アマツバメとマキナ

June 12 [Sun], 2016, 18:58
病棟勤務に就いている介護士の勤務形態ですが、2交代制や、あるいは3交代制の形で誰もが夜勤を経験します。
夜勤においては医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、そんな状態で夜間にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。



もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、ある病気の治療のためにしばらく介護士を辞めていました。

しかし、完治させた後は、早めに復職して今も介護士の職についています。数か月間、仕事から離れていても、資格があれば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。

私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。皆さん想像がつくと思いますが、介護士は女の人が多いので、結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、離職率が高めの仕事であると言えます。
それから、勤務する時間が不規則だったり、ハードな仕事内容であることが原因で離婚率についても高くなっているようです。



自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚へつながる一因とも考えられます。基本的に定休制の会社員とは異なり、介護士の休みはクリニックや介護施設の勤務形態によってそれぞれ異なるようです。3交代勤務の場合、先にシフトが組まれていますので、休日出勤や平日休みもよくあります。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。多くの介護士は介護施設で働いていますが、介護施設といっても比較的大きな総合介護施設から地域の町医者まで様々にあります。

あるいは、介護施設や保育園などに常駐する介護士もいます。それぞれの会社で給料が変わるものですが、その点は介護士にも同じことが言えます。大きな総合介護施設と町医者を比較すれば、収入に差が出てしまいます。

ですので、介護士として働く人の平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。なぜ介護士をやるのかといわれたときに、欠かせないものに一般的に給料が高いという点が挙げられます。



卒後間もない介護士の場合も、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも収入が高めだといえるはずです。しかしながら、そんなに高いお給料ももらえるのですから、自分の腕を磨いて、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。
国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、介護士として役に立ちたいと考えている介護士の方も多いのではないでしょうか。



海外でも介護士の需要は大きくなる一方で、笑顔で患者を支えることの出来る介護士は、多くの国で求められている職業です。
当然ですが、海外では医師や患者と意思疎通をはかる上で、英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。



海外で介護士として活躍したいのであれば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。
検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に介護士が行います。好んで注射や採血をしてもらうような人は稀でしょうが、どうしても打たれなければならないなら、出来るだけ痛くないようにお願いしたいですよね。



ですが、痛みを感じるかは介護士の腕によるところもあって、介護士によって上手い下手があるのは当然で、上手でない介護士にあたる事も珍しいことでありません。こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。

看護士と介護士、発音は当然同じですが、漢字で表現した場合、こうして二種の字で表せます。

少し前までだと、看護士というと男性のことで女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。


法律が変更された2001年を境に、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な介護士の呼び名にひとくくりにされることになったのです。
様々な病気を患い心細い患者にとっては不安を解消し支えてくれる介護士の存在は本当にありがたいものです。
でも、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、覚える必要のある仕事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、実は常に緊張状態という事もあるのです。ですから、介護士によっては鬱を発症するケースも多いそうです。


介護士に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやこれといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。



仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、介護士の世界にもそれはたくさんあり、例としてエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。

食事をとってきます、と仲間うちだけに伝わるようにしたもので日常的に使用されています。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。



一昔前、介護の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、その影響です。何であれ便利に多用されているようです。

介護士というと介護施設に勤めているイメージがありますが、介護施設外の介護士の仕事場として実は、保育園があります。

実際に保育園で働くとなると、子どもの世話が好きな方であれば、理想的な職場だと思います。



介護施設とは違って、保育園での介護士の仕事は介護従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという必要不可欠な仕事なのです。介護士と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、職場においての有用性、必要性は高く、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。
介護施設は24時間休みなく動いていますから、介護士も24時間、介護施設に滞在することになります。


そこで、仕事は日勤業務と夜勤業務で交代しながら働く形になります。


夜勤のある仕事ではどうしても、睡眠時間をうまく調整できない場合は充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。


大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な介護士という仕事ですが、その一方で困難もまた様々なのです。

挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。
そして、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、なにしろ介護に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。
大変だと知りつつ、介護士という職業を志望する人が引きも切らないというのはやはり、難点を補って余りある良い点がたくさんあるということなのでしょう。


基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、介護士をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。



なお、介護士という職についていると、それなりに介護についても学んできて、詳しくもなりますから、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、それだけでなく自分自身の身体のことも今の状態を把握しやすくなるようです。


