手術によって人工物であるインプラン

March 16 [Thu], 2017, 18:42
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れがなかなか引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてください。日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらく行わないようにしましょう。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。確定申告を行うときには、医療機関で必ず発行している領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。虫歯をひどくしてしまい、抜くしかなくなってしまいました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくことも十分あり得ます。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。これはなぜでしょうか。一つには、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。対して、インプラントは差し歯と異なり、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。どんな問題がインプラント治療にあるかを様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。しかし、それは正しくありません。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。検査には問題ないのです。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。最近話題になることも多いインプラント。ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。これは重要な事実です。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。そのような場合は別の方法に頼るしかありません。入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuga
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lxiutkl3jc6ai6/index1_0.rdf