さらにブレゲの場合

December 29 [Wed], 2010, 12:16

さらにブレゲの場合、ルイヴィトン スーパーコピー 複数の模様をひとつの文字盤上で組み合わせることで、より繊細で高貴な印象を獲得し、これがブレゲ・スタイルのひとつの典型となった。また、ギヨシェ装飾は単なる飾りにとどまらず、光の反射を抑えて視認性を高め、文字盤上のサークル(インダイアル)を際だたせ、読み取りやすさを向上させるといった効果も担っている。
<ブレゲ数字>
初代ブレゲ考案による斜体のかかったアラビア数字。主にエナメル文字盤に採用された。ブレゲは時計製作を始めた1770年代から、エナメル文字盤にアラビア数字を採用したが、ルイヴィトン コピー当初は正立した書体を用いていた。やがて1780年代に独自の書体を考案するが、これが一般に「ブレゲ数字(Breguet Numerals)」と呼ばれる書体である。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:やまだたろう
読者になる
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lvinglong/index1_0.rdf