消費者金融の法制度

March 25 [Mon], 2013, 10:56
貸金業法が改正されたことで、消費者金融の法制度が見直されています。カードローンやキャッシングの合計金額は、申込者の年収の3分の1以下でなければならないことが、2010年6月から適用されるようになります。社会的に問題になっている多重債務者の対策として行われます。カードローンやクレジットカードのキャッシングは、今後は新たな借入ができなくなってしまう可能性も人によっては出てきます。この年収の3分の1という上限は、銀行からの融資や住宅ローンであれば、該当せず融資が受けられる場合もあります。カードローンやキャッシングの利用の制限がかかることにより、多重債務から一気に債務整理、自己破産へ至るケースも懸念されています。キャッシングやカードローンを希望しても、審査に通らず融資が受けれない時もあります。カードローンを長期間使いすぎて、金銭感覚がマヒしたり、ストレスで思考のコントロールがつかなくなることもあります。最終的には、深刻な問題を引き起こしてしまう場合もあるといいます。
カエデ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうと4clc
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lx2wt1l8/index1_0.rdf