cloudforce 2 Tour Tokyo」を開催。米セールスフォース・ドットコム プレジデント兼ワールドワイドセールス&サービス統括責任者 フランク・ヴァン・ヴィーネンダール(Frank van Veenendaal)氏が登壇し、同社が2009年11月に発表した企業向けコミュニケーションツール「Salesforce Chatter」のプライベートベータテストを日本で開始したと発表した。
●現在注力しているのはモバイルインターネット対応


 ホテルの大会議場で行われた基調講演には700人以上が駆け付け、クラウドの中心ベンダである同社への注目度が表れていた。そんな熱気の中登壇したヴィーネンダール氏は、まずセールスフォースが中心となって普及してきているクラウドサービスが、順調に拡大していることをアピール。2009年の売上高が14億ドルを突破し、有償利用ユーザー数も7万2500社を超えたという。
 そんな同社が次の動向として注力しているのがモバイルインターネットへの対応だ。中国などを中心に、携帯電話などのモバイルデバイスが爆発的に増加しており、同社でもモバイル対応を強化。「いまでは、仕事の約半分をiPhoneなどのモバイルデバイス上で行えるようになった。この傾向は今後ますます増えていき、時間や場所を選ばずに仕事ができるようになっていくだろう」(ヴィーネンダール氏)とした。
●Chatterで変わる社内コミュニケーション
 そして、現在同社が最も力を入れているアプリケーションが2009年11月に発表したエンタープライズ向けコミュニケーションツール「Salesforce Chatter」だ。
 Chatterは、社内プロジェクトのような目的別グループを作成し、そのグループに関係のある社員がTwitterのようにリアルタイムでコミュニケーションするツール。特徴は、社員同士のつぶやきだけでなく、自分が関連するアプリケーションのフィードやアラートもつぶやきのように表示される点だ。


 ヴィーネンダール氏は、「例えば、従来のように社内コミュニケーションが活発でない場合、A社へ営業へ出かけた際、A社のキーパーソンと懇意にしている者が社内にいるのを知らずに失注してしまうようなケースがよくあった。Chatterを使えば、A社と商談中にキーパーソンと仲の良い人物からアドバイスを受けながら商談することが可能になり、失注を防ぐことができる。このように、ビジネス環境がコラボレーションツールの一部になりつつある。当社もすでに2カ月間利用しているが、かなりコミュニケーションが活発になった。2カ月間で私の電子メールの量が25%削減された。当社以外にも、すでに500社がベータ版のテスト利用を開始している」と説明した。
 セールスフォースは同日、日本においてソフトバンクBBやサンヨー建設、ネクスウェイなど15社がChatterのプライベートベータテストを開始したと発表した。これらの企業でベータテストを実施し、2010年中には全ユーザーへ提供を開始する予定だという。
 同社が行ったデモでは、特定のプロジェクトに関係する人物がフォローをし合ってチャットで情報交換を行ったほか、プロジェクトに関係するデータやアプリケーションからは、プッシュ形式で情報が届く様子を実演。また、特定の顧客名をクリックして質問をつぶやくと、その顧客に詳しい社員からの回答を受け取ることができていた。
 続いて、日本のベータテスター代表としてネクスウェイのマーケティングソリューション推進部 上田代里子氏が登壇。ネクスウェイは、BtoB間のFAX・メール配信システムやSEMサービスなどを提供しており、2005年よりSalesforce CRMを利用。マーケティングシステムとSalesforce CRMをつなげることでマーケティングを劇的に変化させることができたとした。
 4月からはChatterの全面利用を開始。その結果、「面識がない営業マン同士がChatter上でノウハウ共有を始めた」「MVP賞を取った営業マンの表彰状をマネージャがChatter上にUPしたことで、全社的に評価されモチベーションが上がった」「営業マンが商談中に、他部署の過去営業担当者がChatter上でアドバイスした」といった効果が、導入から10日間足らずで早くも現れたという。
●代理店を巻き込み、37万5000人で利用開始した損保ジャパン
 また、同日には損害保険ジャパン(損保ジャパン)が、同社社員と代理店向けに「Salesforce」と「Partner Portal」を導入し、計37万5000人で利用開始したと発表。損保ジャパン IT企画部 IT企画部長 小坂志郎氏が登壇し、その背景を説明した。


