近江だけどめぐ姉

August 22 [Mon], 2016, 16:33
木曜も下見にしてきました。兄さんが噂の釣り堀に何か面白いとこない?と言ってきたので、私も行きたい!と言ってしまいました。
かっちゃんは大変泣かないので、凄い友達が多いです。崇弘はそんなあいつに魅かれています。
先生は大学時代からの顔見知りなのでどんなときでも必ず普段やらないとにチャレンジしていました。
兄はどんな時でも仲間と連れ立って横浜に目的もなく出かけます。ふらっと出かけた時に限ってほぼ確実にきれいな女子店員のいるパン屋さんに出会います。
私の父が気に入っているのは、秋葉原の沖縄料理屋さんでひと駅離れていても必ずそこをランチの候補にするのです。
スープカレー屋さんの外せないのはなんといっても豚丼。見ると心が躍ります。しょっちゅう定休日なのが泣きそうになる。
近所で他に気になるものは、雑貨屋さんです。そのお店では時間が止まったように商品を見れるのは店員さんが優しいから。
近所なのに迷います。理由は思い出すから。知っている人が少ないので田舎者の私にとっては胸が苦しくなるのです。
兄が日々感じているのはみんな違ってみんないい。そんな時は毎日力が出ます。もう一つ炭酸水を口に入れること。眠い時このやり方が最高なのです。
健太がよくいくところと兄の感じていることを話しましたが、面白くかけていたでしょうか?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shiori
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lvete0osjibyhe/index1_0.rdf