手紙に桃←浦 

2008年02月18日(月) 11時57分
ちょっと前に友達にあげた手紙に描いたやつです♪(オイ


あ、DBZみてましたっ

ひっ、姫様抱っこ………!!!(死
 

サボってたな 

2008年02月14日(木) 6時35分
いつも心のすみにあった



忘れることはなかった(たぶん)




ブログの存在






えーこれからゼミなので学校です

しかし金曜日から作業のほうは進んでません汗

しかも最近、美術館の展覧会やイラストレーターズ展などにもご無沙汰で

なんというか勉強不足


これをT先生に言うと、またバカにされる笑





しかし最近映画を見ました

その名も「エクスマキナ」



もうね、やばい。

アップルシードを超えたと思います。
士郎正宗さんすげー。パンフ買ったし。


たぶん終るまでにもう一度見る予定 笑


あ、追記だけど11月の終わりにパリ研修いってきますノ

9月2日 津風呂湖 

2008年02月05日(火) 0時44分
2日日曜日に津風呂湖へ釣行。エレキで出るつもりが数年ぶりに使うバッテリーがXで手漕ぎボートになってしまった。

貸ボートが開く7時半までボート桟橋で釣ってみるがいつも通り15〜20cmのチビばかり、たまに25cm程度のが混じる程度でした。

ボートを出してからは、ダムサイト北側(昔よく釣れた)に行ってみるが釣れるのは更に小さな10〜15cmサイズばかり、早々に切り上げ。平尾吊橋下の浮き桟橋へ。

浮き桟橋では手漕ぎだったので陸に降りて、オカッパリをする事に、ちょうど日陰になっていていい場所でした。

ここは、さらに魚影が濃く、友人と二人で15cm〜20たまに25cmと小さいながら15匹ほど釣れました。ここの方が25cmサイズは、貸ボート桟橋より確率は高い気がします。40cmくらいあると思われる見えバスも通り過ぎていきましたが、ヘタなので釣れません(TT

最後に定番の看板前、たくさんの魚の稚魚がうようよ浮いていたので、かなり期待したのですが、釣れたのは??? なんでしょう、川魚ですかねぇ(^^)ワームがすっぽり口に入っていたので引っかけじゃなく食ったんだと思われます。 カンカン照りの昼間はダメでしょうが、夕方はかなりいい気がします。昔もそうでしたし。。。

次回は、必ず看板前 朝夕トップでやろうと思います。

外国人選手に頼らずとも 

2008年01月18日(金) 7時34分
巨人の渡辺恒雄・球団会長は22日夜、クライマックスシリーズ(CS)第2ステージで敗れた巨人の、来季の巻き返し策について「補強は当たり前。こんな状況で補強せずにいられるか」と話し、悔しさをあらわにした。特に、今季の外国人選手補強に関して「結果は全部失敗に終わっている」と指摘した。

今季の外国人選手の補強は全部失敗したと語るが、外国人選手に頼らずともリーグ優勝しているのに満足しないのかね、だがCSでリーグ優勝したチームにCSで1勝のアドバンテージと言う話し合いが行われていたが、「アドバンテージ不要」を最も強く主張していたのが巨人だったのは皮肉だ。

平ヶ岳パート3 

2008年01月13日(日) 14時05分
 次は有名な「玉子石」へ。
なんで丸い石がうまく乗っているのか不思議。

 姫池まで戻り,ここでゆっくり休憩。
 木道に寝て空を見つめ雲の動きを観察。高いところには秋の雲がたくさん。
 さぁ〜て戻らねば。下山も長い。

 写真は下山途中に撮影した平ケ岳。笹がとても綺麗です。奥の山は至仏山かな。

 両膝にサポーターしているものの,だんだん膝が痛くなってきました。
 水も2.5L持ってきたものの,既に2Lは飲んでしまい,残り僅か。地図では水場が2カ所書いてありましたが,実際は水たまりで,とても飲める代物ではありませんでした。
 結構下ったつもりの休憩ポイントの標識には駐車場まで7.3キロの表示。まだそんなにあんのかよ(涙)。
 それでも頑張って下山を続け,最後は足は棒状態。長い長い。
 やっとこさで16時20分到着。でも,標準タイム6時間45分のところ4時間40分で下山できました。
 本日の実行動時間9時間40分。体内脂肪も相当燃えましたヨ。
 頂上に湿原と池塘があり,柔らかい形をした山容の平ケ岳。とてもいい山でした。
 しかし,もう一回登ることはたぶんないと確信しました。

【おまけ】
 頂上には,宮様コース(ある旅館に宿泊すると,一般車通行禁止の林道をマイクロバスで近くまで送迎)で登ってきた約20名のおば様団体さんがいましたよ。
 平ケ岳はやはり正規ルートで登らねば。

プーヤン 

2008年01月03日(木) 12時48分
弱肉強食! 食物連鎖!! 自然の摂理に逆らおうと、狼VSブタの壮絶なる戦いが始まる!!