 損保ジャパンは、自動車保険や火災保険などの各種損害保険を扱っている関係上、全国に35万の代理店を抱え、これらのサポートを行っている。そのため、2004年4月に代理店サポート用のコールセンターの20人から利用を開始。その後、コールセンターでの利用範囲を広げ、2007年9月には5000ライセンスまで拡大した。
 小坂氏は「まずは様子見ということで、20名からスモールスタートした。その後、その利便性の高さから利用範囲を広げ、5000ライセンスまで拡大した」と説明。その後、代理店システムの全面刷新の一環として、コミュニケーション型タスク管理ツール「To Doリスト、お知らせ」や、多様な顧客からのコンタクト履歴を共有する「お客さまコンタクト履歴」において、「Partner Portal」を採用。代理店35万と本社社員2万5000人を合わせ、37万5000人での利用を開始した。
 小坂氏は、「当社は、『顧客評価』『人材力』『商品・サービス』の3分野で日本一を目指している。今回のシステム導入で保険契約手続きや保険金の支払処理がスムーズになり、より代理店との連携が密になった。これにより、大きく目標に近づけたと感じている」と感想を語った。 4月15日21時50分配信 @IT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000003-zdn_ait-sci
 
   
Posted at 23:59/ この記事のURL
アップル、米国以外での「iPad」発売を5月末に延期 / 2010年04月15日(木)
 アップルは2010年4月14日、タブレット端末「iPad」の米国以外での発売を5月末に延期すると発表した。発表時は4月末に発売する予定だったが、米国でアップルの供給能力を超える需要があるとし、発売延期を決定した。

【詳細画像または表】

 iPadは発売後最初の一週間で50万台以上を出荷。米国で4月末に発売予定のiPad 3Gモデルも納期分に対し、多くの予約が入っているという。今後、5月10日に米国外での販売価格を発表し、オンラインでの先行予約を受け付ける。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)


【4月15日7時34分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000000-nkbp_tren-mobi
 
   
Posted at 23:30/ この記事のURL
【日本版コラム】ハイチのショーン・ペン、雨期を前に窮地を脱せるか / 2010年04月15日(木)
 今年1月に大地震が発生し、甚大な被害を受けたカリブ海の島国ハイチ。3カ月以上たったいまも被災者はテント生活を続けている。先月から今月にか けてハイチ支援に参加したWSJ日本版コラムニスト津山恵子氏による現地リポート第2弾。

 ハイチの首都ポルト・オ・プランスは、さながら非政府組織(NGO)の展示会のようになっている。ありとあらゆるNGOが世界から集中し、大地震のためにすべてを取り上げられた避難民を救援している。そこで、同性愛者の人権運動家を描いた「ミルク」でアカデミー賞を受賞したショーン・ペンに遭遇した。

 ポルト・オ・プランスの郊外ペティションビルは、もともと大使館や外交官の家が集中する高級住宅地。ダウンタウンに比べて、地震の被害は軽く、輸入物の食品を売るスーパーマーケットやしゃれたレストランが立ち並ぶ。3月29日、そこのゴルフ場を本拠地にするJPHROというNGOを訪ねた。

 ハイチ人の警備と米陸軍の厳重なガードをくぐりぬけて、ゴルフ場の中に入る。米陸軍兵士に「なんでここにいるの?」と聞くと、「命令されたからです」という答え。瀟洒(しょうしゃ)なゴルフ場ゲストハウスまで歩き、その前にある、巨大テントの中に入ると、私たち一行の横を通ったのは、迷彩服のズボンに、真っ赤に日に焼けたショーン・ペンだった。「ハロー」。ペンが私たちのカメラを嫌ったのか、ほどなくテントの外に出された。

 JPHROは「Jenkins-Penn Haitian Relief Organization」の略。ペンは大地震の直後にハイチ入りし、ゴルフ場を抑え、緑の芝生を約1万個のテントがひしめく避難民村に変えた。避難民の数は5万人という。資金は彼とジェンキンスという人物が出した。現在、多くのボランティアや医療関係者を抱え、避難民の生活を支援している。

 テント村があるゴルフコースに向かう途中、巨大な迷彩色のテントがあり、「歯科」「クリニック」という看板が立っていて、資金の豊かさをうかがわせる。

 テント村入口で警備している陸軍オフィサーには、ガイドなしに奥まで入らないように言われた。ほどなく、9歳という男の子が交渉に来た。

 「ガイドが必要でしょ」「いらない」「通訳がいるでしょ」「今、君とはフランス語が通じるからいらない」「僕の家に案内したい」「遠くに行く時間はないから」。この子が去ると、さらに年上の子が交渉に来た。ガイドをした後、「お金」というに決まっている。固辞していると、やせた幼い女の子が来て、クレオール語で「お腹がすいた」と言う。ほかの子が来て見上げながら「お金」。何かものを出せば、大混乱になるのは目にみえていた。案の定、連れの一人がガムをポケットから出して、押し倒されそうになった。

