「看護師」と「保健師」の業務内容とその相違

October 21 [Mon], 2013, 4:49
「看護師」の業務は、医師の診察の際に補佐をすることや、医師の指示のもとに注射や点滴、投薬などの医療行為を行うこと、患者に対してケアを行うことです。
中には自力で食事の出来ない方や排泄が出来ない方もいますので、その介助や手伝いも業務に含まれます。

そして病気や怪我のケアだけでなく、メンタル面で不安を抱えた患者をサポートし、
より早くスムーズに日常生活が送れるように手助けすることも「看護師」の重要な業務です。
また患者の家庭や会社など、取り巻く環境を把握し、
場合によってはご家族のサポートをすることも業務の一環となります。

次に「保健師」の業務は、勤務地により変わってきますが「学校保健師」、「企業保健師」、「行政保健師」と3種類に分けられます。
どの「保健師」も「看護師」の資格を持ち、「国家試験」を合格した専門家です。

「学校保健師」が学校に「企業保健師」が企業にそれぞれ勤務し、
健康増進の指導をしたりやメンタル面での相談を受けアドバイスをしたりします。
また「行政保健師」は都道府県や市町村に勤務し、
妊婦や出産後の母子の健康診断から高齢者の在宅訪問など、幅広い世代の方のサポートを主な業務としています。
「保健師」は人々の健康を守るべく、事前に疾病を防ぐ活動をしています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:莉緒
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lvmhuh1x/index1_0.rdf