ちょっと大袈裟に書きましたが、そんな内容のゲームです”プーヤン”




主人公はブタのお母さん(プーヤン)。



子供達(ブーヤン)をさらおうとする狼達を相手に、お母さんは1人戦います。



え!? お父さんは戦わないのかって? ・・・家庭の事情ってヤツでしょうかw








↑狼に向けて矢を放つプーヤン、ちょっと顔怖いですw







プーヤンはゴンドラに乗り、上下に移動しながら弓矢でコレを迎撃!



但し狼を撃つのではなく、狼が持っている風船を撃って破壊するのです。



奇数面では、狼は崖上から地上に向かって風船に捕まって降りてきます。



風船を破壊すれば狼は地上へ真っ逆さま・・ですが、打ち損じると地上に降りた狼がプーヤンに噛みつきにきます。



偶数面では、狼は風船に捕まって地上から崖上へ登って行きます。



これまた打ち損じると、崖上に登った狼がプーヤンの頭上に岩を落とそうとします。








↑7匹の狼が崖上に登ると、岩が落ちてくるのだ!







一見簡単そうなゲームに思えますが、コレがなかなかw



必殺アイテム”肉”の使いどころが難しい!(肉を投げると狼を一度に撃退出来ます)



敵も食料(ブーヤン)を得ようと、プーヤンに向かって小石を投げてきます。



更にはプーヤンの矢を防ごうと、ボス狼は盾を使ってきますw
(そこまでして食料を・・・、弱肉強食の世界は厳しいのだ!)





世間では一部”可愛いキャラのほのぼのゲーム”とも言われていますが、




その実態は非常にバイオレンスなゲームですw

旭山動物園に行って来ました 

2007年12月15日(土) 14時13分
小春日和の今日、旭山動物園をメインにぐるりとドライブ。
(私は助手席ですが)

まずは、動物園に。
9:30の開園に並ぼうと意気込んでいましたが、ちょっと道に迷って入園。

西門すぐの駐車場に止めるのがベスト。
入ってすぐ「あざらし館」「ほっきょくぐま館」に直行できます。

よくTVでみる円柱を通るあざらしはなかなか見られない。
スタッフいわく、「動物の生態なので、、、」
本当にその通り。
でも動きはかわいらしく、大人の男性の「おーっ」という声が響いていましたよ。

次はほっきょくぐま。
1頭は何度も何度も水中にダイビング。
浮き輪を上手に両手でかかえる仕草にはこちらもにっこり。
手や足で岩をキックしたりしていました。
もう1頭は子供なのか陸を行ったり来たり。
水に入ろうとはしません。
先の熊に後ろから押される場面も。

つづきは又あした。
東川、北の暮らし設計社にも行って来ました。

ひめづ、撃沈 

2007年12月11日(火) 8時12分
金がない〜!
誰かくれ〜!
俺の学校バイトダメ〜!

ELLE GARDEN 画像 

2007年12月06日(木) 6時06分
持って行くときはコメ!!

久しぶりに・・・。 

2007年12月03日(月) 5時34分
睡眠時間12時間オーバーをやってしまいました。

正確には13時間30分・・・。

いやースゴク寝てました。
昨日のお昼過ぎ午後1時にベットに入りまして起きたのは深夜2時半!(寝る時間がおかしい)


身体が欲していたとはいえこの睡眠時間の長さは尋常じゃないですなぁ。(他人事か!)

赤子でもここまで床にいることは難しいのではないかとヘンに感心してしまいます。


先週風邪をひきながらもなんとか乗り切った1週間の疲れが「ドッ」と出たんでしょうね。


身体も気持ちもようやく人並みに回復しました♪

これからは規則正しく生活したいと思う今日この頃です(^^)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lyinma1250
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ひまじん
» 手紙に桃←浦 (2008年10月21日)
アイコン画像真那斗
» 手紙に桃←浦 (2008年10月18日)
アイコン画像ヨシオ
» 手紙に桃←浦 (2008年10月15日)
アイコン画像猫男爵
» 手紙に桃←浦 (2008年10月14日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 手紙に桃←浦 (2008年10月11日)
アイコン画像めーたん
» 手紙に桃←浦 (2008年10月10日)
アイコン画像りぃこ
» 手紙に桃←浦 (2008年10月01日)
アイコン画像RAOSU
» 手紙に桃←浦 (2008年10月01日)
アイコン画像ゆりり
» 手紙に桃←浦 (2008年09月28日)
アイコン画像ハム太郎
» 手紙に桃←浦 (2008年09月21日)
Yapme!一覧
読者になる