クリスチャン ディオールについて

September 08 [Wed], 2010, 15:16
クリスチャン ディオール(Christian Dior)は1905年、ブランド 財布 激安。ノルマンディ地方グランビルで裕福な実業家の家に生まれる。 両親の希望で外交官を志して政治学院に学ぶが在学中にシュールレアリスムに魅せられ、画廊を開設するも、1930年代の恐慌のあおりで失職してしまう。その後画廊時代のつながりでファッションの世界に入る。リュシアン・ルロンのメゾンで働く彼の才能に目を止めた木綿王マルセル・ブサックの援助で1946年に独立、「クリスチャン ディオール・オートクチュール・メゾン」の誕生。自身のブティックを持つ。1947S/Sシーズンにでパリコレクションにデビュー。ペチコートで膨らませた曲線を強調したゆったりなだらかな肩に細く絞ったウエスト、くるぶしまであるロングスカートという優美なスタイルの「花冠ライン」を発表。そのシルエットの美しさに驚いた「ブランド激安市場の編集長カーメル・スノウが、「これはまさにニュー・ルックね」と言ったことから、そのデザインはニュールックと呼ばれて、世界のモード界に新しい風を吹かせる。その後、48年、ジグザグライン、50年、パーティカルライン、51年、オーバルライン、52年、シニュアスライン、53年、チューリップライン、54年、Hライン、55年、Aライン、56年、アローラインと、次々と新しいシルエットを提案し、50年代のファッションをバレンシアガとともにリードした。48年、香水部門の会社、パルファン・クリスチャン ディオールを設立。クチュリエとしては初めてライセンス事業に乗りし、アメリカにおいてライセンス生産を開始する。ライセンス契約で、ストッキング、ネクタイ、食器類等を生産していく。これは、いわゆるブランドビジネスの先駆け的な存在になった。57年、イタリアに旅行中、心臓麻痺により52歳で急逝。ディオール死後の1957年、21歳の若さでイヴ サンローランが主任デザイナーに抜擢。その後、60年にマルク・ボアンが就任して89年までデザインを担当。 70年代から経営危機を迎え、一時親会社のブサック・サンフレール社が国有化される状態に陥るが84年、ベルナールアルノーが経営を引き継ぎブランドを再興させる。現在は、LVMHを経営上の傘下に持つまでに成長した。(※ディオール再建の詳細に関してはLVMHで)89年にジャンフランコ フェレと引き継がれ、ディオール創立50周年の96年より、ブランドコピージョン ガリアーノがデザイナーに就任。フェレ、ガリアーノは伝統的なディオールの「シルエット」にモダンを取り込み、ディオールをトレンドセッターとして再生させた。2007年、メゾン設立60周年を記念して、ディオールとガリアーノにフォーカスした展覧会「Two Decades of Creation〜モードを変えた二人の奇才〜」が開催。この年は記念イベントが各国で開催された。メンズラインは、2000年、エディスリマンがディオールオムを立ち上げて、大きな反響を呼び、メンズファッションとしても影響力を発揮した。(発足前はディオール・ムッシュというラインでメンズウェアをパトリック・ラヴォワがデザインを担当して展開していたが、メンズウェアブランドとしてはやや低迷していた)2007年、ディオールオムの新デザイナーにクリス ヴァン アッシュが就任。
コメントおよび補足
クリスチャン ディオールのニュールックは女性解放史の中では明らかに時代に逆行した動きをとっています。それは16世紀以降女性服の基本型の現代的アレンジで、コルセットから開放された女性の体を再び閉じ込めようとする動きでした。したがって、実はニュールックがすべての女性に歓迎されたわけではなかったのです。ディオールが行く先で「ニュールック反対」のデモ隊に囲まれるといったこともあり、女性をコルセットに戻すなという意見も多くあったようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lvbaocpqp
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lvbaocpqp/index1_0.rdf