 現地で世話になった通訳のアンドレによると、ペンは今、超多忙だ。実は、善意と資金力で手に入れたゴルフ場は、これから始まる雨期に土砂崩れが起きる可能性が指摘されている。ゴルフコースはすり鉢状で、土砂崩れが起きなくても、少しの雨で、テントの中が洪水状態になるのは目に見えている。

 アンドレからの報告によると、4月9、10日の両日、ハイチ閣僚とプレバル大統領がペンを訪問し、20キロ北にある場所にテント村の「大移動」を申し入れ、土砂崩れの危険性が指摘されている場所にいた避難民が2回に分かれ、移動した。

 クリスチャン・サイエンス・モニターによると、ペンは無線機を片手に動き回り、通訳を通して、移動を嫌がる子供を説得したりしている。

 一行の仲間でハーバード大ビジネスシステムズ・アナリストのイヴェット・アセヴェドは、NGO間のつなぎ役になるという目的で一緒に来た。ペンを見た翌日、彼女は何と、JPHROからクレヨンとフルーツ皿、ジャガイモをごっそりもらってきた。すぐに私設孤児院に渡した。

 「あまっていたから」「あまっていたって、どういうこと?」「JPHROでは1万個ないと平等じゃないから配れないものがたくさんあるの」「えー?!」

 その翌日、イヴェットはまたどこからか、飲み水を3000ガロン(約11.4キロリットル)もらってきた。これは、ベルギー領事館が敷地内で養っている孤児に持っていったが、運ぶトラックを見つけるのに苦労した。

 ハイチ大地震からもう3カ月。しかし、ペンの苦闘と、イヴェットのお手柄をみると、まだまだハイチは混沌としていて、それがいつ終わるのか予想もつかない。今週から、ハイチには雨が降り始める。

津山氏のハイチ・リポート第1回はこちら>>

*****************

津山恵子(つやま・けいこ) フリージャーナリスト

東京生まれ。共同通信社経済部記者として、通信、ハイテク、メディア業界を中心に取材。2003年、ビジネスニュース特派員として、ニューヨーク勤務。 06年、ニューヨークを拠点にフリーランスに転向。08年米大統領選挙で、オバマ大統領候補を予備選挙から大統領就任まで取材し、AERAに執筆した。米 国の経済、政治について「AERA」「週刊ダイヤモンド」「文藝春秋」などに執筆。著書に「カナダ・デジタル不思議大国の秘密」(現代書館、カナダ首相出 版賞審査員特別賞受賞)など。

津山氏のコラム「ワシントン雑記帳」はこちら>>

【4月15日11時57分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000005-wsj-int
 
   
Posted at 20:35/ この記事のURL
アップル、Core i5/i7を搭載した「MacBook Pro」を発売 / 2010年04月15日(木)
 アップルは2010年4月13日、ノートパソコン「MacBook Pro」シリーズを一新した。15インチと17インチモデルには、インテルの最新CPUであるCore i5およびCore i7を搭載し、13インチモデルには従来機種より最大80%速いNVIDIAのGeForce 320Mを採用した。価格は最大3万円ほど値下げした。

【詳細画像または表】

 約10カ月ぶりのアップデートの見どころは、新CPUと新グラフィックスを採用してよりパフォーマンスを高めたこと。携帯性を重視する13インチモデルは、パフォーマンスを高めながら、バッテリー駆動時間を約3時間伸ばしたのも特徴だ。新CPUを採用した15インチと17インチモデルは、システム全体で従来機種より最大50%パフォーマンスがアップしている。

 15インチと17インチモデルはインテルのプロセッサー内蔵グラフィックスであるIntel HD GraphicsとNVIDIAのGeForce 330Mを自動で切り替える機能を搭載した。従来機種でもグラフィックスの切り替え機能はあったが、いちいち設定を変えなければならなず、面倒だった。新モデルでは、Open CLやCore Animationなどを利用するアプリケーションが起動すると、自動で描画性能の高いGeForce 330Mに切り替わる。アプリケーションが終了すると消費電力の低いIntel HD Graphicsに切り替わる。常時、GeForce 330Mで動作させることも可能だ。

 15インチモデルはBTOのオプションに1680×1050ドットの高解像度ディスプレイを追加。光沢と非光沢の2種類から選べる。17インチモデルはCore i7 2.66GHzなどが選択可能だ。

 13インチを含む今回の新モデルでは、同社の多機能携帯電話「iPhone」などに採用されるモーメンタム(慣性)スクロールをサポートした。マルチタッチトラックパッドを2本指で滑らせると、直感的にスクロールできる。

 ボディーデザインなどは従来機種と変わっていない。バッテリー容量なども従来モデルと同様だという。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)


