桜井賢がダルマンツヤクワガタ

April 07 [Thu], 2016, 16:23
看護師は今も常に人手が不足していることが叫ばれています。この人手の不足を解消するには、現在、看護師の資格を取得していながら今は看護の職業に就いていない人に、看護師として仕事をしてもらうことが良いと感じられます。



それには、柔軟な働き方が可能なように、医療機関が良くない部分を改めていくべきなのです。


看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、職場においての有用性、必要性は高く、意義の感じられる仕事です。


24時間いつでも稼働している病院が職場ですから、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。なので、どこの病院でも日勤、夜勤と交代制を採っています。こうした交代制の勤務では、上手に生活のメリハリをつけないと思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。



時間のない看護師が転職したい場合、勤めながら転職先を探すこともあるでしょう。そういった時、離職しないままで、自身で次の職場を見つけるとなると、時間がなくて落ち着いてゆっくりと情報を調べることができないといったこともあります。
看護師用の転職サイトを使うと、希望に合った勤務先を紹介してくれるますから、非常に便利です。
スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。



万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなシンプルな仕事でもないため、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。看護師の中には、向学心から転職を希望する場合があります。



規模の大きい病院に移って看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、とてもアグレッシブな転職になります。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。


でも、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。具体的な金額としては日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが世間の相場みたいですね。パートの仕事の割にはなかなかの数字なのでしょうが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。看護師が自分の看護の腕前をもっと磨いたり、スキルをアップさせるには、色々な方法があります。



現在の勤務先から技術の向上を図れる他の病院とか医療施設などにトラバーユするのも選択肢の1つです。


あるいは、最新技術、さらに幅広い知識を身につけるためにも看護にちなんだ資格を取得するのもステップアップできるでしょう。


看護師の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。

保育園や学童に子供を預けて働けるため、子供のいる人には良い環境です。


そして、病棟勤務とは違って、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。例外を除いて、夜勤ももちろんありません。勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、例えば人気のある診療科だったりしますと多くの患者で待合室がいっぱいになり、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。

外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。看護師が転職する時のポイントは、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。

更に、3ヶ月は利用して念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。



気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、再びやめることになる場合もあるので、自分の条件に合う職場を念入りにチェックしましょう。
そのためには、自分の希望をクリアにしておきましょう。一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。



それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、それを活用できる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。



また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。もちろん業務の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。看護師は医療機関が勤務先ですが、医療に関する作業だけしていればいいわけではありません。看護師は病気やケガで、体に障害のある患者さんのサポートもしなければならないので、病院の中でとても多忙に作業しているのです。大変な職業の割には、収入は悪く、精神的圧力で体を壊してしまうこともよくあります。当たり前すぎることですけど、看護師の仕事は医療現場において大事な職務といえます。

常日頃、厳しい現場で働いていると、過剰な精神的ストレスに陥るときもあります。
看護師はいつでも命を左右する業務に従事しているため、非常に強い緊張感にかられることも多く、精神的ストレスをうまく発散させることも重要です。



看護師の働く場所といえば、まずは病院が頭に浮かぶのがほとんどでしょう。でも、看護師として活躍できる場は、病院のみならず、他にも沢山あります。
保健師と連携して保健所に勤務し、周辺地域の住民の健康に対するケアを行うことも看護師の方々の役目のうちのひとつです。
また福祉の施設では常に医師が駐在しているところは少なく、医療行為の多くは看護師が行っています。

将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も少なくありません。
能力を磨いておくことで、収入を増やすことも目指せるでしょう。


看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分がぴったりだと感じるところを探すのは大事なことです。

内科の外来が適しているという人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、意欲的に転職を検討するのもアリかもしれません。現実的な看護師の業務内容は入院患者の治療だけでなく入院患者の身辺的なサポートも行っています。クリニックで、ナースほど忙しい方はいないのではと考えます。そんなナースのみあった待遇にしてもらいたいものです。「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。


漢字だと、どちらかで書き表されます。昔は看護士と書いた場合は男性のことを指し、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。2001年の法律改正を機に、女性にも男性にも使うことができる「看護師」としてまとめられることになったわけです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:健
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lvesyinemlarfi/index1_0.rdf