社会に出たばかりの新卒介護士や、転職してきたばかりの介護士に対し、経験不足を理由に、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がきちんともらえないケースがあります。



賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働基準法に反した行為です。

勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、せっかく働いたのならその時間分、給金という形で手に入るのが当然なのです。

介護士が外科に勤務する時のプラス面とマイナス面について説明しましょう。


手術を目前に控えているような患者や術後の患者の看護を実践することで、とても勉強になります。


良くない面を挙げると、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長い間落ち着いて患者のケアを行えないことが挙げられます。
パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる介護士業ですけれど、ほとんどの介護士が介護施設で勤務します。けれど、介護士だからといって介護施設で働く必要はなく、介護施設の外でも、介護士の仕事は色々あります。

職場となるのは、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。

こうした職場で介護士として活躍する人も多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。介護士はこんな風に仕事をすることが可能であり、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにして働きやすい職場へと、転職することもできるのです。



介護施設の統廃合続きにより、注目されているのが、医師や介護士が不足しているという問題です。日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら勤務先によっては、急患にも対応する等、介護士のほとんどがとても大変な思いをしているという現実があります。男性が介護士として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、いまだに女性の方が多い職場なので、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、介護士の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも分からなくはない話です。ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。社会が高齢化していることもあり、ここ数年でどんどんお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。
なので、介護施設で勤務する介護士についても現場では切実に求められているのに、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。しかし、人材が不足している、ということはつまり、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、介護士にとっては、転職がやりやすいといった良い面もあるのです。



一般的に、介護施設は症状によっていくつかの科に分けられていますが、部署が違えば、介護士として必要になる技術やケアのやり方も違ってきます。ローテーション研修は、介護士にとって他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。また、視野を広げて、総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。介護士としての今後を思い描くことに繋がりますし、新人介護士の前向きな気持ちも上がります。



一般的に男性から人気が高い介護士が、独身の女性も多いです。
実際に、介護士が結婚した年齢を調査してみると全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が指摘できるのです。



挙げられる理由としては毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、地位を上げるために結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。私がなぜ介護士になりたいと思ったのかというと、職業体験というものが中学の時にあって介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた介護士さんに感銘を受けたのが事の始まりでした。大人になって仕事に就くならあんな仕事をしたいと感じたのが始まりで看護学校に入学することを決め、今は介護士として働いています。大変なこともあるのですが、介護士になってよかったです。学校を出てすぐに勤務した介護施設で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、もういっそ、介護士を辞めてしまおうか、などと悩みました。


さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、「転職しよう」と決めたのです。そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。


そういうサイトを見たり、本を探したりしながら四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。けれども、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にもなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがわかったのです。
意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。トップに位置するのは、もちろん、それぞれの介護施設によっても異なりますが、一般的には看護部長、総介護士長といわれる階級です。


具体的に、どのように階級が上がるのかというと、その介護施設での勤務を長くするなど、一目置かれ、認められるような存在になることが重要です。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ収入も増えます。
年々志望者の増える介護士ですが、この職業につくためには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく介護士という肩書きを得ます。
ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、まじめに勉強していた学生にしてみると、特に恐れるようなものではないようです。


そして、介護士を育てる専門機関はいくつか種類があるのですけれど、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。以前はそれ程一般的ではなかった、介護士各々の能力評価ですが、近年ではだいぶ行なう介護施設が増えてきました。ちゃんと個人個人の能力について測り、評価できるように、一からスケールを作っていった介護施設もあるようです。
そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。


こうして定期的にどう評価されているか知ると、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。
介護施設での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。



日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。
それから病棟勤務と違って、外来勤務では、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。

例外を除いて、夜勤ももちろんありません。



勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、介護施設によりますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。
勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかは介護施設や、診療科によっても違います。

昔から介護士さんになるのが夢でした。

ですが、家庭の事情があって会社員としてしばらく働きました。
しかし、介護士になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。
無資格でも看護関係の仕事に就くという事も出来ますが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。すると、介護施設で看護助手として勤めながら介護士の資格が取れる方法があると分かりました。
介護士の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。どういった場合に、介護士がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、回復して退院した患者さんが、わざわざ改めて、介護施設まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。

そしてまた、患者さんのご家族に笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、しみじみとやりがいを感じられます。



よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、介護士を辞めることを思って、悩むでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:絢音
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lyclseipnaheti/index1_0.rdf