【4月15日7時34分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000002-nkbp_tren-ind
 
   
Posted at 19:59/ この記事のURL
活動休止、新ユニット結成、ドラマ出演……なにかと話題の東方神起の特集がスタート / 2010年04月15日(木)
 先日、無期限活動休止を発表した韓国の人気男性5人組ボーカルグループ・東方神起。そのうちジュンス、ジェジュン、ユチョンの3人は新ユニットを結成することを公式サイトなどで発表し、またジェジュンは本日よりスタートするフジテレビ系連続ドラマ「素直になれなくて」に出演するなど、今後は個別の活動で彼らの姿を見ることになりそうだ。

ジェジュンの画像
 
 そんな東方神起の貴重な映像が見られる特集が、韓国KBSの動画配信サイト「KBS Download Mall」でスタートした。これは、東方神起が出演したKBSの番組の中から厳選した10話分を期間限定で無料配信するもの。KBSの代表的歌番組「ミュージックバンク」や、歌だけでなくトークも満載のバラエティ番組「ハッピートゥゲザー」(日本語字幕つき)など、日本での活動とはまた違った彼らを見ることができる。2004年のデビュー当時から最新映像まで楽しめる、ファンにとっては貴重な特集だ。配信期間は20日まで。

【4月15日15時41分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000022-rbb-ent
 
   
Posted at 18:47/ この記事のURL
イ・スファンが日本シュートボクシング大会で白星 / 2010年04月15日(木)
【ソウル12日聯合ニュース】総合格闘家のイ・スファンが11日に東京・後楽園ホールで開催されたシュートボクシング協会(SB)シュートボクシング25周年記念シリーズ開幕戦「維新−ISHIN−其の弐」に出場し、前SB日本スーパーウェルター級王者・金井健治に勝利した。イは3度のダウンを奪い、1ラウンド2分05秒でTKO勝ちした。

【4月12日11時26分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000011-yonh-spo
 
   
Posted at 18:10/ この記事のURL
「iButterfly」に取り寄せグルメが当たる“ラッキーグルメちょう” / 2010年04月15日(木)
 モバイル表現研究所は、iPhoneを虫取り網に見立てて“クーポンちょう”を捕獲するiPhoneアプリ「iButterfly〜クーポン・エンタテインメント!〜」(以下、iButterfly)に、“ラッキーグルメちょう”を追加した。

 ラッキーグルメちょうは、くじの形をしたクーポンちょうで、捕まえたちょうに仕込まれたくじを開くと“大当たりちょう”か“ざんねんちょう”かが分かる。“大当たりちょう”は1日3羽限定で飛んでおり、捕まえると人気の取り寄せグルメがプレゼントされる。商品は5月31日のキャンペーン最終日まで日替わりで提供する。

【4月15日16時3分配信 +D Mobile
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000051-zdn_m-mobi
 
   
Posted at 16:20/ この記事のURL
mixiのユーザー数が2000万人突破 / 2010年04月15日(木)
 2004年、イー・マーキュリー(当時)がサービス提供を開始した「mixi」は、友人・知人とつながり、コミュニケーションを楽しむためのサービスとして人気を博してきた。その後、運営会社は2006年にミクシィと社名を変更し、同年7月に会員数が500万人を突破。それ以降も、モバイル版の提供などによってユーザー数を伸ばし、2009年には、ユーザーどうしで楽しむ「mixiアプリ」の提供を開始して、SNSとしての活性化を図ってきた。

 さらに、今年の3月には、サービス開始当初から維持してきた、会員が友人や知人を招待することでサービスを利用可能になる「招待制」での運営方針を変更し、招待状がない人でもmixiへのユーザー登録が可能になった。

【4月14日16時20分配信 MarkeZine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000008-sh_mar-sci
 
   
Posted at 15:43/ この記事のURL
各国の植物が勢ぞろい、国際花卉園芸展覧会スタート−北京 / 2010年04月15日(木)
 北京展覧館で14日、「第12回中国国際花卉園芸展覧会」がスタート。各国の関連企業が多数参加し、さまざまな植物が出展された。

 同展覧会は中国花卉協会の主催で、上海と北京で毎年交互に開催される花の国際イベント。今年は17の国と地域から約330社の関連企業が出展。美しい花や珍しい植物など、数多くの園芸植物が出展された。

 会場には初日から大勢の人たちが訪れ、各ブースを興味深そうに見学していった。

 なおこの展覧会は、14日から17日までの日程で開催される。(編集担当:中村卓朗)

【4月14日23時12分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000108-scn-cn
 
   
Posted at 14:33/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!