背中ニキビと洗顔

August 09 [Fri], 2013, 14:44
にきびを気に病んでいるという人は、洗顔方法を見直してみるといいでしょう。

正しい洗顔を実行していれば、にきびはよくなるのでしょうか。熱心に洗顔をしていても、にきび対策になっていない人もいるようです。

肌が弱酸性状態にある時が、コンディションとしては理想的です。

どうやって肌を弱酸性に維持するかといえば、肌の常在菌の効果だといいます。

胃腸の善玉菌や悪玉菌は有名ですが、胃腸だけでなく、皮膚にも善玉菌や悪玉菌が存在します。

顔をきれいにするためと、常に洗顔をしていると、肌にとっては大事な筋である表皮ブドウ菌まで失ってしまいます。

何度も洗顔をしていると顔に存在する善玉菌がいなくなり、肌のバリア機能がていかします。結果的肌はアルカリ性になり、乾燥状態が進んでしまいます。

皮膚は乾燥状態になってもにきびができやすくなります。洗顔をすることでにきびが悪化するのはこういった理由です。

1日に繰り返し洗顔をすることは、にきび予防に取り組む人には好ましくはありません。洗顔は1日に2、3回程度にしておきましょう。

肌に負担をかけすぎないことが大事です。優しい泡をたっぷりとたて、洗顔後は入念に水ですすぐことが大事です。にきび対策にと頻繁に洗顔をしていたという人は、洗顔回数を少し減らし気味にした上で、顔の状態を観察してみてください。

>>背中ニキビの情報
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lxskg
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lxskg/index1_0.rdf