この話をブランド偽物

January 19 [Mon], 2015, 10:20
この話を言ったことがあった後に、普通な2は運転して立ち上がります。もしも2は運転して言うのは“言うのは西北の危ない日の花で、天下の緑林は1家”で、歓迎の意を表わして加入して、ブランド偽物次に手の大きな皿に会って、兄弟に礼拝して椅子を議論します;もしも2が運転して“同じ親から生まれた子供でも一様でないとと言って、子は異なり”があって、この類は挑戦で、少なくとも露点の技量を要してようやく山門に入ることができます。

もし欧逸文(EvanOsnos)のあの文章のなければため、私はもしかするとまったく自分の旅行の途中のいくつか細部に気づきに行くことはでき(ありえ)ないです。数年前、こちらのあなたは2200コピーブランドドルが1つの中国の旅行団について行って10日以内に5つのヨーロッパ国家に行ったのを使って、ついでに今回集団欧洲行の多くて面白い細部を下へ記録します。

欧逸文のあった30数人の中国の団、至る所に“中国の特色の観光”のが現れているのが慌ただしくてぞんざ財布 メンズいで、団員達の溝点のそれぞれ異なっているすることなすこと、すべて彼に書き込んで2011年4月《ニューヨークの客》雑誌のあのルポルタージュの文章の中で掲載します。

私が1台の観光バスの車の分厚い席の中で落ちる時に、携帯電話を取り出して、この“堅強にヨーロッパにスカーフ/マフラーコピー 泳ぐ”の文字を読んで時、気持ちの起きるものな五味の様々な陳を記録します。“力がまだあって、行って”が遠ければ遠いほどとても、もしもこれは150数歳の中年小さく店主の旅行中の中でヨーロッパの逸脱の文に答えるのです。

その時、彼の持ベッド用品コピー った問題は:“あなたはどうしてヨーロッパを選んできて旅行しますか?”これも実は私の長い間の1つの問題を悩ませるです。どうして旅行を選びますか?独りで旅行しての外の私のからだがつきあって1票の年地位の中で中年、社会ふさがない中国の旅行者の間を過ぎて、彼らの手元(体)にいつもはっきりと現れたあのようなぴったり合っている挙止は人にぼんやりすることと感じさせます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lvcopyjp
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる